2018年7月10日

皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内

7月7日(土)に東京・丸の内エリアにオープンした『ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI(アシックスラン東京丸の内)』。ランニングステーションやカフェが併設された総合型ストアとなっており、大きな注目を集めています。

また、オープン前日には同施設内にてプレオープニングイベントを開催。一足先に施設の様子がお披露目されました。一体どのような施設になっているのか、ご紹介します。

皇居にも近い丸の内エリアにオープン!

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像
▲東京駅から徒歩3分、人気ランニングスポットである皇居にも徒歩3分という立地の良さが魅力

同施設があるのは、東京駅から徒歩3分ほどにある丸の内エリアの一角。人気ランニングスポットの皇居にも徒歩3分ほどで行くことができるので、皇居ランの拠点としてオススメです。

施設内は総合型ストアということもあり、大きく4つの部門に分かれています。

①商品展開

シューズ、アパレル、小物、プロテイン飲料など。

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像

②ランステーション

ロッカー、シャワー室完備。専門コーチによるランイベント(レベル別)を連日開催予定とのこと。

③カフェ(ASICS×TANITA CAFE)

健康総合企業の株式会社タニタが展開する『タニタカフェ』とコラボ。ランナー向けの“楽しくておいしいヘルシーメニュー”をコンセプトとしており、見た目もオシャレな“噛む”スムージー『カムージー』などがメニューに並びます。『緑野菜とりんごのグリーンカムージー』を試飲させてもらいましたが、中に豆腐やこんにゃくゼリーなども入っており、“不思議な食感”という印象でした。もちろん、味は文句なしです!

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像
▲緑野菜とりんごのグリーンカムージー(税込680円)

④アシックステクノロジー体験コーナー

アシックススポーツ工学研究所およびデジタル部門で開発された計測アプリ『ASICS RUNNING ANALYZER(アシックスランニングアナライザー)』を直営店で初導入。AI技術によってランニングフォームを解析し、改善のためのトレーニングプランを提案してくれます。

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像
▲ランニングフォームの解析は、わずか数十秒で完了。ストライドやピッチなどの詳細データも表示されます

筆者が特に注目したのが、アシックスの最新テクノロジーを体験できるコーナーです。こちらでは計測アプリを使用し、タブレットを横から撮影することによって関節の位置を自動的に識別。ランニングフォームの分析をおこなうことができます。

活用方法としては、ランニングフォームの分析結果を受ける→スタッフに改善点を指摘してもらう→そのまま皇居ランへ……というサイクルを繰り返すことによって、正しいフォームの構築に効果が期待できそうです。

有森裕子さん「私たちの仕事が無くなっていきますね(笑)」

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像
▲トークセッションに参加した3名。右から有森裕子さん、安藤美冬さん、斉藤太一コーチ

イベントでは、バルセロナ五輪女子マラソン銀メダリストの有森裕子さん、フリーライターの安藤美冬さん、アシックスランニングクラブの斉藤太一コーチによるトークセッションが実施されました。

最初の話題は、最新テクノロジーを駆使した『ASICS RUNNING ANALYZER』について。データを基に自動で最適なトレーニングプランを提案してくれることから、「こうやって私たちの仕事が無くなっていくんですね(笑)」と有森さん。実際に解析がおこなわれている様子を見て、「すごーい!」と驚かれていました。

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像
▲今後の導入も視野に入れているというスマートグラス『SOLOS』

斉藤コーチは「今後もいろいろな機器の導入を検討している」といい、その中の1つである『SOLOS』というスマートグラスは、店舗で装着が可能です(一般販売ではなく、イベントなどで使用するとのこと)。こちらはレンズ越しに見えるディスプレイを通して、走行距離やペースなどの情報を得ることができる優れもの。実際に使用してみたという有森さんは「異空間にいるみたいで面白かったです」と感想を述べました。
(※筆者も体験しましたが、まるでSF映画の世界にいるようでした!)

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像
▲右目部分にある突起のようなものが小型ディスプレイで、そこにランニング情報が映し出される仕組み

そして話題は近年のランニングブームについて。『ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI』では、ナイトランやボウリングラン、プレミアムフライデーランなどのイベントを連日開催していくとのことですが、いまやランニングはレース出場や健康のためだけでなく、出会いの場、コミュニケーションツールとしても注目を集めています。最近のランナーの動向をパネラーの方々はどのように捉えているのでしょうか。

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像

「レース目的の方だけでなく、いろんな目的を持って走られている方が増えている印象です。街中でランニングの服装をしている人が増えていますし、会社にランニングウェアで来る人もいるそうです。でも、それが違和感なく溶け込むようになったのは最近のことですよね」(有森さん)

「皇居ランの新たな拠点へ、「AI技術でフォーム解析」「タニタとのコラボカフェ」のアシックスラン東京丸の内」の画像

「私の周りの会社経営者の方々は、自分の心の状態や健康に関心が高いので、出張先でもランニングをするそうなんです。私も先日、軽井沢でシンポジウムがあったのですが、ランニングシューズとウェアを持っていき、朝早くからみんなで走りました。体力作り、メンタル強化、交流の場として“旅ラン”が流行っていますよ!」(安藤さん)

そして最後に、有森さんと安藤さんからランナーの皆さんへメッセージを送っていただきました。

「まず(施設に)来てくれないとわからないと思いますので、とにかく皆さん来てください!」(有森さん)

「私はランニングを始めて3ヶ月の初心者ですが、それでもみんなと走る楽しみをすごく感じているので、ぜひここに大切な友人や会社の人を連れて来てほしいと思います!」(安藤さん)

丸の内近辺のランニング拠点としては最高の場所にある『ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI』。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗概要

店名 /ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI(アシックスラン東京丸の内)
所在地 / 東京都千代田区丸の内二丁目5番2号三菱ビルB1F
取扱品目 / 「アシックス」ブランドのランニング用、トレーニング用シューズ、ウェア、バッグ、アクセサリーなど。アシックスタイガーも展開予定(シーズンによって変動あり)
TEL /03-6259-1601
営業時間 /
【ストア】平日:11:00~21:00,土日祝:9:00~20:00
【ランステーション】平日:6:30~23:00(最終受付22:00),土日祝:7:00~20:00(最終受付19:00)
【カフェ】平日:7:30~21:00 ,土日祝:8:00~20:00
利用料金 / 会員登録料:500円+税,都度料金:800円+税,月額料金:5,400円+税
定休日 /不定休
営業開始日 /2018年7月7日
公式サイト / https://www.asics.com/jp/ja-jp/asicsruntokyo-marunouchi

おすすめアイテム by Runtrip Store

松永貴允が執筆した記事

関連記事