話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像
出典: nike.com

現在、最も注目されているランニングシューズといえばナイキ『ヴェイパーフライ』シリーズ。2017年のマラソン2時間切りへ挑戦したBreaking 2 プロジェクトで、エリウド・キプチョゲが履いて2時間00分25秒というタイムを出し、話題になったこの厚底シューズ。

Breaking 2についてはこちら

2017年に初代モデル『ヴェイパーフライ4%』が登場して以来、どのように進化を遂げてきたのか、各モデルの特徴を紹介していきます。

「ヴェイパーフライがどのようなシューズかよく分からない」という方も、この記事を読めば理解も深まりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。

エリート選手の多くが着用する『ヴェイパーフライ』

人類で初めて“2時間の壁”を突破

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像
©︎2019 Thomas Lovelock(INEOS 1:59 Challenge)

2017年のBreaking2プロジェクトでは、エリウド・キプチョゲが非公認記録ながら2時間00分25秒というタイムでフルマラソンを走り、人類初の2時間切りまで25秒に迫りました。その際にキプチョゲが履いていたシューズがヴェイパーフライシリーズのエリート選手向けモデル『ヴェイパーフライ エリート』でした。

ヴェイパーフライシリーズの登場により、マラソンはより高速化。

2018年のベルリンマラソンでは、キプチョゲがそれまでのマラソン世界記録を1分18秒更新。2時間1分38秒という新記録を打ち立てました。日本でも2018年に設楽悠太大迫傑がマラソン日本記録を更新。2人が着用していたシューズは、ともに『ヴェイパーフライ4%』でした。

2019年には、Breaking2の第2弾となる“INEOS 1:59 Challenge”が行われ、キプチョゲは1時間59分40秒というタイムを出し、人類で初めて2時間切りの壁を破りました。

また、シカゴマラソンでは女子選手のブリジット・コスゲイがヴェイパーフライシリーズ最新作のヴェイパーフライ ネクスト%を着用して走り、16年ぶりに女子マラソン世界記録を更新しました。

84.7%がナイキの厚底シューズを着用した2020年の箱根駅伝

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像
©︎ 2020 Y. Nishikata

2020年1月2日、3日に行われた第96回箱根駅伝では、1区から超高速レースの展開となり、全10区間中7区間で区間新記録が誕生。出走した全210名の選手のうち、実に177名(84.7%)がナイキの厚底シューズを着用し、各区間の上位3名(計30名)のうち28名(93.3%)がナイキ着用だったという統計も出ています。

ヴェイパーフライ4%の登場が常識を覆した

レーシングシューズの常識を覆した厚底シューズ

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像

ナイキの厚底シューズが登場する以前のレース用シューズといえば、できるだけクッション性を削り、反発性を高めた(クッション性と反発性が相対するため)レーシングフラットが主流でした。

ナイキはヴェイパーフライシリーズの開発のため、多くのアスリートから意見を聞くなかで、シューズの軽さや反発性とともにクッション性に対する要望がとくに強かったそう。選手生命を長く維持するために脚への負担を軽くできるシューズが求められていました。

クッション性反発性の両立は従来の素材では実現が難しいものでしたが、それを解決したのが航空宇宙産業で使う特殊素材を使用した『ズームX』フォーム。このズームX』フォームの開発により、これまでの常識が覆されました。

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像
2017年に登場したヴェイパーフライ4%

ヴェイパーフライ4%が生んだ『厚底ブーム』

2017年7月に発売されたヴェイパーフライシリーズの1作目となる『ヴェイパーフライ 4%』。厚底のズームXフォームによるクッション性があり、ミッドソールに内蔵されたカーボンプレートにより高い反発を生み出す画期的なシューズです。

シューズの名称に付いている“4%”とは、それまでナイキが展開していた最速のレーシングシューズ『ズーム ストリーク 6』よりも、ランニング効率が平均で4%改善されたことから名付けられたものでした。

当時、ヴェイパーフライ4%は、品薄のためにオークションサイトで高値取引されたり、ヴェイパーフライを購入できなかったランナーが廉価版のズームフライを購入したり、『厚底ブーム』が巻き起こりました。

シリーズ2作目『ヴェイパーフライ4%フライニット』

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像
出典:nike.com

2018年9月には、アッパーがメッシュ素材からフライニット素材へと変更された『ヴェイパーフライ4%フライニット』が登場。

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像
話題の厚底シューズ『ヴェイパーフライ4% フライニット』

 

初代ヴェイパーフライ4%では、アッパーに厚さがなかった分、足幅が細いランナーにとってはゆるく感じる部分もありましたが、ニットアッパーに変更されフィット感が向上しました。

ヴェイパーフライ4%フライニットのレビュー

『ヴェイパーフライネクスト%』のレビュー

さらに厚底になったヴェイパーフライネクスト%

2019年にはヴェイパーフライシリーズ3作目となる『ヴェイパーフライネクスト%』が登場。ヴェイパーフライ4%と比較して前足部で4mm、踵部で1mm厚さが増し、ズームXフォームが約15%増え、さらに厚底へと進化しました。フォームの量が増えたのは、より多くのエネルギーリターンを獲得するためでした。

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像
ヴェイパーフライ ネクスト%は、史上最軽量のデザインでスピードを実感できるシューズ

 

一方、シューズの厚みを増すほど安定性が崩れるため、前足部のミッドソールはヴェイパーフライ4%よりも幅が広くなっています。

 

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像

また、アッパーが『ヴェイパーウィーブ』と呼ばれる新素材に変更されたことも、ヴェイパーフライネクスト%の大きな特徴。ヴェイパーウィーブを採用したのは、シューズの軽量化のため。ズームXフォームが15%増量されているにもかかわらず、ヴェイパーフライ4%フライニットと同じ重量を保っています。

アウトソールのデザインも大幅に変更され、雨天時にもアスファルトの路面で滑ることがないよう、溝が深い構造になりました。たとえば、横断歩道のような塗料が塗られた滑りやすい場所でも、高いグリップ力を発揮するといいます。

ピンクカラーや駅伝をモチーフにしたモデルも登場

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像

2019年9月には新しく『ピンクブラスト』と呼ばれる、ピンクカラーのモデルが登場。秋に入るとマラソンや駅伝などで、多くのランナーがピンクのヴェイパーフライネクスト%を着用して走る様子が目立ちました。さらに、2019年12月には、日本の駅伝ランナーからインスピレーションを得た『EKIDEN PACK』のヴェイパーフライネクスト%が登場。エメラルドグリーンとオレンジの2色が配色されたモデルです。

■ヴェイパーフライネクスト%のレビュー

■EKIDEN PACKについて

最新シューズ『アルファフライ ネクスト%』が発表!

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像

エリウド・キプチョゲが去年の10月にウィーンで非公式ながら2時間の壁を破った際に履いていたのが『アルファフライ ネクスト%』の試作品でした。アルファフライ ネクスト%はヴェイパーフライ シリーズから学びを得て、さらなる進化を遂げた、ソールの厚さが39.5mmの “スーパー厚底シューズ”。

アルファフライ ネクスト%には、2つの新しい ナイキ ズーム エア ポッドが搭載され、改良された “カーボン ファイバー プレート” と増量した “ズームX フォーム”により、さらなるエネルギーリターン、クッショニング、安定性が高められています。

ナイキのイノベーションと最新技術を搭載したアルファフライ ネクスト%は米国では2月末に、日本では2020 SUMMERシーズンに登場します。

ヴェイパーフライシリーズのサイズ感や耐久性

ここまで、ヴェイパーフライシリーズの各モデルの特徴をご紹介してきましたが、実際に履いてみたサイズ感や耐久性はどうなのでしょう。

ヴェイパーフライのサイズ感

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像

初代のヴェイパーフライ4%はメッシュ素材で作られていて、やや薄いため、足幅が細いランナーには大きく感じたかもしれません。その点、アッパー素材がフライニットへと変更された『ヴェイパーフライ4%フライニット』は、初代ヴェイパーフライ4%よりも小さい印象を受けるかもしれません。

しかし、ニットアッパーは伸びるため、ややタイトに作る必要があります。シューズの使用感を考慮したサイズになっているので、必要以上にサイズアップしなくても大丈夫です。

アッパー素材が『ヴェイパーウィーブ』に変更されたヴェイパーフライネクスト%は、フィット感が向上しました。また、前足部に適度な膨らみがあり、足の幅が広いランナーにもフィットする作りに変わっています。

シューズの耐久性

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像

革新的なシューズとして登場したヴェイパーフライシリーズですが、弱点もあります。それは、シューズの耐久性。ミッドソールに配置されたカーボンプレートの劣化により、ヴェイパーフライ4%では走行距離160kmで寿命を迎えるといいます。また、フルモデルチェンジを果たしたヴェイパーフライネクスト%でも、その耐久性は走行距離300kmと言われています。

普段のトレーニングには、ヴェイパーフライシリーズの廉価版である『ズームフライ』シリーズやミッドソールにズームXフォームを使用している『ペガサスターボ』シリーズを使用することをオススメします。そして、大事なレースだけヴェイパーフライを使用するのがベストな使い方だと言えます。

「話題のナイキ厚底「ヴェイパーフライ」シリーズの進化を振り返る」の画像

今回は様々な視点から、ナイキ『ヴェイパーフライ』シリーズについてご紹介してきました。

多くの注目を集めてきたナイキ『ヴェイパーフライ』シリーズ。レースで自己ベストを狙う勝負シューズを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY