2016年8月16日

なぜ40kmじゃない? 中途半端な数字の「42.195km」は、あるワガママのせいだった

「なぜ40kmじゃない? 中途半端な数字の「42.195km」は、あるワガママのせいだった」の画像
Pocket

「なぜ40kmじゃない? 中途半端な数字の「42.195km」は、あるワガママのせいだった」の画像

ランニングを習慣にしている方なら、1つの目標にしている方も多いであろうフルマラソン。

でもよく考えてみると、走る距離は42.195kmと非常に中途半端な距離だと思いませんか。陸上競技は100、200、400、5,000、10,000mのようにキリの良い距離で競う種目が多いのですが、ことフルマラソンに関しては、なんとも言えない数字が並んでいます。

そもそもこのフルマラソンという長距離は、マラトンからアテネに走った故事から生まれました。紀元前490年、古代ギリシアの都市国家がペルシアの侵攻に遭ってしまいましたが、これをギリシアの連合軍はマラトンの地で勝利します。その報告をするためにギリシアの兵士がアテネに向かって走った距離が、約40kmだったのです。

ものすごい距離を走ったことから、第1回の「アテネオリンピック」でマラソンという競技が始まりました。しかし、マラトンからアテネへの距離を正確にはかったとき、実際には40km未満だったため、「約40km」ということに。なんともざっくりした距離ですが、それが42.195という数字になったのはあるワガママが関係しているようです。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

関連記事

ワニの左手が執筆した記事

Runtrip via ISHIGAKI TsunDAMI FES