初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像

ランニングをするとき、欠かせないアイテムといえば『ランニングシューズ』ですよね。

気持ちの上がるお気に入りのランニングシューズを手に入れて、ランニングをオシャレに楽しみたいところ。そこでまず気になるのが、ランニングシューズの『価格』ではないでしょうか。最新の技術を搭載した話題のランニングシューズは、どうしても価格が高くなる傾向に。

初心者ランナーがはじめてランニングシューズを手にするときや、ランニング頻度が高く、シューズを都度履き分けるランナーのなかには、価格が “安い” モデルを手に入れたい方もいるのでは。

そこで、今回は人気メーカーのランニングシューズのなかから、Runtrip Magazine編集部がオススメする価格の『安い』ランニングシューズをご紹介します。

なぜ、安いランニングシューズ?初心者や習熟ランナーにもオススメ

最近は各メーカーから機能面が非常に充実したシューズがたくさん発売されており、それに伴って価格の高いシューズも増えています。これは、特にシリアスランナーには嬉しいことですが、初心者ランナーとしては最初のシューズの金額は抑えたいものです。いきなり高額なシューズを買う初心者ランナーより、安いランニングシューズからスタートし、継続するうちにより高機能なシューズが欲しくなるケースが多いでしょう。あるいは、習熟度の高いランナーとしてもレース用と普段のジョギングやコンディショニング用などで履き分けたい場合、普段使いのシューズは安めのシューズで抑えておきたいニーズもあるのではないでしょうか。このように、安いランニングシューズも習熟度や目的に応じて幅広いランナーにオススメなものが多いのです。

安いランニングシューズ選びに必要な4つのポイント

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像

価格の安いランニングシューズは、価格の高いモデルに比べて機能性が劣るのでは? と不安に思う方もいるかもしれませんが、近頃は、ランニングを楽しむために、十分なサポート機能を備えた高機能シューズも多数展開されています。自分に合った安いシューズを探しているけど、種類が多すぎて、どれがオススメなのかわからない。特に、初心者のランナーにとってはどのような観点で自身に合ったランニングシューズを選ぶべきか、迷うところです。そんな方のために、価格の『安い』ランニングシューズを購入する際に知っておきたい、選び方のポイントを解説していきます。

安心して快適に楽しくランニングを続けていくためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. サイズ

どんなに機能に優れたシューズでも、シューズに足のサイズが合っていないと(小さすぎても、大きすぎても)疲れやすかったり、足にトラブルが起こる原因に。サイズ選びのポイントは、指先が動くくらい自由度があっていいものの、足の甲・かかと部分がしっかりとフィットしていること。シューズがフィットすると、走っている最中にシューズの中で足がブレることがなくなります。また、足囲(ワイズ)も重視しましょう。DやE、2Eなどの表記がワイズと言われるものです。一般的な足囲は2Eですが、足幅が広い人には3Eや4Eのワイドモデルが展開されていたり、足幅が狭い人にはDのスリムモデルが展開されているので、チェックしてみてください。

インターネット通販でのシューズ販売も増えていますが、コロナの影響もあり店舗にて試し履きして確認することが難しい状況になっています。初心者のランナーにとっては、サイズ選びは特に履いてみないと分からない部分もあるので、通販での購入に際してサイズが合わない場合の返品の可否は事前に確認するとよいでしょう。

2. サポート機能

ランニングシューズにとって一番大切なのは、ランナーの足をサポートする機能。初心者ランナーにとっては、走り続けることによる疲労で怪我をしないためにも、サポート機能が手厚いものを選ぶといいでしょう。ゆっくり長く走ることを目的に考えると、靴底のクッションがあるランニングシューズをオススメします。サポート機能が充実した初心者向けシューズは靴底(ソール)が厚く作られる傾向があります。また、靴底の前方、母子球あたりが屈曲するシューズが筋肉に負担が少なく前へ進めるシューズです。

3. クッション性

各ランニングシューズメーカーが『安定性とクッション性の両立』を求めてシューズを開発しています。そのため、本来クッションの硬さに大きな差はなく、硬い・柔らかいとは、人それぞれの主観によるところが大きくなります。ただ、初心者の方はご近所の道などアスファルトの上を走ることが多いと思うので、できるだけ厚底でクッション性の高いシューズを選ぶことをオススメします。

ランニングシューズの選び方については、こちらの記事でご紹介しています。

4. 価格

ランニングシューズの価格は、高機能化していることもあり、モデルによっては2万円以上するシューズもあります。一方で、レーシング向けではない、健康を目的に走るランナー向けのランニングシューズは、比較的手頃な価格で手に入ります。新作のモデルでも1万円前後で購入できたり、最新でないモデルでは6,000〜7,000円程度で販売されていることもあります。特に初心者のランナーにおすすめなのは比較的低い価格のシューズから試してみることです。ランナーにとって嬉しい機能が詰まったシューズも安く手に入ることがあるので、皆さんも探してみてくださいね。

Runtripでは、別記事にて初心者のランナーに向けたランニングシューズの選び方も詳しく解説しています。ランニングシューズの代表的な機能や店舗・オンライン別の購入方法、フィッティング(試し履き)の際のポイントなど、初心者の方に参考になる内容になっているので、是非参考にしてみてください。

また、女性ランナーに向けては、レディースのランニングシューズに特化して紹介している記事もあります。こちらも特に初心者ランナーにおすすめの内容となっていますので、併せてチェックしてみてください。

安くて機能性の高いランニングシューズ

1. エアズームペガサス36(ナイキ)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: nike.com

ナイキの定番ランニングシューズと言っても過言ではない『ペガサス』シリーズ。30年以上に渡ってモデルチェンジをしたきたシューズは他のメーカーを見ても、ペガサスくらいでしょう。経験豊富なランナーはもちろんのこと、マラソンで世界記録を持つエリウド・キプチョゲ選手も疲労抜きのジョグやイージーランに使っているとのこと。クッションがありつつも安定性が確保され、気持ちよい走り心地が得られるランニングシューズです。よって、初心者ランナーにもおすすめの一足です。先日新たに発表されたペガサス37は定価で14,300円(税込)ですが、『ペガサス36』は多くの通販サイトで1万円以下で販売されています。なかには7,000円を切る商品も。一足持っておくとあらゆるシーンで使えるはずです!

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
アイコンをよりスリムに、よりクールにしたデザイン。アイコンシューズが、通気孔が増えてさらに涼しくなったデザインで復活。

2. オデッセイリアクトフライニット2(ナイキ)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: nike.com

昨今、各メーカーから登場しているクッションの柔らかさがコンセプトの先駆けともいえるナイキのリアクトシリーズ。軽量性と反発性という相反する要素を備えたリアクトは、初心者の方にとってはランニングが楽しくなるシューズでしょう。また、ややスピードが出ているシチュエーションだと、“びよ~ん”と足を前に押し出すような感覚を味わいながら走れます。『オデッセイリアクトフライニット2』は、価格も7,000円前後から購入でき、普段履きにも使えるデザインは嬉しいポイントですね。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
軽量のFlyknit構造と合成素材の計算された組み合わせでサポート力を実現。

3. エアズームストラクチャー22(ナイキ)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: nike.com

マラソンを4時間程で走るレベルの方にオススメなのが『ストラクチャー22』。22代に渡りアップデートしてきたストラクチャーシリーズは、ナイキのなかではペガサスシリーズに次ぐロングセラー。多くのランナーから愛されてきたランニングシューズです。かかと周りのサポート(Dynamic Support)が特徴であり、魅力のズームストラクチャー。しっかりと足をサポートしてくれる機能性を備えたシューズの定価は13,200円(税込)、通販サイトによっては1万円を切る商品もあり、お買い得なシューズと言えるでしょう。マラソンを走る方のレーシングシューズとしてもオススメです。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
スピード感あふれるスタイルで安定したフィット感を追求。

4. ズームライバルフライ2(ナイキ)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: nike.com

駅伝ランナーたちの走りにヒントを得て作られた『ライバル フライ』シリーズ。前足部に内蔵されたZoom Airユニットにより反発と推進力を、クッション素材により柔らかな履き心地を得られます。通販サイトでは、5,000円台で買えることも大きな魅力。日々のランニングからスピードトレーニングまで、幅広く使える一足。ステップアップの一足にいかがでしょうか。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
レースのために作られたクッション性と柔軟性に優れた一足。

他にも、特に初心者におすすめのナイキのランニングシューズについて別記事にて特集しています。こちらもチェックしてみてください。

5. adizero RC 2.0(アディダス)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: shop.adidas.jp

ソールの寿命と機能を長持ちさせてくれるラバー素材、adiWEARアウトソールが搭載された、日々の過酷なトレーニングにも耐えうる耐久性を備えたシューズ。スピードトレーニングで使うシューズ、ナチュラルな接地感を得られるシューズをお探しのランナーにオススメです。軽量でスピードも出せるため、部活に打ち込む学生やスピードトレーニングを取り入れたいランナーにもピッタリ。定価では10,439円(税込)で販売され、通販サイトでは7,000円台で販売されているケースもあります。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
レースとハイスピードトレーニングに適した、軽量ランニングシューズ。ハイスピードなランニングでも快適な履き心地が維持できるよう、セラーメッシュアッパーを採用。

6. adizero Boston8(アディダス)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: shop.adidas.jp

トレーニングからレースまで様々なシーンで幅広く使用できる万能モデル『adizero Boston』。かかとのホールド感には以前から定評のあったこのシリーズですが、今作ではエネルギーロスを抑える “ズレ軽減フィット構造” を採用。最後の一歩までフィットする履き心地、足とシューズの一体感が味わえます。マラソンのレーシングシューズとしても使えるadizero Boston。発売当時は12,000円(税抜)の定価で販売されていましたが、現在は6,000円前後と約半額で購入できます。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
足に馴染みやすいクッショニングを備えた、軽量ランニングシューズ。

■adizero Boston8のレビューはこちらから

7. ゲルカヤノ26(アシックス)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: asics.com

1993年の登場以来、毎年アップデートを続けるアシックスの『ゲルカヤノ』は、アシックスの技術が結集したシューズ。ゲルカヤノ 26は『温故知新』をコンセプトに開発され、かかと部分に搭載された衝撃緩和材のGEL(ゲル)が凹凸や溝がある独特な形状にデザインされ、高いレベルでクッション性を発揮します。プロランナーの川内優輝選手もジョグで使用していると公言するゲルカヤノ。テクノロジーや機能が充実しているため、発売当時は17,600円(税込)とやや高い価格でしたが、現在サイズやカラーによっては8,000円台で販売されている商品もあります。アシックスを代表するゲルカヤノをこの機会に購入されてはいかがでしょうか。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
フルマラソンなどの長距離走に対応するクッショニングシステムと優れた安定性を発揮する機能を搭載した、GEL-KAYANOシリーズの26代目

■ゲルカヤノ26のレビューはこちらから

8. GT-2000 8(アシックス)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像

足にかかる負担を軽減するための機能を搭載したGT-2000。初心者ランナーの最初の一足として、多くのランナーから愛用されてきました。2019年に最新作、GT-2000 8が登場。着地時の快適さと着地したあとの蹴り出しに軽快さを感じられ、あらゆる部分にアシックスの技術が反映されています。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
足にかかる負担を軽減するための機能を搭載したランニングシューズ

9. HANZO U(ニューバランス)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: shop.newbalance.jp

日本人向けのマラソンシューズとして開発され、多くのランナーから愛されてきた『1040』が生まれ変わり『HANZO U』として登場。フルマラソン完走を支える、初心者向けランニングシューズです。ワイズ(足囲)が”D”のモデルが標準となっていますが、2Eのモデルも展開されているので、足幅が広いランナーにとっても嬉しいモデルです。5,000円台で販売されているサイズ、カラーもあるのでマラソン初挑戦の一足にもオススメです。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
NB HANZO「U」がアップデート。軽量性と反発性を両立した REVLITE ミッドソール。

10. FRESH FOAM 1080(ニューバランス)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: shop.newbalance.jp

高いクッション性を誇るニューバランスの厚底モデル『FRESH FOAM 1080』。クッション性があり柔らかさが感じられますが、ミッドソールに凹凸の構造を採用することで安定感が高められています。初心者やフィットネスランナーからフルマラソン完走を目指すランナーまで、幅広い層のランナーに愛用してもらいたいシューズです。発売されたばかりですが、1万円前後で購入できるのは嬉しいポイントですね。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
かつてないクッション性を追求し緻密なデータ解析のもと部位に合わせた素材硬度、凹凸形状をレーザー加工で細部まで精緻に仕上げた“FRESH FOAM X”を採用。

11. FUEL CELL PROPEL(ニューバランス)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: shop.newbalance.jp

2019年、ニューバランスから登場した『FUELCELL』シリーズ。そのなかでも、初心者のランニングにオススメなのが『FUELCELL PROPEL』。このシューズの特徴であるFUELCELLフォームがフルレングスで搭載され、足裏全体でリバウンドする感覚、ふわふわとした弾むようなライド感を得られます。7,000円前後で購入できるので、ぜひ体感してみてくださいね。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
FUELCELLフォームをフルレングスで搭載。ふわふわとした走り心地で、弾むようなライド感で感じる一足。

12. ウエーブライダー23(ミズノ)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: mizunoshop.net

ミズノを代表するシリーズの『ウエーブライダー』。クッション性、反発力、安定感の3つを兼ね備え、長い距離を走っても、最後までペースを落とすことなく走り切れるランニングシューズ。昨年発売されたウエーブライダー23は、つま先の部分など、アッパー素材が繋ぎ目のないシームレスな作りでスッキリとしたデザインに仕上げられています。初めてのフルマラソン完走を目標にしているランナーにオススメ。定価では14,190円(税込)で販売されていますが、10,000円を切って販売されているモデルもあるので、初めての一足、マラソン挑戦のシューズにいかがでしょうか。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
人気のウエーブライダーの23代目。アッパーデザインをリニューアル。

 

■ウエーブライダーのレビューはこちらから

13. ウエーブエアロ18(ミズノ)

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
出典: mizunoshop.net

軽量クッションとソールに設置されたミズノ独自の波形プレート“ミズノウエーブ”、反発力とクッションの柔らかさを両立させた『ウエーブエアロ』。サブ4を目標に走るランナー向けに開発されてきたシューズですが、新作のウエーブエアロ18は、よりレーシング向けのシューズに生まれ変わりました。あらゆるシーンで使えるウエーブエアロも1万円前後から販売されているので、ぜひチェックみてください。

「初心者も安心!高機能で安いランニングシューズ13選」の画像
ステップアップの代名詞。従来の軽さとクッションに、反発性をプラス。

 

■ウエーブエアロ18のレビューはこちらから

最新ランニングシューズもチェック

ここまで、手頃に手に入る価格の安いランニングシューズをご紹介してきました。自分にぴったりのランニングシューズは見つかりましたか?

ランニングを続けていくとランニングシューズもステップアップしていきたいと思いますよね。現在、ランニングシューズはものすごい勢いで技術進歩が進んでおり、1世代モデルチェンジするだけでも驚くほど進化を感じます。

もちろん旧モデルのセールになるシューズも狙いどころではありますが、たまには最新シューズに投資をしてみるのもオススメです。いろんな視点でランニングシューズを履き分けながら楽しみたいですね。

最新ランニングシューズの情報はこちらでご紹介しています。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

■人気メーカーの最新ランニングシューズはこちら

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY