2018年7月19日

「エスケープルートを事前チェック」など、トレランコース選びのポイント7つ

こんにちは。高尾山の近くに住んでいる学生、kirinohanaです。3年前から山を走り始め、今では毎朝の習慣になっています。

■トレイルランの「楽しさ」についての記事はこちら

「楽しそう。でも、どこを走ればいいのかわからない。」という方はコース特集の中から選ぶのが安心です。

■初心者おすすめコース特集

さて、“トレランにチャレンジ!  ” 第3弾は、トレイルランにも慣れてきて、「もっといろんな山を走ってみたい。」「自分でコースを選んでみたい」という方に向けて、コースを選ぶときのポイントをご紹介したいと思います。

コース選び7つのポイント

トレイルを走る際のコース選びには、ポイントがあります。わたしがこれまでに山を走ってきた中でチェックするようになったポイントをご紹介します。

①難易度を距離で判断しない
②アクセスのしやすさを考慮する。最終バスの時刻もチェック
③コインロッカーの有無を事前にチェック
④お手洗いの場所を事前にチェック
⑤自販機や山小屋などの有無を事前にチェック
⑥エスケープルートを事前にチェック
⑦川や滝、見晴らしの良い尾根などのご褒美絶景ポイントのチェック

難易度を距離で判断しない

「「エスケープルートを事前チェック」など、トレランコース選びのポイント7つ」の画像

山を走るということは、登ったり下ったりしながら走るということです。高低差があるため、距離だけで難易度を判断することはできません。走り始める地点の標高と最高地点の標高の差を見たり、地図で地形を確認したりしましょう。

アクセスのしやすさを考慮する。最終バスの時刻もチェック

「「エスケープルートを事前チェック」など、トレランコース選びのポイント7つ」の画像

走るフィールドが“山”なわけですので、バスや電車の本数が少ないということがよくあります。最終バスの時間が早い場合は、何時に走り始めて何時に走り終えるのかを事前にしっかりと計画し、計画通りに走る必要があります。山を走ったことがないと、そういった計画を立てるのはとても難しいです。まずは駅から登山口が近い、アクセスしやすいコースを選ぶといいでしょう。

コインロッカーの有無を事前にチェック

「「エスケープルートを事前チェック」など、トレランコース選びのポイント7つ」の画像

走り始める地点の最寄り駅などにコインロッカーがあるならば、着替えなどの荷物は置いていくことができますが、コインロッカーがないならば荷物すべてを背負って走る必要があります。荷物が重いと走りづらく、疲れやすいです。荷物を背負って走る場合、重さを考えて荷物を調整しなければなりません。ロッカーがあるかないかで持ち物の準備が変わってきますので、事前に確認することが大切です。少しでも荷物を軽くして走りたいという方は、最寄り駅周辺などにロッカーのあるコースを選びましょう。

お手洗いの場所を事前にチェック

「「エスケープルートを事前チェック」など、トレランコース選びのポイント7つ」の画像

森林公園や整備された山には、広場や山頂にお手洗いがある場合もありますが、基本的に山にはお手洗いが少ないです。最寄り駅にあるのか、山頂の山小屋にもあるのか、自然公園やビジターセンターなどお手洗いのある公共施設が近くにあるのか、どこにお手洗いがあるかを事前に把握しておきましょう。トレイルランに慣れていない方はお手洗いが多めのコースを選ぶのが安心です。

自販機や山小屋の有無を事前にチェック

「「エスケープルートを事前チェック」など、トレランコース選びのポイント7つ」の画像

確実に水を買い足すことができるならば、水の量を少なめにして出発することもできますが、自販機や山小屋といった給水ポイントが全くないコースを走る場合は、重くても多めに水を背負って走らなければなりません。水の不足は熱中症を引き起こすなど、命の危険につながります。事前に必ず確認しましょう。多めに水を背負うといっても持てる量には限界があります。夏の暑い時期に山を走る場合やロングトレイルを走る場合は、途中に売店や自動販売機があって水を追加することのできるコースを選ぶのが安心です。

エスケープルートの確認

事前に様々な想定をし、できる限りのリスクを回避しようと準備したとしても、問題が起きる可能性はゼロにはなりません。ボトルやハイドレーションから水が漏れてなくなってしまった、捻挫や骨折で走れなくなってしまった、蛇に噛まれて一刻も早く下山して病院に行きたい、突然の大雨でこれ以上走れない、などなど……。そんなときは予定していたコースを走りきることより、無事に家に帰ることを優先し、まずは山から出ましょう。コースを選ぶときは、どの地点でどの道から山を出ることができるか、どこからバスや電車に乗ることができるか、自分が想定する正規ルートだけでなく、エスケープルートをしっかり確認しておきましょう。

川や滝、見晴らしの良い尾根など、ご褒美絶景ポイントのチェック

「「エスケープルートを事前チェック」など、トレランコース選びのポイント7つ」の画像

難易度やリスクなどのチェックについて書いてきましたが、こちらも重要なポイントです。山の中の川や滝の周辺はとても涼しく気持ち良いです。夏なら川があるコースや滝のあるコースを選んでみてはいかがでしょうか。秋なら紅葉がきれいな場所をコースに入れて、紅葉狩りトレランをするのがおすすめです。冬は空気が澄み渡って遠くの景色も見えやすいので、眺望のいいコースを選ぶと絶景に出会えるかもしれません。春なら梅や桜がきれいな場所をコースに入れて、お花見トレランするのがおすすめです。山には素敵な景色がたくさんあります。走ってたどり着いた先にはどんな景色が待っているんだろう……。走ったことのない道は、とってもエキサイティングです。コース選びはトレイルランの楽しみのひとつ。わたしはいつも、走るコースを計画する段階からわくわくしています。

「「エスケープルートを事前チェック」など、トレランコース選びのポイント7つ」の画像

素敵な景色を見つけたら写真を撮ってコース投稿! 素敵な景色を見ることのできるコースをみんなでシェアしましょう!
最高の景色を目指してRuntripへ出かけよう!!

おすすめアイテム by Runtrip Store

kirinohanaが執筆した記事

関連記事