モチベーション

楽しく走りたい、速く走りたい、長く走りたい、安全に走りたい、近くを走りたい、遠くを走りたい。そんな様々なランナーのニーズを解決するハウツーを集めました。

箱根駅伝のここがヘン!芸人のキングコング・西野亮廣さんが改善策を提案

お盆休みが終わり、世の中は少しずつ秋モードに。涼しい季節がやってくると、いよいよランニングシーズンの到来。ランニングの風物詩といえば、箱根駅伝。今回の大会も、近年、結果を出し続けているここがヘンだよ青山学院大学がどのような戦い方をするのか、楽しみにしている方は多いでしょう。 選

2017年8月20日

ナイキがモー・ファラーの魂震えるフィルム『SMILE』 を公開!限界を超え続けるモチベーションがここに。

モー・ファラーはロンドンスタジアムへと赴き、2冠を目指して最後のトラックレースに臨みました。ナイキの新しいフィルム『Smile』は、記録を更新し続けたキャリアの裏にあった多大なる犠牲と苦境から立ち上がる粘り強さ、そして彼の無敵の笑顔を称賛します。 彼の朗らかな人柄に隠れたこ

2017年8月18日

インターバルトレーニングは体だけでなく、脳にも好影響を与える!?

皆さんは、ランニングのトレーニングの中で、インターバルトレーニングを採用したことはありますか? このトレーニング方法は、高負荷と低負荷を交互に繰り返すもので、中長距離のスピード持続の向上のために考えられました。同競技経験者は、一度は取り入れたことがあるのではないでしょうか。

2017年8月7日

「陸上競技の選手というのは会社で出世しない傾向があるよう」、青学・原監督の指摘

体育会系の部活動経験者は、コミュニケーション能力や目標を達成する能力が長けている傾向にあるのは、皆さんの想像するところかと思います。ただ、全ての部活動経験者がこれに当てはまるかといえば……、実際にはそうでもなさそうです。 個人が中心の競技だと、コミュニケーションを必要とするシー

2017年8月4日

ランニングウエア選びでわかる!? 結果が出る人と結果が出ない人

昨今、様々なランニングウエアが登場し、一体、自分はどれを選んだらいいのかと迷っている人がいるかと思います。これまででしたら競技系のウエアが中心だったので、選択肢はあまりありませんでしたが、最近はオシャレなランニングウエアや、また、ファッションの一部として私服に取り入れることもでき

2017年7月12日

皇居ランナーの多くが年収700万円超え!? 年収3000万円にもなると恋愛観はどうなる

以前、皇居ランナーが年収700万円の方が多いという書籍が出て、SNSを中心に話題となりました。確かにパートナーになる人の年収は気になるものですよね。「高年収=幸福」とは簡単にならないのが人生の面白いところですが、みなさん、それなりに年収希望額があるのではないでしょうか。 最近で

2017年7月11日

「走れば走るほど、ランニングの時間を確保できる」って本当? ある精神科医が取り入れた方法

仕事や家族の板挟みの中、せっせとランニング時間を確保しているランナーは少なくありません。どちらも手を抜けないものであることは間違いありませんが、とはいっても、ランニングも中途半端にしたくない。 今回は、そんな悩みを解決する画期的な方法をご提案したいと思います。それは、「走れば走

2017年7月5日

ランナーの目標はブレていい? ブレに肯定的なくまモンの生みの親・小山薫堂さん

ランニング好きな筆者ではありますが、なかなかサブ4が実現せずに、もどかしい数年間を過ごしております。1ヶ月の走行距離は80km〜。それなりにサボることなく、走るということが日常になっています。 週に1.2度走っていると、調子の良い時と悪い時があります。サブ4を目指すべく、5分半

2017年6月16日

“50歳ランナー”と原田知世、江口洋介、天海祐希、松岡修造の共通点とは

以前、「2時間18分55秒」のフルマラソン自己ベストをもつ45歳の利根川裕雄さんをご紹介した記事は、多くの反響がありました。45歳ながらも素晴らしいタイムで走る利根川さんに、素直に驚いた方や、勇気をもらった方がいることでしょう。 日本をはじめ世界各国には、何歳になっても、こ

2017年6月14日

“ゆとり”の反動でアメリカで注目される「グリット」と、マラソンランナーが相性が良い理由

「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」。 こちらは、今年発表された第30回サラリーマン川柳コンクールの1位の作品(5822票)。イマドキの世代と、ベテランの世代の小競り合いをうまく表現した作品です。 「ゆとり世代」や「バブル世代」など、生まれた時の時代背景を象徴

2017年5月27日
1 / 212