【走り方】ダイエットにも効果的なビギナー向けの走り方をランニングコーチが解説

「【走り方】ダイエットにも効果的なビギナー向けの走り方をランニングコーチが解説」の画像

専門家に聞くランニング。今回は『ビギナー向けの走り方』について掘り下げます。お招きしたのは、ルネサンス地域健康推進部の高橋良さん。30年間、ランニングコーチとしても活躍しており、これまで100本以上のフルマラソンを走った実力者です。

前回は、初心者必見の『正しいランニングフォーム』についてお話を伺いました。

どのくらいの量を走ればいいのか。まだ走るキャリアが短い人が悩む問題です。これに対して「距離ではなく時間で考えよう」と高橋さんはアドバイス。はじめて走る人が陥りがちなのがオーバーペース。例えば、5kmを走ろうと距離で目標設定すると、『早い方が良い』と判断してしまい、ついオーバーペースになるのです。これではランニングが続きません。

大事なのは、時間で考えること。「30分間つづけて走ってみよう」と走り出すことで、オーバーペースにならないよう、ゆっくり走るのです。怪我の予防にもなります。もし、後半に余裕があればスピードアップしたらいいのです。

また、ダイエット目的のランニングの場合は、靴と時計にはお金をかけた方がいいとアドバイス。安全に、そして効率よく走るには良い靴が必要。また、心拍数を計測できる時計があると、適切な心拍数を知ることができるのです。

注意すべき点として、強度が高い練習を取り入れると免疫力が下がってしまいます。できるだけ強度を低くし、短い時間でもいいので、頻度を高めるのがポイント。ライフスタイルにランニングを取り入れるというイメージですね。

ランニングビギナーにとって大事なのは、頑張りすぎないこと。一瞬の達成感ではなく、長く続けられるような状態をつくることが良いのです。その後の共有・共感が得られるように工夫することも。オンライン上での情報交換が良いとのことですよ。ぜひランナー用SNS『ジャーナル』も使ってみてくださいね。

ビギナーの方こそ、最初に基本の土台を身につけて、“怪我なく楽しくカッコ良く”走れたら、もっとランニングを好きになれるかも。

合わせて読みたい

・ランニングのメリットやダイエット効果

・ランニングアプリまとめ

・【人気メーカー別】編集部おすすめランニングシューズ2020年版!選び方や特徴も

・【2020】初心者にオススメな最新ランニングシューズ7選


髙橋 良さん

㈱ルネサンス 地域健康推進部 次長 / リスタートランニングクラブ コーチ
ランニングセミナー・ランニング大会でのペースアドバイザー等、様々な市民ランナー指導の場で30年に渡り活躍してきたプロランニングコーチの草分け的存在。『速さ』ではなく、『怪我なく』『効率良く』、そしていつまでも『楽しく』走り続ける為のアドバイスが指導の基本。

・ハーフマラソン:1時間7分33秒
・フルマラソン:2時間32分09秒
94年ヨロンマラソン 総合優勝 など
・100km:7時間40分

プロフィール詳細

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY