おかやまマラソンは「満足度日本一」の評価も!「食べる」も楽しめる岡山ラントリップ

大手ランニングポータルサイトのユーザーによる2018年度の大会レビュー “満足度日本一” のおかやまマラソン。2015年に第1回大会が始まった比較的新しい大会ですが、岡山駅周辺の都市部から終盤の旭川沿いに至るまで、沿道の声援が印象的な大会です。

今回、おかやまマラソンのレースに参加し、その前後で『晴れの国おかやま』を楽しんだ、ラントリップ的なグルメ旅の様子をレポートします。

「おかやまマラソンは「満足度日本一」の評価も!「食べる」も楽しめる岡山ラントリップ」の画像
約16,400名のランナーが一斉にスタート!

大会前日:岡山グルメ第1区『まずは……ラーメン』

大会前日に岡山駅に到着して、ワクワクした気持ちでエキスポに向かいました。ゼッケンを受け取り、「いよいよ明日には走るんだ……」と気持ちが高まります。

エキスポのアシックスブースでは、この秋に新発売の『ラクに長く走る』をコンセプトとしたGLIDERIDEが目につきました。筆者はこの夏からランニングを再開しましたが、距離の長い練習ではこのシューズでラクに走ることができたので、「おかやまマラソンでも履いてみよう!」と決めました。

「おかやまマラソンは「満足度日本一」の評価も!「食べる」も楽しめる岡山ラントリップ」の画像
GLIDERIDEで走行効率を高めマラソン完走をサポート

また、アシックスブースでは、岡山の実業団・天満屋所属の前田穂南選手への応援メッセージを発見。9月のMGCの女子レースでは、中盤から2位以下を引き離して独走での圧勝でしたね。

天満屋は、マラソンの世界大会出場の常連。おかやまマラソンには、ゲストランナーとして元天満屋の世界レベルの選手がずらりと顔を並べます。また、岡山県出身で五輪2大会連続メダリストの有森裕子さんも、スペシャルアンバサダーとしてこの大会を盛り上げています。

 

他にも、岡山出身のお笑い芸人やスポーツ選手などの著名人が加わり、豪華ゲストが目白押しのおかやまマラソン。今年の完走メダルは、桃をモチーフとした備前焼メダルです。一見変わった珍しい形の完走メダルとあって、これもまたこの大会の人気の秘密なのかもしれません。

そんな大会の人気の秘密を探るべく、今回は実行委員会事務局の芳原さんに大会の特徴や楽しみ方、大会前後に行きたくなる岡山のグルメ情報を伺いました。芳原さんが語る岡山マラソンの魅力をまとめると下記の通り。

  • スタートが競技場前、ゴールが競技場内。スタジアムフィニッシュは『非日常体験』が味わえる
  • マラソンとファンラン5.6kmは同時スタート。16,400名同時スタートで『一体感』を感じられる
  • スポーツきびだんご、シャインマスカット、清水白桃のジュース、ラーメン広場など給食が充実
  • 自己記録更新からグルメランまで、それぞれの目標に沿って楽しむことができる

おもてなし給食として岡山らしいメニューがコース上に散りばめられています。11km地点のシャインマスカットやスポーツきびだんごは、ガチ系ランナーにも取りやすい大きさ。また、31km地点のラーメン広場では5種類のラーメンを楽しむことができます。

大会前後に楽しむ岡山グルメとしては、芳原さんから “焼肉、ラーメン、フルーツパフェ” を勧めていただきました。筆者は、岡山グルメ第1区として醤油ラーメンを選択!

「おかやまマラソンは「満足度日本一」の評価も!「食べる」も楽しめる岡山ラントリップ」の画像
岡山の伝統的な醤油ラーメンを大会前夜に。美味しかった!

いつもなら「大盛り!」と頼むところですが、一応レース前日ということで、並盛りを注文。ちょうど良いサイズ感と程よい幸福感を得ることができました。

   
河原井 司が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY