初心者向けランニングシューズの選び方。足への負担が軽くなれば走りも快適に!

「初心者向けランニングシューズの選び方。足への負担が軽くなれば走りも快適に!」の画像

ランニング中に足にかかる衝撃はかなりのもの。その負担は足首や膝、腰など全身に影響を及ぼします。足への負担を軽くするためにはランニングシューズ選びが重要です。

しかし、いざランニングシューズを買おうと思っても、色やかたち、クッション性、通気性など、シューズごとに特徴があってどれを買えばいいか迷ってしまいます。

書籍『初心者でも必ず上達するジョギング&ランニング入門』は、ランニングを始めたい人にぴったりの入門書。正しいランニングフォームはもちろん、シューズ選びなど事前準備についてもやさしく教えてくれます。

「初心者の場合、スピードが出やすいモデルはトラブルの原因にもなるので、シューズを選ぶ際には、ショップスタッフにトレーニング頻度と1回に走るペースや距離を伝え、その走力に見合った機能が搭載されたモデルを教えてもらうようにすると、安心です」(『初心者でも必ず上達するジョギング&ランニング入門』)より

悩んだときはスポーツ用品店などでアドバイスを求めるのが得策。さらに同書は「足のサイズを正しく把握するには、足長だけではなく、足幅、足囲を計測することが必須」とし、試履きをせずにフィット感の甘いシューズで走った場合に「足への圧迫、あるいはシューズ内での足のぐらつきから靴擦れや故障、足指の爪が黒くなるなどのトラブルが引き起こされやすくなります」と、シューズ選びでは足のサイズ計測と試履きが欠かせないことを訴えます。

この点において筆者は身に染みる記憶があるのです。フィットするシューズを発見できず、蓄積する足裏の疲れに悩まされていたあの頃。ちょっと走っただけですぐにマメができてしまう有様で、ランニングフォームが悪いのだろうかと考えていました。

ある時スポーツ用品店でフィッティングをしたところ、筆者の足は足長に対して幅が狭いことが判明。走っている最中に足が左右にぐらつきがちで、靴の中で滑っているせいで疲れるのだとわかりました。

店員さんから「足幅が狭い人は〇〇のブランドのシューズがフィットしますよ」と有難いアドバイスをいただいて悩みが解決(他ブランドの製品なのにおススメしてくれたステキな店員さんでした!)。

自分の足の特徴を知ってからはシューズ選びに迷いがなくなり、走るのが楽になったと感じています。つまり自分にフィットするシューズなら、気分もパフォーマンスも上がるということ。シューズ選びに迷っていたり、なんらかの足のトラブルを感じている人はランニングシューズ選びを見直してみることをおススメします。

 

書籍情報

『初心者でも必ず上達するジョギング&ランニング入門』マイナビ出版

「初心者向けランニングシューズの選び方。足への負担が軽くなれば走りも快適に!」の画像

・合わせて読みたい

   
鈴木 舞が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY