HOW TO

楽しく走りたい、速く走りたい、長く走りたい、安全に走りたい、近くを走りたい、遠くを走りたい。そんな様々なランナーのニーズを解決するハウツーを集めました。

ラントリップする人に朗報!! 若者世代が「交流を持ちたい魅力的な大人」の姿が判明した件

マラソンやトレイルランのレースに参加していると、つくづく思うことがあります。「ランナーは見た目で判断できない」ということを。 40歳手前の筆者ではありますが、明らかに私よりも年上の方々が、息を切らさずに平然と追い抜いていくのです。それもレースが始まったばかりならまだしも、一番き

2017年4月15日

地元の「穴場スポット」を知る絶好の機会!! 出張時にランをするべき5つの理由

みなさんこんにちは、ランライターの戸上です!もう春の陽気ですね。 突然ですが、みなさんはレジャー以外で旅行をすることはありますか?例えば研修や出張、会議など。 出張では自由に時間が使えない反面、旅行としては検討もしなかった場所に行くことになるという利点があります。ラントリップ

2017年4月3日

走りの質を高める筋力トレーニングのすすめ。『ドラヴィエのコアトレーニングアナトミィ』

いよいよ春。メインレースを終えて、トレーニング期に移行するという方は多いでしょう。あるいは「何か新しいことを始めよう」と、これからランニングに取り組む方がいるかもしれません。今回はランニングそのものではなく、その土台となる筋力トレーニングにフォーカスした1冊をご紹介します。 先

2017年4月3日

アサイーは古い!? 女性ランナーを喜ばせる「ケールボウル」がポートランドで話題

週末の朝。早く目覚めて、朝陽を浴びながらランニング。これからは暖かい春の風に吹かれながら、桜を横目に清々しくランニングできる季節になりますね。 そんな爽やかな朝には、ヘルシーで栄養たっぷりな朝食を用意して、心と身体をもっと喜ばせてみませんか?胃腸に負担がかかりづらく、消化器官も

2017年3月28日

マラソン界の不思議!? あなたが“年齢を重ねても”結果が出せる理由

ランニング界には、高齢にも関わらず結果を残し続けるランナーがたくさんいます。例えば、シニアランナーの中野陽子さんは81歳。35歳以上のアスリートが参加する「全日本マスターズ陸上競技選手権大会」の75~79歳の部で、3種目の世界記録と2種目の日本記録を持つ方です。2015年3月の横

2017年3月23日

花粉が辛い!花粉症ランナーでもランニングを楽しむための方法とは?

冬が一段落して、いよいよ春本番!桜も少しずつ咲いてきて、新しい生活に胸をふくらませる人も多いなか、花粉症の方にとってはちょっと憂鬱な季節です。外に出るのをためらってしまいますよね。 そんな花粉の時期ですが、「ランニングは続けたい!」「暖かい陽気の中で走る楽しみを感じたい!」とい

2017年3月18日

名トレーナーが導入!!強くなるための「攻めの」エネルギー補給

正月の箱根駅伝で3連覇を達成し、学生駅伝の絶対王者として君臨する青山学院大学。選手たちはレース後、必ずと言っていいほど、〝あるもの〟を口にしています。 何も知らない人からすれば「何をチューチュー吸っているんだ??」となるかもしれませんが、あれは「糖質が多く含まれたゼリー飲料」。

2017年3月16日

「1日休むと取り戻すのに3日かかる」という常識は非常識!? 大人の走り方を学ぶ

突然ですが、皆さんは1週間で何回ランニングをしていますか? レース本番前は複数回しっかり走り込み、そうでない時は1~3回ほどといったところでしょうか。 株式会社アールビーズが実施したランナー世論調査(12934人が回答)では、1週間に走る回数について調べた結果が報告されています

2017年3月7日

ランニング時間確保のために「寝落ち」がいい理由

走ることをこよなく愛している皆さんは、日々、運動をすることで受ける恩恵に気づいているかと思います。心も体もフレッシュになれることが運動の良いところ。また、それ以外にも様々な研究から、ランニングのメリットが科学的にも報告されています。 ある米国の研究ではこう。2万7055人の女性

2017年3月6日

最適なトレーニング計画をサポートする『ダニエルズのランニング・フォーミュラ』

ランナーの祭典とも言うべき東京マラソン。今年からコースが一新され、「走りやすくなった」という声が聞こえます。私の周りでも、自己ベストを更新できたという方が少なくありません。次なる目標達成に向け、日々トレーニングに取り組まれている方も多いでしょう。 速くなるためには、ただ毎日のよ

2017年2月28日
3 / 12« 先頭...234...10...最後 »