【サッカニー】新作レーシングシューズ「ENDORPHIN PRO+」の履き心地は?「PRO」「SPEED」との履き分け方も解説

「【サッカニー】新作レーシングシューズ「ENDORPHIN PRO+」の履き心地は?「PRO」「SPEED」との履き分け方も解説」の画像

レースが各地で開催される時期になり、目標達成に向けて走っている方も多いのではないでしょうか。反発性や推進力の高いレーシングシューズを探している方におすすめしたいモデルが、サッカニーのエンドルフィンシリーズ最上位モデル『ENDORPHIN PRO+(エンドルフィン プロ プラス)』。

こちらのシューズを、ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんとレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

エンドルフィンシリーズ最上位モデル「ENDORPHIN PRO+」

「【サッカニー】新作レーシングシューズ「ENDORPHIN PRO+」の履き心地は?「PRO」「SPEED」との履き分け方も解説」の画像
厚底でハイバウンドなランニングシューズを多く展開するサッカニーから、レーシングモデル『ENDORPHIN PRO+』が登場。

『ENDORPHIN(エンドルフィン)』シリーズといえば、カーボンプレート搭載モデルの『PRO(プロ)』シリーズ、ナイロンプレートが搭載された『SPEED(スピード)』シリーズなどを展開。今回はそれら2足とともに『ENDORPHIN PRO+』の特徴を、『機能性』『履き分け』について解説します。

エンドルフィンシリーズ 各モデルの特徴

「【サッカニー】新作レーシングシューズ「ENDORPHIN PRO+」の履き心地は?「PRO」「SPEED」との履き分け方も解説」の画像
(左から)ENDORPHIN SPEED 2/ ENDORPHIN PRO 2/ ENDORPHIN PRO+

エンドルフィンシリーズの3モデルに共通して言えることは、高反発のソールであること。ソールユニットは全て『PWRRUN(パワーラン) PB』が使用され、反発性・軽量性が高いソールが配されています。また、『スピードロールテクノロジー』と呼ばれる着地時の反発を効率良く推進力へと変化させる技術も搭載されています。

『ENDORPHIN SPEED 2』はナイロンプレート搭載でクッション性が高いモデル。『ENDORPHIN PRO 2』はカーボンプレート搭載で反発性が高く、アッパーはENDORPHIN SPEED 2と同じ素材が使用されたモデルです。

『ENDORPHIN PRO+』はソールがENDORPHIN PRO 2と同様で、アッパーは軽量化した素材を使用。藤原さんは履いた感覚を「ロイター板がバンバンしなるような感じ」と表現。ミニマルなアッパーとソールの一体感により、着地時にしなるような反発を地面から得られるとのこと。

3モデルの履き分け方

「【サッカニー】新作レーシングシューズ「ENDORPHIN PRO+」の履き心地は?「PRO」「SPEED」との履き分け方も解説」の画像
藤原さんは『ENDORPHIN PRO+』を、10km程度の短い距離のレースで使用することをおすすめしています。フルマラソンでは、2時間30〜10分と非常に速いタイムを目標とするランナーに向けてつくられているため、多くのランナーは距離を短くしてスピードの速いレースでの使用が適しているとのこと。

それに対し、スピードを維持できる『ENDORPHIN PRO 2』はサブ3を目指すランナー向け。反発性が高く長い距離を走れる『ENDORPHIN SPEED 2』はサブ4を目指すランナー向けのシューズです。

「まだ上位モデルを履くのは早い」と思っている方にも、推進力の強さを感じていただきたい1足。距離やスピードを変えて走ることで、ランニングの楽しみ方を広げてみてはいかがでしょうか。

ENDORPHIN PRO+

「【サッカニー】新作レーシングシューズ「ENDORPHIN PRO+」の履き心地は?「PRO」「SPEED」との履き分け方も解説」の画像
出典: saucony-japan.com

価格:¥23,100(税込)
販売サイトこちら ※メンズのみ展開

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY