時代が追いついた!? 「設楽悠太」似で話題の男が語る“寄せに来た”きっかけ

「時代が追いついた!? 「設楽悠太」似で話題の男が語る“寄せに来た”きっかけ」の画像
▲髪型や表情、ユニフォーム、シューズまで徹底して設楽悠太選手(Honda)になりきっているポップライン萩原さん ©2018 Shuhei Kurashima

先日公開された対談記事で、M高史さん、ラントリップ代表・大森英一郎とともに日本マラソン界について熱く議論を展開してくれた、お笑いコンビ「ポップライン」の萩原拓也さん。実は、学生時代は駅伝強豪校の神奈川大に所属。10,000mではなんと29分台の自己記録を持っています。

今回は後編として、前編では語られなかった「芸人の道を進んだ理由」「設楽悠太選手(Honda)のものまねをするようになったきっかけ」を中心に、萩原さんのすべてを丸裸にしていきます。

「最初は役者志望だった」

「時代が追いついた!? 「設楽悠太」似で話題の男が語る“寄せに来た”きっかけ」の画像
©2018 Shuhei Kurashima
「時代が追いついた!? 「設楽悠太」似で話題の男が語る“寄せに来た”きっかけ」の画像
大森
そもそも萩原さんがお笑いに進んだきっかけって何だったんですか?

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

おすすめアイテム by Runtrip Store

松永貴允が執筆した記事

関連記事