ホカ オネオネ「アラヒ4」オーバープロネーション対応のBreaking自己ベストシューズ

「ホカ オネオネ「アラヒ4」オーバープロネーション対応のBreaking自己ベストシューズ」の画像

みなさん、こんにちは。藤原商会代表シューズアドバイザー・藤原岳久です。

さて今回は、ホカ オネオネの 『アラヒ4』 をご紹介します。

アラヒ4は左右非対称の先進的なシューズ

「ホカ オネオネ「アラヒ4」オーバープロネーション対応のBreaking自己ベストシューズ」の画像

ホカ オネオネと言えば、ロードシューズのクリフトンやボンダイ、トレイルシューズのスティンソンなどの人気シリーズがありますね。クリフトンやボンダイは、シューズの左右が対称なニュートラルなつくりなのですが、アラヒはシューズの内側にサポートがある、左右非対称なつくりになっています。Jフレームが内臓されていて、接地時に内側に倒れこまないようサポートされるオーバープロネーション対応のシューズです。かかとを中心に適度な硬さがあって、馬蹄型に外側にもサポートがあるので、ある程度どのタイプのランナーでも、安定感とフィット感が得られると思います。

「ホカ オネオネ「アラヒ4」オーバープロネーション対応のBreaking自己ベストシューズ」の画像

ホカオネオネのシューズの特徴と言えば……メタロッカー(ゆりかごのように揺れる構造)。最近は、各メーカがメタロッカーシューズを出していますが、ホカオネオネが先駆者とも言えます。ソールはクリフトンやボンダイに見られるマシュマロクッションの厚底ソールよりも少し固め。アラヒシリーズのソールは、1と2が固く、3は柔らかく、4代目はそれらをブレンドした感じ。メタロッカーのシューズは本当はマシュマロクッションよりも少し硬い方が揺れるんですよね。

かかとのフィット感抜群のBreaking自己ベストシューズ

「ホカ オネオネ「アラヒ4」オーバープロネーション対応のBreaking自己ベストシューズ」の画像

クリフトンやボンダイとの1番の違いは、かかとが細めでヒールがハマっている感じを味わえること。極端に足幅が広い、狭いがなければ、一般的な足型にはフィットします。かかとと甲周りでしっかり押さえて、前足部は自由が効く感じがコントロールしやすいですね。

アッパーはメッシュで通気性が良く、見た目は張りを感じないのに、足を通すとスッと立つ感じ。例えるとしたら、テントをピンと張るイメージですかね。フィット感も独特です。

走り込んでいる人の日常のランニングはもちろん、走り始めたばかりの人にもぜひ履いてもらいたいですね。デイリートレーナーなので履く人を選びませんが、どちらかと言うと、走っていて膝が痛い、スネが痛い……という症状がある方は、オーバープロネーターの可能性があるので、インソールを探す前にクリフトンからアラヒにシューズをチェンジしてみるというのも良いかもしれません。

「ホカ オネオネ「アラヒ4」オーバープロネーション対応のBreaking自己ベストシューズ」の画像

レースで厚底シューズを履く方のウォーミングアップや、デイリートレーナーにもオススメです。フルマラソンでサブ4やサブ5を目指している方にとっては、アラヒがBreaking自己ベストのシューズになるかもしれません。フワフワのソールで自分のカラダをコントロールするよりも、アラヒにカラダをコントロールしてもらった方が、安定感があって結果に繋がりやすいと思います。

街にも馴染みやすい、スタイリッシュなビジュアルとカラーリングも嬉しいですね。スポーツショップで試し履きもできるので、まだ試したことがない方はぜひ、一度足を通してみてくださいね。

ホカ オネオネ 『アラヒ4』

「ホカ オネオネ「アラヒ4」オーバープロネーション対応のBreaking自己ベストシューズ」の画像

・価格 : 16,000円(税別)
・ドロップ:5mm
・アッパー:エンジニアードメッシュアッパーが前作に比べより軽量に。足あたりと通気性を改善
・ミッドソール:J-Frame (ジェイフレーム)スタビリティテクノロジーを採用、足の内側への倒れ込みを最小限にアーリーステージメタロッカーシステムが、足抜けをスムーズにさせ、推進力に貢献
・アウトソール:戦略的なラバーの配置で、耐久性と軽量性を実現
※動画から抜粋

RuntripのYouTubeチャンネルでもアラヒ4を紹介しています。こちらからぜひチェックしてみてください!

合わせて読みたい記事

(写真 Eliana

藤原岳久が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY