「やるだけやったるでぇ〜っ」100kmの世界記録保持者、砂田貴裕さんが語る

「「やるだけやったるでぇ〜っ」100kmの世界記録保持者、砂田貴裕さんが語る」の画像
Pocket

フルマラソンに挑戦したランナーが、次なる目標として見据える競技の一つにウルトラマラソンがあります。そのウルトラマラソンにおいて100kmの世界記録を現在も保持しているのが砂田貴裕さんです。砂田さんの現役時代は、世界記録樹立だけでなく、ウルトラマラソンを始めてからフルマラソンのベストを更新したように、何事にもコツコツと継続性を持って積み上げていくことの重要性が凝縮されています。

ウルトラマラソンもそのコツコツと積み上げることの典型ともいえそうですが、「もともとは、故障からのリハビリではじめたのがウルトラマラソンやった」と砂田さんは当時を振り返ります。現在は、ランニングの普及活動に務める傍ら、IAU 100km世界選手権の日本ナショナルチームのコーチやWings for Life World Run公式アンバサダーとしても活躍中の砂田さんのインタビューをお届けします。

「「やるだけやったるでぇ〜っ」100kmの世界記録保持者、砂田貴裕さんが語る」の画像
2015年9月・第28回IAU 100km世界選手権で日本ナショナルチームのコーチとして帯同した砂田さん

いつも弱気。でも先頭でゴールしていた

–砂田さんといえば、関西人で気さくなキャラクターですね。若い頃はどんなランナーやったんですか?

大阪の寝屋川市で育ったんやけども、中学のときはあんま走るの速くなかったからね〜。淀川の河川敷で走りたかったんやけど、学校の中ばっか走ってたからね〜。高校は大阪の太成高校で走っていたんやけど、先輩には男子走幅跳の日本記録 (8m25cm)保持者の森長正樹さんがいたりして。そんな大先輩に比べたら自分はホンマに大したいことない選手やって。。ほんで、高校卒業してからは大阪ガスに入って。夜19時まで働いてから練習。ホンマにたくさん働いた。合宿は年2回。普通の市民ランナーでしたわ。自分はスピードが無かったと思ってたし、「記録よりも記憶に残る選手になろう」思って、マラソンをやり始めたんやけど….

マラソン出たいっていうても、当時は簡単にいかへんかった。。当時、有森裕子さんが活躍していたときで、僕のいた会社の人は「有森さんより速く走れるんか??」って言うてて。要するに、「マラソン出て全然ダメやったらアカンぞ」って。猛練習しか無かったですね。で、レースでも最初からどんどん飛ばしていくスタイルやね。そうやって、厳しい状況下でも這い上がっていく負けん気と、練習の継続で、19歳で走った2回目のマラソンで2時間15分30秒のジュニア日本記録を出したんやけどね。

–それから砂田さんは1995年に積水化学工業に移籍され、そこからは素晴らしい成績でしたね。

「「やるだけやったるでぇ〜っ」100kmの世界記録保持者、砂田貴裕さんが語る」の画像
1995年・アテネで行われた第6回ワールドカップマラソンで準優勝。

「「やるだけやったるでぇ〜っ」100kmの世界記録保持者、砂田貴裕さんが語る」の画像

いや〜、いつも“もう、やるしかない”、って追い込まれた気持ちやったねぇ。アテネでのワールドカップマラソンで準優勝した後に、福岡国際マラソンに出て10位。でも、今振り返れば自分はいつも弱気やったなぁ〜。。スタートライン立つ時なんかいつもそうやった。周りの選手が自分よりも強く見えた。。翌年の1996年で世界クロスカントリー選手権に出た時なんか、スタートラインに各国の代表選手が集まって来て、バァーって一気にスタートする。マラソンやったらそんなに最初速くならへんけど、最初からメッチャ速い。開催された場所も南アフリカで、ホンマに慣れへん環境やったし、今やから言えるけど完全にビビってたわ。笑

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

関連記事

すしマンが執筆した記事

Runtrip via ISHIGAKI TsunDAMI FES