ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

ナイキといえば、言わずと知れた世界最大のスポーツメーカーです。世界記録を狙う一流のトップアスリートから、楽しくおしゃれに走りたい初心者ランナーまで、レベル・性別・年齢問わず多くのランナーが履いています。

2017年には、フルマラソンで2時間を切ることを目的に立ち上がったプロジェクト『Breaking2』でエリウド・キプチョゲが2時間00分25秒という大記録を打ち立てたことで世界中を圧巻し、そこを皮切りに生まれたランニングシューズ『ヴェイパーフライ』を中心に、いわゆる厚底ブームを作り出しました。

また、Breaking2は形を変えて2019年秋に“INEOS 1:59 Challenge”として再び2時間の壁に挑戦。2018年のベルリンマラソンで公式記録でもマラソン世界記録を打ち立てたキプチョゲが序盤から圧巻の走りを見せ1時間59分40秒と人類初の2時間切りを成し遂げました。

日本でも2018年に設楽悠太、大迫傑がマラソン日本記録を立て続けに更新。共に履いていたシューズはナイキのヴェイパーフライ 4%でした。その後、マラソンや駅伝でも多くの選手が着用してレースを走り、東京五輪マラソン日本代表を決める“MGC”(マラソングランドチャンピオンシップ)でも男子選手は半数を超える選手が着用して臨みました。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
駅伝やマラソンでは多くのランナーが“ヴェイパーフライ”で走る姿が目立つ

プロジェクトとともに新たなテクノロジーが生み出され、話題となるナイキのランニングシューズ。もちろん、さまざまな種類が展開されているので、なかなか選び方がわからないという方も多いかもしれませんね。

この記事では、Runtrip Magazineの編集部が扱ってきたナイキのランニングシューズについての記事を、それぞれカテゴリーごとにまとめてご紹介していきます。

ナイキランニングシューズのサイズ

メーカーごとにサイズ感が異なる理由

まず、ランニングシューズを買うときに気になるのが『シューズのサイズが自分の足に合っているか』ということではないでしょうか。特にナイキのランニングシューズは「他のメーカーのシューズより大きいサイズを選ぶ方がいい」と聞いたことがあるかもしれません。

同じサイズのランニングシューズでも、メーカーごとに大きく感じたり小さく感じたりするのは、靴を作るときにデザインなどの原型となる木型『ラスト』の形がメーカーごとに異なるためです。

ナイキランニングシューズは大きめのサイズを選ぶといい

ナイキのランニングシューズは欧米人の細い足に合うように作られているため、他のメーカーのシューズだとちょうどいいサイズでもナイキのシューズを履くと狭く感じることが多いです。そのため、ナイキのランニングシューズは他のメーカーのシューズよりも0.5〜1.0cm大きめのサイズを履くのが良いといわれています。

また、自分の足に合うかどうかはランニングシューズを販売しているショップなどで実際に履いてみることをおすすめします。

編集部おすすめシューズのレビュー

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

Breaking2のプロジェクトで着用された『ヴェイパーフライ』はトップアスリートの意見を元に開発され、それらを元にナイキのシューズには多くのイノベーションが散りばめられており、今なお人気を博しています。

ヴェイパーフライネクスト%

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: nike.com

前モデルのヴェイパーフライ4%からさらに厚底になった、話題の『ヴェイパーフライネクスト%』。ズームXフォームが15%増量されながら、軽量なアッパーによりヴェイパーフライ4%と同じ軽さを実現。東京五輪マラソン日本代表を選出するレース“MGC”でも多くの選手が履いて出走しました。10月から始まった駅伝シーズンも、多くのランナーが黄緑やピンクのヴェイパーフライ ネクスト%を履いて走る姿が目立ちます。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ナイキの厚底シリーズヴェイパーフライ4%からさらに厚底になった、話題トップアスリートの記録をサポートしているシューズです

ズームフライ3

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: nike.com

ヴェイパーフライはお値段的にちょっと…という方や、そこまで高いレベルで走る訳ではない…というランナーに向けて、廉価版の位置付けと言えるシューズも発売されています。それがこちらのズームフライ。ヴェイパーフライと同じくミッドソールにはカーボンプレートが搭載されています。前作までのクセがなくなり、ズームフライを使いこなせなかったというランナーにも応えたのがズームフライ 3です。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ズームフライはしっかりとした耐久性を備えたシューズ。トレーニングシューズ・レーシングシューズとしても活躍します

ズームストリーク7

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

スピードトレーニングや短い距離のレースからマラソンでのレース用まで、幅広いシーンで使えるズームストリーク7。前作のズームストリーク6から進化してポイントは、アッパー素材が強化されたこと。ストリーク6では、走り込んでいくとアッパーが弱く壊れてしまうことがありましたが、強化されています。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
スピードトレーニングや短い距離のレースからマラソンでのレース用まで、幅広いシーンで活用できます

・前モデル(ズームストリーク6)レビュー記事

鉄板!!ペガサスシリーズ

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
出典: nike.com

どんな方にでも鉄板でおすすめしたいナイキの定番ランニングシューズが、こちらのペガサスシリーズ。初心者ランナーでも安心して使用できる安定さもあり、シリアスランナーの方の普段のジョギング用としてもバッチリ使えます。マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲなどもレースではヴェイパーフライを履いていますが、普段ジョグなどのトレーニングにはペガサスを使うそうです。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
あらゆるシーンでおすすめしたいナイキの定番ランニングシューズ

ペガサスターボ2

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ヴェイパーフライやズームフライ は少しクセがあるな…と感じているものの、ジョギングよりは強度の高いトレーニングに使うシューズを探している、というランナーにおすすめしたいのは、こちらのペガサスターボ。ミッドソールにはヴェイパーフライと同じ『ズームXフォーム』を使用。初代ペガサスターボから変わった点としては、アッパー素材がより軽くなったことです。そのため、トレーニングだけではなくレースでも使えるようになりました。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ジョギングよりは強度の高いトレーニングに使うシューズを探している、というランナーにおすすめのシューズ

オデッセイリアクトフライニット2

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

弾むような反発性とソフトなクッション性をあわせもち、ランニングに打ち込む長距離ランナーのニーズにあった耐久性をもちあわせたランニングシューズ。『エピック リアクト フライニット』シリーズと比較するとアウトソールのラバーが耐久性のある素材のためジョグを日常的に行うランナーにとってはこちらの方が合っているかもしれません。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
長距離ランナーのニーズにあった耐久性をもちあわせたランニングシューズ

エアズームストラクチャー

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

マラソンを4時間程で走るレベルの方におすすめなのがこちらのエアズームストラクチャー。Dynamic Supportが、スムーズで安定した足の動きを実現。安定性とサポート力の高いシューズです。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
マラソンを4時間程で走るレベルの方におすすめのランニングシューズ

強化目的ならフリーラン

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

最後に、あえて通常のランニングシューズよりも脚に負荷がかかる構造で設計されているフリーランをご紹介。普段のシューズから履き替えて、鍛えにくい部分の補強に使ってみるのも楽しいかもしれません。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
脚に負荷がかかる構造で設計されているシューズ。鍛えにくい部分の補強に使うのにもオススメです

気持ちよく楽しく走れるジョイライド ラン フライニット

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像

靴底のクッションに何千ものTPEビーズが使用されたナイキ独自のクッショニングシステム『ジョイライド』が採用されているジョイライド ラン フライニット。ビーズが生む泡のようなクッション性がラクに走ることをできるようにし、芝生の上をはしるような気持ち良さを体感できます。

「ナイキのおすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビュー解説も」の画像
ナイキ独自のクッショニングシステム『ジョイライド』が採用され、ビーズが生む泡のようなクッション性が芝生の上をはしるような気持ち良さを体感できます

スポーツショップの店員さんおすすめのナイキランニングシューズ

Runtrip Magazineでは、定期的にスポーツショップの店員さんに対して、『イマおすすめしたいランニングシューズ』をヒアリングしています。

ランニングシューズの専門家でもあるスポーツショップの店員さんは、一体どんなシューズをおすすめしているのか気になる方や、各店舗の意見を比較したいという方は、ぜひこちらの記事もご参考に。

初心者やサブ4ランナーも参考に!?レベル別ランニングシューズの比較

まずは自分のレベルに合わせてランニングシューズを選択したいという方には、こちらの記事をおすすめします。

これから始めようと思っている初心者ランナーから、サブ4やサブ3などのタイムを狙うシリアスなランナーまで、レベルに合わせておすすめシューズをご紹介しています。

ここまでナイキのランニングシューズの選び方やレビュー記事の紹介をしてきました。ぜひ、ぴったりのランニングシューズを探して、楽しいランニングライフを送ってください!

関連記事

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY