2017年1月12日

メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像
Pocket

みなさんはランニングウェア選びに困ることはありませんか?最近は数多くのランニングウェアが各メーカーから販売されているため、その選択肢の多さに驚かれたことがあるかもしれません。

「走りやすければ良いけれど、オシャレに見られたい」「どうコーディネートすれば良いかわからない」という方も多いと思います。

そこで今回は、男性のみなさんに向けて、ランニングウェアの選び方とコーディネートの例を「季節ごと」にご紹介します。こちらを参考にしつつ、個性を出したウェアで、ランニングを充実させてください!

ランニングウェア選びで大切な4つの機能性

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

まずはじめに、ランニングウェアを選ぶ時に意識してほしい4つの機能性についてお伝えします。一般的な服とランニングウェアの違いがこの4つの点になりますので、それぞれのポイントをおさえているウェアを選びましょう。

1.速乾性

「ウェアが汗を吸ったときにどれだけ乾くのが早いか」ということです。もちろんランニングをすれば汗をかくので、速乾性が高いウェアを着ることで汗が蒸れず、身体を冷えから守ってくれます。

ランニングウェアの多くは速乾性が高いですが、他の服で代用するときや、防寒素材のものを着るときには、この速乾性が十分にあるかどうかを意識しましょう。洗濯してから乾くのも早いので、使い回しも楽になります。

特に、インナーなどの肌に触れるものは、なるべく速乾性が高いものが良いです。反対に、アウターに近づくにつれて速乾性が低く、後述の「防寒性」が高いものを着用すると良いでしょう。

2.通気性

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

次にランニングウェアに求められるのは、この通気性です。通気性が高い服は、着ていても涼しく感じられます。ランニング中も熱を逃してくれるので、夏場でも暑さを軽減してくれるでしょう。

一方で寒い季節には通気性の低いものを着ることで温まりやすくなります。季節に応じて、ウェアの素材を変えて通気性を調節していきましょう。

3.防寒性

冬場用に防寒性の高いランニングウェアもあります。最近はただ通気性が低くて風を通さないだけでなく、特殊な素材で身体の熱が発しやすく、逃がさないものも出てきました。防寒性が高く、かつ速乾性があるランニングウェアを着れば、寒い日のランニングも安心ですね。

しかし、防寒性が高いものには速乾性・通気性が低いものが多く、汗が冷えてしまうものもありますので注意です。ランニング時の防寒コーディネートについては、後ほど「冬のコーディネート」にてご紹介します。

4.蛍光性

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

仕事が終わってから夜に走っている方に特に気をつけてほしいのが、この蛍光性です。夜はランナーの姿が見えにくく、自転車や自動車との事故につながってしまうこともあります。そのため、ランナーの存在を知らせる蛍光性は大切。

夜に走ることが多い方は、蛍光カラーのウェアや、日中に光を吸収して夜に光る素材がついているウェアを着用するようにしましょう。手元にライトを持って走ることも夜間ランニングの危険を減らす良い方法になります。

ランニングウェアをオシャレに着こなすポイント

ランニングウェアの機能を踏まえたうえで、それぞれを組み合わせてオシャレに着こなすポイントについて解説していきます。お伝えできるのは基本の考え方ですので、実際のコーディネートではご自身の趣向性を取り入れながら行ってみてください。

メインとなるウェアを決める

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

まず、コーディネートの基本としてメインとなるウェアを決めましょう。一般的なファッションでは、コーディネートのテーマから決めることもありますが、ランニングウェアでは、まず着たいものを決めて、それに合わせていく方法がベターです。

メインのウェアは、派手目なシャツでも、デザインが施されたスポーツタイツでも構いません。派手なものでも地味なものでも良いので、まずは一番着たいと思うお気に入りのウェアを選びましょう。

メインのウェアを引き立てるように全身を合わせる

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

メインのウェアが決まったら、それを引き立てるように他のウェアを選んでいきます。写真のように、スポーツタイツをメインにして、シャツはタイツを引き立てるように同系色にまとめて、全身が地味になりすぎないようにインナーにビビッドカラーを着て少し見せる、という方法もあります。

メインが柄の入っているアウターであれば、下は無地のタイツで引き立てるのも良いでしょう。派手なものと地味なものを両方とも組み合わせていくと、バランス良くコーディネートをまとめることができるでしょう。

小物で個性を出す

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

そして、全身のコーディネートが決まったら、最後に決めるのが小物です。小物にはランニングシューズや時計、リストバンドやヘッドバンド、サングラスなどがあります。

ランニングウェアでは小物が全身のコーディネートを崩すことは少ないので、自分の好きなものを常に身につけて、変わらない個性を出すのも良いでしょう。

特にランニングシューズは目を引くので、シューズ選びの際にカラー選びも大切にしてください。ランニングシューズは2足以上持つことで、シューズへのダメージも減らせて長持ちさせることができます。ビビッドなカラーと落ち着いたカラーの2足を持っておくと、コーディネートを更に楽しめます。

ランニングシューズの選び方はこちらでまとめています

上手にコーディネートするためのまとめ

1.メインとなるウェアを決めること

2.メインのウェアを引き立てるように全身を合わせること

3.小物で個性を出すこと

季節ごとでおすすめしたいランニングウェアのコーディネート例

それでは、最後に参考までに季節ごとのコーディネート例をご紹介します。あくまでも例にすぎませんので、細かい商品紹介は省略します。

みなさんがお持ちのウェアを応用しながら、ぜひこれからのシーズンのコーディネートの参考にしてみてください。

春のおすすめランニングウェア

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

春のランニングウェアは、走っているうちに暖かくなってくることも考えて、体温を調節できるウェアが良いでしょう。長袖Tシャツであれば暑くなってきたら袖をまくって走れます。

ただ、暗くなってくると寒くなってくることもあるので、体幹を冷やさないように注意しましょう。半ズボンでも、中にスポーツタイツを履いておくと走り終わった後も冷えにくくなるのでオススメです。

気温の変化と体温の変化を上手く調節できるウェアをメインに考えていきましょう。

夏のおすすめランニングウェア

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

夏は速乾性が高いものが便利です。通気性も高いインナーとシャツを重ねて着れば、汗を吸ってくれてシミにもなりにくいのでオススメです。

また、夏はたくさんのものが鮮やかになる季節です。草木の緑は鮮やかで、空の青は眩しいくらいです。そのため、ランニングウェアも派手なものの組み合わせでもオシャレになります。普段は着られなかったような思い切った組み合わせに挑戦してみるのも良いでしょう。

秋のおすすめランニングウェア

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

秋になると、空気が冷え込んできます。走り出したときが暖かくても、暗くなってきて一気に冷え込むときもあります。身体が寒さに慣れていないこともありますので、汗をかいたあとも身体を冷やさないようなウェアを選びましょう。重ね着が大切になります。

秋は落ち着いたカラーの中に、インナーやシューズなどでビビッドカラーをはさむと上手くまとまることが多いです。気温の変化で体調を壊さないようにくれぐれも注意してランニングをしましょう。

冬のおすすめランニングウェア

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像

冬のランニングウェアは、走る前の外気の寒さから守ってくれて、走って温かくなってきた身体の熱を適度に逃してくれることが一番です。そのため、インナーには速乾性と通気性に優れたものを、アウターには防寒性に優れたものを着ると良いです。

手ぶくろやネックウォーマーを最初に付けていて、温かくなってきたら外すことでも体温は調整できます。その他にも、パーカーや防寒性の高いスポーツタイツなど便利なウェアがたくさんあるので、様々なものを試してみてください。


今回は、ランニングウェアのコーディネートということでご紹介してきましたが、最後は「自分が着ているウェアを楽しめるかどうか」ということが大事になると思います。みなさんの好きなウェアを楽しみながら組み合わせていただければと思っています。

これからも充実したラントリップを!

「メンズランニングウェアを格好良くコーディネート!おしゃれに見せるポイントとは?」の画像
Pocket

平池拓也が執筆した記事

関連記事