【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像

ナイキといえば、言わずと知れた世界最大のスポーツブランド。ファッションにおいては、エアマックスなどのスニーカーも有名ですよね。ランニングシューズでは、世界記録を狙う一流のトップアスリートから、楽しくおしゃれに走りたい初心者ランナーまで、レベル・性別・年齢問わず多くのランナーがナイキのシューズを履いています。

この記事では、Runtrip Magazineの編集部が扱ってきたナイキのランニングシューズから初心者にオススメのモデルをご紹介していきます。また、YouTubeチャンネルでもナイキの初心者向け2020年最新ランニングシューズを厳選2つ紹介しています。こちらもあわせてご参照くださいね。

ナイキランニングシューズのサイズ

メーカーごとにサイズ感が異なる理由

まず、ランニングシューズを買うときに気になるのが『シューズのサイズが自分の足に合っているか』ということではないでしょうか。特にナイキのランニングシューズは「他のメーカーのシューズより大きいサイズを選ぶ方がいい」と聞いたことがあるかもしれません。

同じサイズのランニングシューズでも、メーカーごとに大きく感じたり小さく感じたりするのは、靴を作るときにデザインなどの原型となる木型『ラスト』の形がメーカーごとに異なるためです。

ナイキランニングシューズは大きめのサイズを選ぶといい

ナイキのランニングシューズは欧米人の細い足に合うように作られているため、他のメーカーのシューズだとちょうどいいサイズでもナイキのシューズを履くと狭く感じることが多いです。そのため、ナイキのランニングシューズは他のメーカーのシューズよりも0.5〜1.0cm大きめのサイズを履くのが良いといわれています。

また、自分の足に合うかどうかはランニングシューズを販売しているショップで実際に履いてみることをおすすめします。

チャートで自分に合ったランニングシューズを見つける

また、ナイキのシューズにはどのようなモデルがラインナップされているのか気になりますよね。それぞれのモデルをご紹介する前にシューズ選びのヒントをお伝えします。

ランニングシューズは履く人のレベルやレース向け、日々のランニング向けなど目的に分けて作られているので、まずは自分がどのくらいのレベルか、シューズを履く目的を把握してみてください。レベルの分け方としては、メーカーの紹介ページや通販サイトでも「サブ〇〇向け」と表記されています。これはフルマラソンを何時間で走るかという指標。フルマラソンを走った経験がある方はその記録を、走ったことがない方でもどのくらいのタイムを目標に走られるか考えてみてください。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
出典: nike.com

ナイキの公式サイトではレベルと目的別に合わせたランニングシューズのチャートが公開されています。一目で分かる表なので、ぜひ参考にしてみてください。

ここからはRuntrip Magazineがオススメするナイキの初心者向けランニングシューズをご紹介していきます。Amazonや楽天市場の商品ページも掲載しているので、興味がある方はぜひご覧ください。

編集部おすすめシューズのレビュー

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像

1. ジョイライドランフライニット

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
出典: nike.com

靴底のクッションに何千ものTPEビーズが使用されたナイキ独自のクッショニングシステム『ジョイライド』。可愛らしいデザインは普段履きとしても使えるお洒落さを兼ね備えています。ミッドソールに入っているビーズが生む泡のようなクッション性が芝生の上を走るような気持ち良さを生み出しています。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
ナイキ独自のクッショニングシステム『ジョイライド』が採用され、ビーズが生む泡のようなクッション性が芝生の上をはしるような気持ち良さを体感できます

 

・ジョイライドのレビューはこちら

2. ジョイライド デュアル ラン

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
出典: nike.com

こちらもジョイライド ラン フライニットと同じく、ミッドソールにビーズが入っているジョイライド デュアル ラン。足裏の小さなフォームビーズと前足部の定番クッショニングの組み合わせが、足にぴったりフィットする抜群に滑らかな履き心地を提供します。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
足裏の小さなフォームビーズと前足部の定番クッショニングの組み合わせが、足にぴったりフィットする抜群に滑らかな履き心地を提供

3. エアズームペガサス37

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
出典: nike.com

ナイキの定番ランニングシューズ『ペガサス』。長年に渡ってアップデートしてきたペガサスは2020年のモデルチェンジで37代目を迎えました。ビギナーの方にとっても安定性のあるシューズで、上級者(シリアスランナー)にとってはデイリートレーナーとして使えるオールラウンドで高い機能性を誇るランニングシューズです。

今回のモデルチェンジではクッション性の高さがこれまでのモデルとは異なります。新たにミッドソールに搭載されたリアクトフォームがクッション性の高さを実現しました。吸収性と反発力に優れたこの機能を、これまでのクシュロン素材から変更。軽量化・耐久性にこだわり、バウンドの良さと跳ね返りが体験できるといいます。

一方で、ペガサスにこれまで搭載されてきたズームエアを前足部のみに配置。リアクトで跳ねた後、前方のズームエアでしっかり回収するという仕組みをつくるためです。また、前回モデルで足あたりをよくするために柔らかい構造となっていたアッパー部分にも変更が施されています。これまで習熟度の高いランナーが好んで選びそうな柔らかさでしたが、今回はミッドフッドバンドの採用でシューレースと連動し、しっかり締め付けてくれます。よりフィット感が高まったので、その安定性が感じられるでしょう。また、カラーもメンズ向けだけではなくレディース向けに可愛らしいカラーのモデルも登場しているのでぜひチェックしてみてください。

“安定感あるシューズ” の印象がある『ナイキ エア ズーム ペガサス』シリーズですが、より多くの層から人気を集めそうなアップデートとなりました。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
長年に渡ってアップデートし続けてきたナイキの定番シューズがリニューアル。

 

・ペガサス37 レビュー記事


■人気のRun & Beer Teeを着て走ろう。Runtrip Storeで販売中。

4. リアクト インフィニティーラン

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
出典: nike.com

ナイキがケガを減らす可能性に着目して開発したランニングシューズ。2020年1月に発売されたばかりのこのシューズは、足を入れると『安定感』を実感できます。また、リアクトシリーズの良さでもあるデザイン性も高いため、普段履きからジョギング、走り込みまで広い用途をカバーできます。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
すべてのランで優れたエネルギーリターン率を実現するため、フォームを増量しクッショニングを強化。必要なエリアにフィット感を加えて改良したアッパーが、通気性を向上しながら、しっかりと軽やかなフィット感を提供

5. エピックリアクトフライニット 2

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
出典: amazon.co.jp

“ふわ・かる・びよーん”がキャッチコピーのエピックリアクト。軽量性反発性という相反する要素を備えています。また、フライニットアッパーもちょうどよく足に馴染んでくれます。テンポアップランで、普段のジョグよりもややスピードが出ているシチュエーションだと、“びよ~ん”と足を前に押し出すような感覚を味わって走れるでしょう。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
驚くほど快適な履き心地がランの最初から最後まで持続。

6. エアズームストラクチャー

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像

22代に渡りアップデートしてきたストラクチャーシリーズは、ナイキのなかではペガサスシリーズに次ぐロングセラー。多くのランナーから愛されてきたランニングシューズです。かかと周りのサポート(Dynamic Support)が特徴であり、魅力のズームストラクチャー。しっかりと足をサポートしてくれる機能性を備えたシューズ。マラソンを走る方のレース用シューズとしてもオススメです。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
マラソンを4時間程で走るレベルの方におすすめのランニングシューズ
「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
スピード感あふれるスタイルと、しっかりしたフィット感。

7. エアズームボメロ14

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
出典: nike.com

エアズームボメロ14は、高反発のクッショニングを次のレベルへと引き上げた一足。フルレングスのズームエアユニットがリアクトフォームと連動し、反発性に優れた滑らかな履き心地を提供します。アッパー部分の洗練されたデザインが、ストライドをサポートします。

また、マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ選手もレースではヴェイパーフライやアルファフライを着用していますが、日頃のトレーニングにおいては先ほどご紹介したペガサスやこのボメロを履いて走るといいます。

クッション性を備えたボメロは初心者の方にとってはあらゆるシーンで活躍するシューズです。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
高反発のクッショニングを次のレベルへと引き上げた一足。

8. 強化目的ならフリーラン

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像

最後に、あえて通常のランニングシューズよりも脚に負荷がかかる構造で設計されているフリーランをご紹介。

■フリーラン 5.0のレビューはこちら 

普段のシューズから履き替えて、鍛えにくい部分の補強に使ってみるのも楽しいかもしれません。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
脚に負荷がかかる構造で設計されているシューズ。鍛えにくい部分の補強に使うのにもオススメです
「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
無駄を省いたメッシュのアッパーは単層構造で、伸縮性を高めて素足のようなフィット感を実現。

ビギナーからステップアップ!レベル別ランニングシューズの比較

ランニングにも慣れてきて、マラソンに出てみたい、もう少しレベルを上げたいという方には、こちらの記事をおすすめします。これから始めようと思っているマラソン完走を目指すランナーからサブ4やサブ3などのタイムを狙う上級者向けのシューズまで、レベルに合わせておすすめシューズをご紹介しています。

スポーツショップの店員さんおすすめのナイキランニングシューズ

Runtrip Magazineでは、定期的にスポーツショップの店員さんに対して、『イマおすすめしたいランニングシューズ』をヒアリングしています。

ランニングシューズの専門家でもあるスポーツショップの店員さんは、一体どんなシューズをおすすめしているのか気になる方や、各店舗の意見を比較したいという方は、ぜひこちらの記事もご参考に。

厚底ブームを生み出したナイキ

ここまでナイキのランニングシューズをご紹介してきましたが、ナイキといえば現在の“厚底ブーム”のきっかけを作ったブランドでもあります。2017年、フルマラソンで2時間切りを目指したプロジェクト『Breaking2』でエリウド・キプチョゲ選手が2時間00分25秒という大記録を打ち立てました。

その時にキプチョゲをはじめとした選手が履いていたのが、マラソン界を席巻するヴェイパーフライの試作品でした。そこから、市販用にヴェイパーフライ4%、ズームフライが発売され、いわゆる厚底ブームを作り出しました。

また、Breaking2は形を変えて2019年秋に“INEOS 1:59 Challenge”として再び2時間の壁に挑戦。2018年のベルリンマラソンで公式記録でもマラソン世界記録を打ち立てたキプチョゲが序盤から圧巻の走りを見せ1時間59分40秒と人類初の2時間切りを成し遂げました。

日本でも2018年に設楽悠太、大迫傑がマラソン日本記録を立て続けに更新。共に履いていたシューズはナイキのヴェイパーフライ 4%でした。その後、マラソンや駅伝でも多くの選手が着用してレースを走り、東京五輪マラソン日本代表を決める“MGC”(マラソングランドチャンピオンシップ)でも男子選手は半数を超える選手が着用して臨みました。

「【ナイキ】初心者におすすめランニングシューズまとめ!選び方やレビューも」の画像
駅伝やマラソンでは多くのランナーが“ヴェイパーフライ”で走る姿が目立つ

プロジェクトとともに新たなテクノロジーが生み出され、話題となるナイキのランニングシューズ。そのテクノロジーはエリートランナーのためだけでなく、私たち一般のランナーのためのシューズにも活かされています。

モデルチェンジするごとに飛躍的にシューズのテクノロジーが変化していく昨今。話題となっているシューズをぜひ履いてみてはいかがでしょうか。ぜひ、ナイキのランニングシューズとともに、楽しいランニングライフを送ってください!

関連記事

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY