クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感

「クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感」の画像

みなさん、こんにちは。F・Shokai 藤原商会代表、シューズアドバイザー藤原岳久です。

さて、今回は、サッカニー『トライアンフ17』をご紹介します。靴底はクリスタルラバーのデザインでグミっぽくてかわいい、サッカニー定番シリーズの17代目です。

6代目ではなく、飛んで、飛んで17代目?

「クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感」の画像

ちなみに、前回がトライアンフISO5で “5代目” でした。それが、ジャンプアップして、急に “17代目” になっています。

これは、前回がISOフィットという技術を取り入れてから5代目、今回は初代からカウントして17代目ということなのです。サッカニーのニュートラルトレーナーの代表的な品番で、同じニュートラルの『サッカニーライド』より、ラグジュアリーな機能性が特徴のモデルです。

その象徴が “乗り心地”。言いかえると、クッションのクオリティーです。サッカニーが誇る『エバーラン』クッションが、今回からさらにパワーアップし、フルレングスの『パワーランプラス』になりました。

前モデルに搭載されていた『エバーラン』も、もともとバウンジーなクッションでしたが、今回の『パワーランプラス』は、文字通りクッションが “パワー” アップ。より反応が良いクッションになりました。

「クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感」の画像

硬さがありつつ柔らかい、不思議な感覚が気持ちがいいです。エバーランはEVAより重量がありましたが、今回のパワーランプラスはそれをクリア。エバーランより28%の軽量化に成功したそうです。手に持った感じも、確かに軽くなりました。

最新モデルこそ、お買い得感ありの時代

「クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感」の画像メーカーは、“ほどよく硬さがあり柔らかい” という相反する機能の良質ブレンド状態を常に探し続けています。この『パワーランプラス』は、サッカニーの現時点での答えと言っていいでしょう。是非、多くのランナーに、私がワクワクを感じた最新技術を体感してほしいですね。

新しいモデルが発売されると、旧モデルはお求めやすくなります。でも、旧モデルを購入することが、 “得” とは言い切れません。最近のモデルの進化はとても早く、大幅にアップデートされることも稀ではないからです。サッカニーも例外ではありません。新モデルを履いてしまうと、旧モデルがお買い得とは言えない、その意味が分かりますよ。最新モデルの機能性をタイムリーに感じてほしいですね。

アメリカの老舗、さすがのフィット感

「クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感」の画像

足を入れて真っ先に思うのは、踵周囲のフィット感と安定感。ニットアッパーなど、最近はやや華奢なモデルが増えてきた中で、このしっかり感はさすがサッカニー。さすが、トライアンフです。

踵と甲まわりで掴んでくれるので、つま先の自由な動きを妨げない空間ができるわけです。5代続いたISOフィットを大胆に見直すことで、さらに抜群のフィット感を味わうことができます。

ただ、前回のトライアンフISOは、前足部がかなりワイドでスペースのある作りでしたが、今回はややスッキリとしたラストになっています。前モデルのつま先部分の余裕が少し気になっていた方は、この機会に是非、このトライアンフを履いてみるといいのではないでしょうか。

老舗ブランドは常に進化し続ける、その象徴が『トライアンフ』

「クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感」の画像

1896年に近代オリンピックがスタートし、翌年ボストンマラソンが選手育成強化の目的でスタート。そして、サッカニーは、そのボストンの翌年に創業した最古級の『老舗中の老舗』のブランドと言えます。日本での知名度はまだまだですが、アメリカ人ランナーでサッカニーを知らない人はいません。ブルックス、ニューバランスと並んで、70年代の第一次ランニングブームで頭角を現した、代表的なブランドの一つです。

この老舗ブランドは、進化を恐れないブランドでもあります。ウィークポイントを改善するだけではなく、ストロングポイントさえも恐れず変えてしまう。クッション性の評判が良かった『エバーラン』をたったの数年で『パワーランプラス』にレベルアップさせたのは、さすがです。

「クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感」の画像

トップランナーからビギナーランナーまで、ランナーを選ばないデイリートレーナー(トレーニングシューズ)モデルとなっています。すでに何足もシューズを持っているランナーには、コンディショニングを保つシューズであり、初心者ランナーにとっては、安心の1足と言っていいでしょうね。

ニュートラルトレーナーですので、左右対称のシューズです。膝が痛いとか、足首が痛いとか、内側ストレスを抱えているランナーは、サッカニーの『ハリケーン』や『ガイド』も履いてみた方がいいですね。

これまでもトライアンフを履いていたというランナーはもちろん、はじめてサッカニーを履くランナーにも、オススメしたいモデルですね。

サッカニートライアンフ17

「クッションが パワー アップしたサッカニー「トライアンフ17」を体感」の画像

・価格: 13.000円(税抜)
・ドロップ:8mmドロップ(ヒール32mm フォアフット24mm)
・アッパー:ISOフィットからフォームフィットへ、より全体的なフィッティングを向上
・ミッドソール:『エバーラン』から『パワーランプラス』に進化、クッション性そのままに28%軽量化
・アウトソール:お馴染みにクリスタルラバーが、シューズの柔軟性、グリップ、耐久性に貢献

(写真 Eliana

   
藤原岳久が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY