HOW TO

楽しく走りたい、速く走りたい、長く走りたい、安全に走りたい、近くを走りたい、遠くを走りたい。そんな様々なランナーのニーズを解決するハウツーを集めました。

“別スポーツへの浮気”が、マラソンでの目標達成に近道な理由

夏を目の前にして、ややランニングのスイッチをオフにされている方は多いのではないでしょうか。暑い時期になってくると、フルマラソンの大会は少なくなり、代わって森の中を走るトレランが本格的なシーズンに。気分転換に違った競技にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。 さて、皆さんは

2017年6月17日

ランナーの目標はブレていい? ブレに肯定的なくまモンの生みの親・小山薫堂さん

ランニング好きな筆者ではありますが、なかなかサブ4が実現せずに、もどかしい数年間を過ごしております。1ヶ月の走行距離は80km〜。それなりにサボることなく、走るということが日常になっています。 週に1.2度走っていると、調子の良い時と悪い時があります。サブ4を目指すべく、5分半

2017年6月16日

“50歳ランナー”と原田知世、江口洋介、天海祐希、松岡修造の共通点とは

以前、「2時間18分55秒」のフルマラソン自己ベストをもつ45歳の利根川裕雄さんをご紹介した記事は、多くの反響がありました。45歳ながらも素晴らしいタイムで走る利根川さんに、素直に驚いた方や、勇気をもらった方がいることでしょう。 日本をはじめ世界各国には、何歳になっても、こ

2017年6月14日

原晋監督や中野ジェームズ修一さん、箱根4連覇を目指す青学を支える人たち

青学が箱根駅伝3連覇を成し遂げてから、早くも約5ヶ月が経ちました。青学陸上部にも新入生が加入し、再びの大学三大駅伝制覇、そして箱根駅伝4連覇に向けて進み続けています。ちなみに、今までに箱根4連覇を達成した大学は全部で5校。なかでも2002~2005年に4連覇を成し遂げた駒澤大学は

2017年6月6日

本気で焼けたくない人必見!スポーツを楽しむ人の日焼け対策

これからの季節、日焼け止めは絶対に必要だけど、数ある日焼け止めの一体何を選んでいいかわからない、もっといい日焼け止めはないの?というお声をたくさんいただきます。 日焼け止めを塗っていても、汗や水で流れてしまうことでこまめに塗り直しをしたり、日焼け止めを塗ることさえも止めてしまっ

2017年6月1日

“ゆとり”の反動でアメリカで注目される「グリット」と、マラソンランナーが相性が良い理由

「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」。 こちらは、今年発表された第30回サラリーマン川柳コンクールの1位の作品(5822票)。イマドキの世代と、ベテランの世代の小競り合いをうまく表現した作品です。 「ゆとり世代」や「バブル世代」など、生まれた時の時代背景を象徴

2017年5月27日

「ホノルルトライアスロン2017」で採用した、トライアスロン用の日焼け対策

こんにちは!スポーツビューティアドバイザーの橋本ワコです。最新ウェアのスタイリングやUVケア、スポーツメイクアップに関して、ご紹介させていただいています。どうぞ宜しくお願いします。 4月に開催されたハパルアハーフマラソンに続き、5/14(日)、ホノルルで開催された「ホノルルトラ

2017年5月26日

新しい水分補給のカタチ「ポカリスエットゼリー」

人は知らない間に水分を失っていることが多い話を耳にされたことがある方は多いのではないでしょうか。ランニングの前の水分補給が重要なことを理解していても、実際に水分補給を行っていないという事実があります。 その理由として、脇腹が痛くなってしまいそう、お腹がタポタポしてしまいそうとい

2017年5月23日

「あなたの走る理由はなんですか?」4人のランナーが語るそれぞれの走る意味

「あなたの走る理由はなんですか?」こう聞かれた時に、皆さんであればどのように答えるでしょうか。 もちろん理由は人それぞれだと思いますが、やっぱり他のランナーがどんなモチベーションで走っているのかは気になるところです。他の人が走る理由を聞くと、「そんな考え方があったんだ」「こんな

2017年5月14日

ランニング×ヨガの相性が抜群!! ヨガインストラクター・Ayako先生がアドバイス

私たちに馴染みの深い「ランニング」。そして、気にはなっていてもなんとなくハードルの高い「ヨガ」。 先日、ヨガを通してランニング、そしてランニングを通してヨガの魅力を伝える素敵な伊藤ゆりさんの記事を読み、私もトレーニングにヨガを取り入れてみたい、と思いました。 今回は、ランナー

2017年5月11日
1 / 11123...10...最後 »