【Saucony】300g以下の軽量!サッカニー「エンドルフィン シフト」をシューズアドバイザーが解説

「【Saucony】300g以下の軽量!サッカニー「エンドルフィン シフト」をシューズアドバイザーが解説」の画像

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんとサッカニー『エンドルフィン シフト』をレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

軽量で安定性に優れたクッショニングモデル

今回は、カラーリングがオシャレで、300g以下と軽量な『エンドルフィン シフト』をご紹介。サッカニーは、デイリートレーナーが人気で、しっかりとしたクッショニングモデルが定番のブランド。

デイリートレーナーは8mmドロップが一般的ですが、『エンドルフィン シフト』は4mmドロップで傾斜が少なく、フラットに近いシューズ。ソールの素材はクッション性の高いPWRRUN(パワーラン)を使用。スピードロールテクノロジーで、着地から蹴り出しまでの動力を効率的に推進力へと変換します。ヒールカップの大容量のプラスチックスタビライザーでホールド感が良く、「骨を支えつつ、前へガイドする感覚」と藤原さん。接地の左右バランスが安定しているといいます。

まずは『エンドルフィン シフト』のガイドを経て、身体を作ってから、プレート入りレーシングモデル『エンドルフィン プロ』『エンドルフィン スピード』を履くのがオススメ。普段のジョギングで『スピード』を履くのは難しいので、『シフト』と履き分けるのも良さそうです。サブ4ランナーは、レースでも『エンドルフィン シフト』が使えます。「レース後半に失速してしまうランナーには、重心移動を促す構造としっかりとしたヒールカップ、クッション性があるシューズがオススメ」と藤原さん。ヒールカップの柔らかい『プロ』は3時間程度しか身体をのせないランナー、ヒールカップの硬い『スピード』はもう少し。『シフト』はもっと長時間履けるイメージだそう。

藤原さんのオススメ『エンドルフィン シフト』、まだ購入できるので、気になるランナーはお早めにチェックしてみてください!

サッカニー エンドルフィン シフト

「【Saucony】300g以下の軽量!サッカニー「エンドルフィン シフト」をシューズアドバイザーが解説」の画像

・価格:¥12,870 (税込)※10月現在
・重量:約286g
・オフセット4mm

「【Saucony】300g以下の軽量!サッカニー「エンドルフィン シフト」をシューズアドバイザーが解説」の画像
軽量で安定性とクッショニングに優れたモデル。トレーニングからレースまで幅広く対応する1足
「【Saucony】300g以下の軽量!サッカニー「エンドルフィン シフト」をシューズアドバイザーが解説」の画像
軽量で安定性とクッショニングに優れたモデル。トレーニングからレースまで幅広く対応する1足

 

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY