【アミノバイタル】栄養学からみた「カラダづくり」とは?管理栄養士が解説

「【アミノバイタル】栄養学からみた「カラダづくり」とは?管理栄養士が解説」の画像

ステイホーム期間、トレーニング不足で体重が増加した方は多いのでは。

今回は、栄養学から見たカラダづくりについて考えます。フルマラソン自己ベスト2時間35分のランナー専門の管理栄養士 佐原和真さんが解説してくれました。

アミノ酸でタンパク質を素早く吸収

ランナーのカラダづくりのポイントは『タンパク質』。タンパク質の摂取量を増やすことが大切です。また、食べ方にも注意が必要。1食でタンパク質をたくさん摂取しても、体内でうまく使い切れません。1日3食、バランスよく分けてこまめに摂取することが重要です。どうしても食事でタンパク質を補給できない時は、サプリメントを活用しましょう。

オススメは、飲みやすいスポーツサプリメント「アミノバイタル®プロ」。アミノ酸はタンパク質をバラバラに分解したもの。タンパク質は摂取してから体内で吸収されるまで、約3〜4時間がかかってしまうのですが、アミノ酸は約30分程度で素早く体内で吸収されます。

アミノバイタル®プロ

アスリートのコンディショニングをサポートしてきた『アミノバイタル®プロ』が大幅リニューアル。アミノ酸量が3800㎎に増量し、飲みやすくなりました。

「【アミノバイタル】栄養学からみた「カラダづくり」とは?管理栄養士が解説」の画像
(左から)アミノバイタル®プロ 30本入箱、14本入箱、7本入箱

スポーツで一踏ん張りしたいときのカラダのコンディショニングに最適なアミノ酸サプリメント。アミノバイタル®プロは、筋肉に多く含まれるロイシンを高配合したBCAA(分岐鎖アミノ 酸)を中心とするアミノ酸11種類を組み合わせた3800mgを配合。アミノ酸は体内で素早く吸収されるので、限界に挑戦するアスリートやスポーツ愛好者のカラダ全体のコンディ ショニングにもおすすめ。アミノ酸特有の苦みを抑えたグレープフルーツ味で、口どけがよく、飲みやすくなった顆粒状のサプリメント。はじめての方がトライしやすい7本入りの箱も登場しました。

【標準栄養成分 1本(4.4g)】
エネルギー: 17kcal
たんぱく質: 3.8g
脂質: 0.08g
炭水化物: 0.3g
アミノ酸 : 3.8g (ロイシン: 1.03g イソロイシン: 0.27g バリン: 0.28g グルタミン:1.00g シスチン:0.23g 他アミノ酸:0.99g)
7本入箱、14本入箱、30本入箱、60本入箱、120本入箱あり。(公財)日本アンチ・ドーピング機構の公式認定商品

アミノバイタルブランドページ

「【アミノバイタル】栄養学からみた「カラダづくり」とは?管理栄養士が解説」の画像
スポーツ時に大切なアミノ酸(カラダでは作ることの出来ない9種類の必須アミノ酸+シスチン、グルタミン)3800㎎と8種類のビタミンが口どけの良い顆粒状で飲みやすく摂取できます。

AMINO RUNNING STUDIO

「【アミノバイタル】栄養学からみた「カラダづくり」とは?管理栄養士が解説」の画像

動画でもご紹介した、理想のカラダを手に入れるランナーを応援する『AMINO RUNNING STUDIO』。こちらでは、健康的で、自信の持てるカラダを手に入れるための、『太りにくいカラダのメカニズム』とAMINO RUNNING STUDIOインストラクター(ランニング業界で活躍するYouTuberのみなさん)による、カラダづくりをサポートするコンテンツをご紹介しています。合わせてチェックして見てくださいね。

AMINO RUNNING STUDIO

この夏は『アミノバイタル®プロ』をプラスして、効率的にカラダをつくりましょう!!

合わせて読みたい

 


佐原和真さん

UNITED STYLE 代表/管理栄養士  大学入学頃「東京マラソンに出てみたい」と思いランニングを始める。栄養学も学ぶ一方、同時期に父がくも膜下出血、祖父がガンで倒れる。「2人が健康だったら、もっと楽しい人生を送れていたのでは?」という後悔を糧に、UNITED STYLEを立ち上げる。現在はRuntrip様を始め、様々な企業・トレーナー様と協力して食・走る楽しさ作りに尽力している。

・フルマラソン:2時間35分33秒

・プロフィール詳細:https://www.unitedstyle-hrl.com/

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY