ナイキ

なぜ、NIKEの“厚底”がいいのか!!「NIKE MEDIA FAST CAMP」でその理由を知る

“私は走るスピードを上げた。吐く息は白い輪を描いて霧の中に消えていく。体が目を覚まして、頭の中がはっきりしてくる素晴らしい瞬間を味わった。ろっ骨や関節がやっと緩み出し、固体から液体になるように体が溶け始める瞬間だ” “もっと速くと、自分に言い聞かせた。もっと速く” これは、ナ

2017年12月31日

「キミの常識をうちやぶれ」、大迫傑選手参加の“サブ3.5”スピードトレーニング

12月中旬に都内で「OSAKO STYLE RUN NRC BREAKING3.5」が開催された。先日の福岡国際マラソンで2時間07分19秒の3位に入り、マラソンの2020年東京オリンピック代表を決めるレースであるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)への出場権を獲得したば

2017年12月30日

革新的なナイキのイノベーションを駆使したNIKELAB GYAKUSOU の新作コレクションが登場!!

ナイキとUNDERCOVER創設者の高橋盾氏は、これまで7年に渡りランニングウェアの再定義に取り組んできました。NIKELAB GYAKUSOUコレクションは、ナイキの先端のイノベーションと、自らもランナーである高橋氏の経験とクリエイティビティが融合され作られています。 今シー

2017年11月6日

五輪で金メダル獲得!! ファラー選手が語る「一度勝ったことによる難しさ」とは

東京駅前、和田倉噴水公園レストラン。ナイキの特設スペースに、同ブランドのロゴ〝スウッシュ〟が大きくプリントされたTシャツを来た人々が吸い込まれていく……。10月6日。あいにくの雨となったこの日、トラック長距離種目においてロンドン、リオの両五輪で2冠、世界陸上で計6つの金メダルを獲

2017年10月24日

ドキュメンタリーとして観る"フルマラソン2時間切り"への挑戦【ナショジオ×ナイキ】

5月6日土曜日午前5時45分(現地時間)、イタリアのモンツァのF1サーキットで、エリウド・キプチョゲ、ゼルセナイ・タデッセ、レリサ・デシサの3人が、コース内の2.4kmのループを1つの夢に向かって走っていた。これは、準備に数年もかけて行われた、マラソンを1時間59分59秒で走ると

2017年10月10日

モー・ファラー 来日決定! 世界最速ランナーのスピードを体験せよ 『MO FAST TOKYO』 開催決定!

今夏、ロンドンで行われた陸上の世界大会で 10000m のゴールドメダルを獲得し、これまでも数々の常識を打ち破ってきたモー・ファラーの来日が決定しました。ナイキは、彼の来日を記念したイベント『MO FAST TOKYO』を 10 月 6 日(金)に開催し、本格マラソンシーズンに向

2017年9月28日

ベケレ×キプチョゲ×キプサング……9.24「ベルリンマラソン」がドリームマッチ

来る9月24日、ドイツのベルリンでベルリンマラソンが開催される。今年は戦前より、男子マラソン世界記録をかけた空前絶後のドリームマッチとの様相である。世界歴代2位の2時間03分03秒の自己記録を持つエチオピアのケネニサ・ベケレ、世界歴代3位の2時間03分05秒を持つケニアのエリウド

2017年9月22日

スピードを求めるランナーの常識を打ちやぶる 「ナイキ ズーム シリーズ」に新色登場!

「ナイキ ズーム シリーズ」は、本格マラソンレースシーズンに向けて、スピードを求めるランナーが自分の限界や常識を打ち破るためのランニングシューズ。軽量で反発性に優れた「ナイキ ズーム シリーズ」は、ランナーの前に進む推進力を生み出しながら、優れたクッション性で衝撃を吸収することで

2017年9月22日

ナイキがモー・ファラーの魂震えるフィルム『SMILE』 を公開!限界を超え続けるモチベーションがここに。

モー・ファラーはロンドンスタジアムへと赴き、2冠を目指して最後のトラックレースに臨みました。ナイキの新しいフィルム『Smile』は、記録を更新し続けたキャリアの裏にあった多大なる犠牲と苦境から立ち上がる粘り強さ、そして彼の無敵の笑顔を称賛します。 彼の朗らかな人柄に隠れたこ

2017年8月18日

「ナイキ エア ズーム ペガサス34」大迫傑、遠藤日向、服部勇馬が惚れたシューズの魅力

アベベ・ビキラがローマオリンピックのマラソンを裸足で走り、金メダルを獲得したのは今から57年前の1960年である。それから4年後、1964年の東京オリンピックでアベベ・ビキラはオリンピックのマラソン2連覇を達成した。彼が裸足で先頭を駆け抜けたローマオリンピックからこの57年の間で

2017年8月11日