2016年10月22日

走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力

「走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力」の画像
Pocket

「走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力」の画像

こんにちは!
今日も充実のランニング生活をお過ごしでしょうか?

自宅やランステを拠点に、いつもお決まりのランニングコースを走る。
しかし、毎日のように同じ場所を走っていると、飽きてしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、ぜひ「風呂ラン」を試してみてはいかがでしょう?
新しいランニングの楽しみ方が見つかるかもしれませんよ。

今回はこの「風呂ラン」の魅力を最大限にお伝えします。

そもそも「風呂ラン」って何?

風呂屋に向かい、荷物を背負って走る。
それが「風呂ラン」です。

バックパックを用意したら、タオルと着替えを持って走り出しましょう。
「走った後にまた同じシューズを履きたくない」という方は、ペラペラのサンダルを入れておくのがオススメです。

「走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力」の画像

風呂ランする場合には、まず、その日に何kmくらい走りたいか考えましょう。

そのうえでGoogleMapを開き、『風呂』『銭湯』『温泉』などと入力して検索。
すると、思っている以上にたくさんの検索結果が地図上に表示されるはずです。

各風呂屋へのルートと距離を確認し、その日の気分や目標距離にマッチした風呂屋を選ぶだけ。
知らない場所だって、ルート案内があれば迷子になりません。

風呂ランが持つ4つのメリット

では、いったい風呂ランの何が良いのか?
もちろんオススメするには理由があります。

私は2年ほど前から実践していますが、その経験から4つのメリットをご紹介しましょう。

「走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力」の画像

1)入浴による疲労回復

走ったあとはシャワーを浴びて終了!
恐らく多くのランナーが、このような過ごし方をしていることでしょう。
しかし、これでは汗は流せても疲労は抜けません。

お風呂では身体を温めると共に、その水圧によってマッサージ効果が得られます。
この2つは疲労回復に繋がり、走り終えてからのケアにとても良いのです。

水風呂があれば、痛みのある箇所をアイシングすることも可能。
さらにお湯が温泉なら、その効能からより大きな癒しを受けられます。

小さな銭湯では難しいですが、ある程度規模のある風呂屋では休憩所なども設けられているはず。
風呂上がりにストレッチやマッサージを行えば、きっと翌日も元気にランニングできるでしょう。

効果的な入浴方法についてはこちらから

2)走った後の栄養補給

ランニング後はお腹が空きます。
そして運動後の素早い栄養補給は、パフォーマンスアップにも繋がるもの。

スーパー銭湯のような場所なら、そのほとんどが食堂・レストランを併設しているでしょう。
お風呂で汗を流したら、すぐに食事することが可能です。

もちろんお酒も飲めますので、仲間と一緒に走り、そのまま打ち上げ!なんていうことも。
ランニングチームなどの交流イベントにも、風呂ランはオススメです。

家族に電車で移動してもらい、風呂屋で合流して食事なんていうのも良いかもしれません。

「走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力」の画像

3)「ちょっと遠出してみようかな」と思わせてくれる

ただ距離だけを目的に走るより、風呂屋というゴールがあると、それだけでモチベーションが上がります。
気になる風呂屋が見つかると、「ちょっと遠出してみようかな」と思えてくるでしょう。

LSDトレーニングなどにはまさにピッタリ。
少しずつ距離を伸ばすことで、どんどん目的地にできる風呂屋が増えていきます。

4)新しいコースとの出会い

いつもと違うコースを走る。
それだけでランニングの楽しみが広がります。

たとえ同じ風呂屋がゴールでも、経由点を変えるだけで無限にコースが生み出せます。
そこでは、新しい発見もあることでしょう。

風呂ランをキッカケに、ランニングコースがどんどん増えていきます。

走って行ける!東京都内の温泉施設

風呂ランのコツは、“帰りやすい風呂屋”を見つけること。
そして、いつもよりちょっと長い距離に挑戦してみるのも良いでしょう。

他にも途中で美味しい飲食店を経由したり、いくつか駅を経由して仲間と合流しながら走ったり。
いろんなバリエーションを楽しんでみてください。

特に風呂屋を選ぶ際には、温泉が湧いている施設がオススメ。
疲労回復だけでなく、温泉という場所が特別な時間を演出してくれるでしょう。

探してみれば、意外と東京都内でも温泉に入れる場所があります。
ここでは私が過去に訪れた中から、東京都内でオススメの温泉施設を3つ挙げておきます。

「走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力」の画像

1)前野原温泉『さやの湯処』

板橋区にある温泉施設。
源泉はもちろん高濃度炭酸泉もあり、ランニング後の疲労回復に効果が期待できます。
広々とした館内では、ゆっくり過ごすことができるでしょう。

  • 場所:東京都板橋区前野町3−41−1
  • 最寄り駅:都営三田線「志村坂上」駅 徒歩8分
  • 東京駅からの距離:約13.5km
  • 公式ホームページ

2)高井戸天然温泉『美しの湯』

土日祝日は、併設されたプールが追加料金なしで利用できます。
琥珀色の源泉は筋肉痛や疲労回復などに効果的とされ、まさにランニング後にピッタリです。

  • 場所:東京都杉並区高井戸西2−3−45
  • 最寄り駅:京王井の頭線「高井戸」駅 徒歩2分
  • 東京駅からの距離:約15.5km
  • 公式ホームページ

3)蒲田温泉

銭湯価格の460円で入浴可能な、昭和12年より続く歴史ある温泉。
黒湯が特徴的で、入浴後は肌がツルツルになります。

風呂上がりは館内だけでなく、この地が発祥とされる『羽つき餃子』を食べて帰るのもオススメ。
都内だけでなく神奈川県からのアクセスも良好です。

  • 場所:東京都大田区蒲田本町2-23-2
  • 最寄り駅:JR線「蒲田」駅・京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩10〜12分
  • 東京駅からの距離:約16km
  • 公式ホームページ

「走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力」の画像

この他にも、東京都内だけでいくつもの温泉施設があります。
もちろん銭湯もまた趣があり、風呂ランにオススメ。

私はよく仕事などで全国各地を走り回っていますが、必ずと言ってよいほど風呂ランを行っています。
旅先の見知らぬコースを走り、自然を感じながら入る温泉もまた格別。

距離はコースをアレンジすることで、いくらでも伸ばすことができるでしょう。
気になった方は、まず一度試してみてください!

「走った後の温泉がたまらない!「風呂ラン」の恐るべき4つの魅力」の画像
Pocket

関連記事

三河賢文が執筆した記事

Runtrip via ISHIGAKI TsunDAMI FES