ナイキから新作「エア ズーム ペガサス 38」が登場!アッパーのフィット感が向上

「ナイキから新作「エア ズーム ペガサス 38」が登場!アッパーのフィット感が向上」の画像

あらゆるランナーに高い人気を誇るナイキ『エア ズーム ペガサス』シリーズから、38代目の新作『エア ズーム ペガサス 38』が登場しました!4月22日(木)にナイキ メンバー向け発売、4月29日(木)にNIKE販売店などで一般発売となります。

長年、初心者からシリアスランナーまで多くのランナーが愛用してきたペガサスシリーズ。エア ズーム ペガサス 38はランニングをより快適に楽しめるようにアップデートされました。

Runtrip Channelではシューズアドバイザー 藤原さんとシューズレビューをしています。ぜひ、こちらもご覧ください。

ナイキ エア ズーム ペガサス 38 の特徴

「ナイキから新作「エア ズーム ペガサス 38」が登場!アッパーのフィット感が向上」の画像
エア ズーム ペガサス 38

アッパーのフィット感が向上

エア ズーム ペガサス 38には新しい足型が使用され、つま先部分にゆとりができたことでペガサス 36以前のモデルと似た履き心地に仕上げられています。アッパー素材も柔らかく通気性のあるサンドウィッチ構造のメッシュ素材に変更され、快適な履き心地に。また、アッパーから独立して動くシュータンやシューレースの締め方と連動してフィット感を調節できるなど、細部まで工夫が凝らされています。

全面にReact(リアクト)フォーム使用

前作のペガサス 37と同じ調整のミッドソールが引き続き採用され、全⾯に配されたリアクト フォームによりクッション性と反発性を両立。スムーズな体重移動を促してくれます。

ジェンダー別に設計されたズーム エア ユニット

前⾜部に搭載されたズーム エア ユニットが反発性とエネルギーリターンを提供。ズーム エア ユニットはジェンダー別に設計され、女性ランナーが柔らかいクッショニングを好むというデータからウィメンズモデルは柔らかい仕様になっています。

中村匠吾選手も愛用するペガサスシリーズ

『エア ズーム ペガサス 38』お披露目のメディアセッションには、男子マラソン東京オリンピック代表の中村匠吾選手も登場し、ペガサスシリーズを普段のトレーニングでも愛用していると語りました。

中村選手は反発力があるシューズが好きで、ペガサスシリーズは7年愛用しているとのこと。主に、ジョギングから距離走で使用しているそうで、「今まで以上にシューズの紐を閉めた時のフィット感と安定感が向上し、反発性もさらに高まり、スムーズに推進していく感覚がある」と中村選手は今回のアップデートによるベネフィットを実感しているようです。

前作までの特長はそのままに、より快適な履き心地を実現した『エア ズーム ペガサス 38』。日々のランニングがますます楽しくなる一足が登場しました。

商品詳細

・発売日:4月22日(ナイキ メンバー向け)/ 4月29日(一般発売)
・価格:¥14,300(税込)

合わせて読みたい

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY