「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大

「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像

マラソン芸人のM高史さんと萩原拓也さん(ポップライン)が関東地区の大学陸上部(長距離)を訪問し、チームの様子をレポートする当企画。第5弾は、正月の箱根駅伝に11年連続で出場することが決まった上武大学にお邪魔しました。専門誌では見られない学生たちの〝素顔〟を、芸人2人が引き出していきます。

●インタビュアープロフィール

「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像

M高史(ものまねアスリート芸人、右)
駒大陸上競技部では駅伝主務として選手をサポート。2011年12月より「ものまねアスリート芸人」へ転身し、〝公務員ランナー・川内優輝選手のそっくりさん〟として注目を集める。

萩原拓也(お笑いコンビ・ポップライン、左)
かつて神奈川大陸上競技部に選手として4年間所属。卒業後は2年間の役者生活を経てお笑い芸人へ転身し、現在は設楽悠太選手(Honda)のそっくりさんとして駅伝ファンを中心に密かなブレークを果たしている。

不屈の雑草軍団

上武大学は、元オリンピックランナーの花田勝彦さん(現・GMOアスリーツ監督)を駅伝監督に迎え、2004年に駅伝部が創設されました。地道に強化を進め、創部5年目の2009年に箱根駅伝へ初出場。以来、11年連続で本戦へ出場を続けています。

いまだ箱根駅伝のシード権獲得には届いていませんが、2011年には全日本大学駅伝で6位に入り、悲願のシード入りを達成。主なOBには、現在マラソンで活躍中の園田隼選手(黒崎播磨)、山岸宏貴選手(GMOアスリーツ)らがいます。

2016年3月には花田監督が退任し、それまでコーチだった近藤重勝さんが駅伝監督へ昇格。近藤監督は神奈川大時代に5区山上りを4年連続で任され、2度の区間賞を獲得した〝山の職人〟として知られています。当時の神奈川大は箱根駅伝と全日本大学駅伝で2連覇を達成するなど全盛期を築き、その中心人物として活躍していました。

「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
▲中央が近藤重勝駅伝監督。今季で就任3年目となり、ポップライン萩原さんは神奈川大陸上競技部の後輩にあたる

今季は6月の全日本大学駅伝選考会で17位(8位までが本戦出場)と振るいませんでしたが、10月の箱根駅伝予選会では本戦出場ラインギリギリの11位で通過を決め、11年連続の箱根出場を決めました。

近藤監督は兄貴みたいな存在

そこで今回は、上武大を裏方として支える廣瀬貴明主務(4年)と、廣瀬主務が「次期エース」として期待する佐々木守選手(3年)に登場してもらい、チームのことについてお話いただきました。

「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
▲チームを裏方として支える廣瀬貴明主務(右)と、次期エースとして期待されている佐々木守選手
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
Mさん
まずは予選会の突破おめでとうございます!
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
廣瀬主務
ありがとうございます。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
佐々木選手
ありがとうございます。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
Mさん
どうでしたか?15km地点までは総合14位あたりを走っていたと思うのですが……
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
廣瀬主務
元々設定どおりでは走っていたんですけど、他の大学がなかなか落ちてこなくて、「やばいかな~」とはちょっと思っていました。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
Mさん
後半に順位が上がっている実感ってありましたか?
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
佐々木選手
応援してくれているサポートのみんなが「(順位的に)やばいぞ!  麗澤大と創価大が前にいるぞ!」と伝えてくれていたので、とにかくその2校のユニフォームだけを追っていました。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
Mさん
予選会独特の空気もありますよね。特に上武大学さんって、例年職人のように15kmから上がっていくイメージがあるのですが、そういうチームの伝統ってあったりするんですか?
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
廣瀬主務
特別なことは何もしていませんが、「この予選会だけは落とせない!」という強い気持ちで走ってくれているのだと思います。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
佐々木選手
監督も日ごろから「うちらは予選会通れなかったら終わりだぞ」という話をしてくださるので、予選会に対する気持ちはどこの大学にも負けないと思います。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
廣瀬主務
上武大学は他校と比べ、都心から遠いところにありますし、一度落ちてしまったら新入生の勧誘も難しくなります。そういう意味でも箱根だけは譲れないですね。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
Mさん
ちなみに近藤監督は萩原さんの大学の先輩にあたりますが、普段はどんな監督さんですか?
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
萩原さん
僕も学年は被っていないので、そこまでわからないんですよね。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
佐々木選手
とにかく〝熱い〟ですね!
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
廣瀬主務
コーチ時代はずっと寮に住み込んで選手と一緒に生活をしていましたし、今も週に2回は来られて、距離感も近い監督です。掃除とかも率先してやられますし、選手からの信頼度も高いです。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
Mさん
掃除を一緒にやるんですか⁈
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
廣瀬主務
そういう姿を見ると、監督には頭が上がらないです。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
Mさん
監督がやっていたら、「自分もやらなきゃ」と思いますよね。
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
萩原さん
距離感も近くて、信頼もあって、兄貴みたいな感じですね!
「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
Mさん
選手時代の実績もすごいですし、学生にとっては目標にもなりますよね。

「監督の檄が聞き取れないくらい、沿道の歓声がすごかった」

「「走り終わったら倒れるのではなくコースに一礼」箱根駅伝初シードに挑む上武大」の画像
▲前回の箱根駅伝は10区を走った佐々木選手(左)。あまりの歓声に、「監督からの檄が聞こえなかった」と話す

関連記事

松永貴允が執筆した記事