previous arrow
next arrow
Slider

第3回 はが路ふれあいマラソン

12月18日(日)開催「第3回 はが路ふれあいマラソン」 日本陸連公認コースのマラソン大会です。 コース上では「はが路」の特産品として、いちごはもちろん、様々なフルーツ・野菜が登場予定。レース後には豚汁も用意されていますよ!会場である井頭公園内には、一市四町の観光物産も大集合。

2016年8月1日

金字塔目前のイチロー選手も支えるストレッチ!! 「成果の出るストレッチ」は何が違う?

メジャー通算3000安打へ。残り2本までせまっているイチロー選手。現在42歳ですが、全盛期を彷彿させるスピードや、バッティングスキルを維持し、ヒットを量産しています。 そんなイチロー選手のパフォーマンスを支えているのが、ストレッチといえるでしょう。試合前に徹底的にストレッチを行

2016年7月31日

「木を飛び越えろ!!」珍しい上向きのコース表示が登場!! 新しくなった『三陸・雄勝 海の幸トレイルランニングNEXT』大会レポ

広い海とたくさんの山々。三陸地方は、雨天でさえその存在感に圧倒されるほどの自然に溢れています。そんな三陸・雄勝で、7月17日(日)に『三陸・雄勝 海の幸トレイルランニングNEXT』が開催されました。第5回目となる本大会は、トレイルを駆け抜けるファンランイベント。今回からコースが一

2016年7月31日

「マラソンを科学する」ための大会運営とは?? 第36回つくばマラソン

11月20日(日)開催「第36回つくばマラソン」 「マラソンを科学する」という大会テーマで行われる日本陸連公認コースのマラソン大会です。「スタートを科学する」という観点から、混雑を緩和するウェーブスタートを採用したり、「景観を科学する」という観点から、参加ランナーに見やすい距

2016年7月30日

“走る“フリーライター・三河の本棚:vol.7『走れ!マンガ家 ひぃこらサブスリー』

ランニングに関するHowTo本は、書店に足を運ぶと山のように見つかります。しかしその多くは、有名コーチやトップアスリートなどによって書かれたものでしょう。今回ご紹介する『走れ!マンガ家 ひぃこらサブスリー』も、大きな括りで同じHowTo本の1つ。しかしその書き手は、運動音痴からラ

2016年7月30日

福知山銘菓の「スイーツエイド」がランナーをお出迎え! 第26回福知山マラソン

11月23日(水・祝)開催「第26回福知山マラソン」 日本陸連公認のマラソンコースを持ち、日本盲人マラソン選手権も兼ねた大会です。マラソンの他に10km、3km、2kmの種目があり、初心者から子どもまで幅広い層が参加できる内容になっています。 コース中は4時間・5時間のペー

2016年7月29日

驚きの“厚底”シューズ、ホカオネオネ『クリフトン2』。由来はマオリ族の言葉”It is time to fry”

みなさん、こんにちは。シューズアドバイザー藤原です。 今回は、根強い人気のあるホカオネオネの「クリフトン2」のシューズレビューをお届けします。 ホカオネオネのシューズは、びっくりするぐらいの“厚底”。 名前の由来は、ニュージランドの先住民、マオリ族の言葉で「It is t

2016年7月29日

「全国ランニング大会100撰」にも選ばれた人気の大会! 多摩川ランフェスタ in 川崎 川崎国際多摩川マラソン

11月20日(日)開催「多摩川ランフェスタ in 川崎 川崎国際多摩川マラソン」 首都圏で気軽に参加できるハーフマラソンとして人気の大会です。月刊ランナーズ「全国ランニング大会100撰」にも選ばれた人気の大会として注目されています。 スタートとゴール地点となる会場は、川崎フ

2016年7月28日

箱根駅伝と同じような熱気に包まれる「米クロスカントリー」に挑む岡田 健さんへインタビュー

アメリカ西海岸カリフォルニア州のサンフランシスコ湾東岸にあるバークレー。 アウトドアブランドのザ・ノース・フェイスが1968年に創業した場所として知られています。 そのバークレーで奮闘する一人の若き日本人ランナーがいます。 彼の名は、岡田 健さん。 岡田さんは高校時代に世界大会

2016年7月28日

「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」出場のため、ヤマケンが酒・コーヒーをやめた理由

総距離170km、獲得標高10000mのコースを46時間30分以内に走り抜けるウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)※数字は2016年度。ヨーロッパアルプスの最高峰・モンブランを取り巻く、スイス、フランス、イタリアの山岳路を走るUTMBは、世界中のトレイルランナーの憧れの

2016年7月27日
103 / 135« 先頭...10...102103104...110...最後 »