“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
©2018 Shuhei Kurashima

2月の東京マラソンで日本新記録(2時間6分11秒)を樹立した設楽悠太選手(Honda)のものまね芸人として、密かにブームを起こしている萩原拓也さん(ポップライン)。実は学生時代は駅伝強豪校の神奈川大に所属しており、10000mの自己ベストは29分48秒を誇ります。

今回は萩原さんと、川内優輝選手(埼玉県庁)のそっくりさんでおなじみのM高史さんにお越しいただき、夢のものまね対談が実現! 箱根駅伝経験者でもあるラントリップ代表の大森英一郎も交え、現在の陸上・マラソン界について熱く語っていただきました。(お二人が初めて出演したラジオ「渋谷のラジオ」の放送はこちら

2人が思う箱根駅伝の魅力と課題

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
©2018 Shuhei Kurashima

▲男子マラソン日本記録保持者・設楽悠太選手(Honda)のものまねでプチブレイク中のポップライン萩原さん。ユニフォームは手作りで、チーム名のロゴはよく見るとHONDAではなく「NONDA」となっている

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
それにしても萩原さん、本当に設楽悠太選手に似ていますよね!
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
ありがとうございます。まだものまねを始めて3週間なんですけどね(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
Mさんは当初に比べて、だんだん似てなくなっているような……(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
もはやこのユニフォームも本人は着ていないですからね(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
Mさんはもう「M高史」としてキャラクターが確立していますよね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
そんな2人を招いて、夢の〝ものまね対談〟を開始したいのですが、あくまでも「M高史」と「ポップライン萩原」としてお話していただいて大丈夫です。最初のテーマは「今の日本陸上界における箱根駅伝の良し悪し」について。よく議論の的になっていますよね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
でも、設楽さんも川内さんも箱根を走って日本代表になっていますからね。自分も箱根駅伝に向かってがんばっていた1人ですし、学生の時は学生の時なりの目標が無いとがんばれないと思います。箱根があるから「箱根かっこいいな、出たいな」と、陸上を始める人が増えると思うので、絶対に無くてはならないものであると思いますね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
©2018 Shuhei Kurashima

▲2011年より川内優輝選手のそっくりさん芸人として活動するM高史さん。芸人以外にも、東京マラソン財団スポーツレガシー事業チャリティ・アンバサダー、東京マラソンウィーク宣伝部長、「NPO法人アトリエ言の葉」理事長など、さまざまな顔を持つ

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
やっぱり、設楽さんも……あっ、萩原さんもおっしゃっていましたけど……
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
今日は萩原さんでお願いします(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
陸上競技の長距離ってメチャクチャ地味でキツイじゃないですか。それをやりたいと思うのは、やはり箱根駅伝の影響があるのではないかと思います。箱根駅伝は94回の歴史があって、途中の太平洋戦争による一時中断を挟んで、今もなお続いている。当時は食糧事情も厳しかったと思うのですが、それでも箱根を走りたいと思ってきた大先輩方が繋いでくださったタスキなので、〝先輩から後輩へ〟というのも箱根駅伝の魅力の1つかなと思います。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
確かに、そうですよね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
課題としては、大学を出た後に、より注目を浴びる場所が少ないこと。これは実業団で活躍した選手に聞いた話ですけど、大学の時はいっぱい取材が来たけど、実業団に入ったらニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝)の優勝候補なのに1社か2社しか取材に来なかったそうです。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
ニューイヤーで優勝したとしても、箱根に比べたら遥かに注目度が劣るということですよね。やはり〝かっこいいスポーツ〟だと思われない限り、運動神経の良い子が集まりにくかったりしますよね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
青学大の原晋監督がおっしゃっているのは、「ライバルは他の大学じゃなくて、野球とかサッカーだ」と。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
確かに、わかりやすいですね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
だから原監督は現在たくさんテレビに出て、陸上の魅力を発信しているんだそうです。

ともに大学では駅伝強豪校に所属

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
©2018 Shuhei Kurashima

▲萩原さん(左)は神奈川大学、Mさんは駒澤大学と、ともに駅伝強豪校の陸上競技部に所属していた過去を持つ

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
ちょっとパーソナルな質問になるんですけど、2人とも陸上以外にも何かスポーツをやられていたんですか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
小学校の頃はサッカーを6年間やっていましたね。ちょうど小学校5年か6年の頃にJリーグが発足して、当時すごく盛り上がっていたんです。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
何で陸上を始めようと思ったんですか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
僕、出生地は秋田県なんですけど、小学校6年生までは千葉県柏市で育ったんです。でも親の仕事の都合で秋田へ戻ることになり、行ってみたらサッカー部が無いという(笑)。高校でサッカーをやるつもりだったので、じゃあ中学3年間何をするかと考えた時に「長距離やるか」と。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
スタミナをつけようとしたわけですね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
中1の最初の大会で上位に入れて、気が付いたら神大(神奈川大)まで陸上1本でしたね。高校でサッカーをやろうなんて1ミリも考えなかったです(笑)。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
高校の時は将来箱根に出たいと思っていましたか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
もちろん思っていました。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
秋田県内では強いチームだったんですか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
そうですね、秋田経済法科大附属高校(現・明桜高校)という甲子園にも出ている学校で、その時は秋田工業の次に強い学校でした。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
神大には推薦で入ったんですか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
一応推薦というかたちで。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
めちゃエリートですね!
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
当時の神大は箱根で2連覇したりして強かった時ですからね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
すごいな。(10000m)29分48秒で箱根に出られないなんて考えられないですよ(笑)。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
それは4年生最後の時の記録なので、入学した時は遅かったですよ。5000mは15分10秒とか。推薦枠のギリギリでした。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
Mさんは小学校の時は何かされていたんですか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
僕は小学校の時に野球をやっていたんですけど、当時から自分で通用しないなと思ったら割とスパッと諦めるタイプだったんです。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
え~、意外ですね……。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
でも、これだと思ったらとことんやる。野球部内のマラソン大会ではいつも上位だったので、中学、高校と陸上部に入りました。当時は月陸(月刊陸上競技)や陸マガ(陸上競技マガジン)を毎月読むのが楽しみで、当時の(駒大の)大八木弘明コーチ(現・監督)と藤田敦史さん(現・コーチ)の師弟関係に「すごいな!」と影響を受けまして。僕は中学・高校と世田谷学園(東京)という駒澤の系列校にいたので、駒大で大八木さんの指導を受けたい、というのは中学生ながらに思っていました。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
中学生の時点でそんなことを思っていたんですね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
陸上部はそこまで強くなかったので、当時から「ランナーズ」を読んで、自分で走っていましたからね(笑)。そんな中高生時代を過ごして、駒大に一般入試で入りました。でも最初の2、3ヶ月は陸上部に入れなくて、6月くらいに遅れて入部したんです。ただ当時は箱根で連覇していた時だったので、朝練と基礎的な練習だけで精一杯で……。1年生の冬くらいにはマネージャーになり、2年生で副務、3年生、4年生で主務をやらせていただきました。

※Mさんについての詳細は以下の記事で
https://mg.runtrip.jp/archives/24113

M高史「川内さんにはMGCを荒らしに来てほしい」

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
©2018 Shuhei Kurashima
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
次の東京五輪へ向けて、日本マラソン界では若い選手が活躍しています。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)という新たな陸連の選考システムも注目を集めていますが、こちらについてどのような意見をお持ちですか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
本番を想定して行われるということで、やはり「暑さ」と「プレッシャー」をどうコントロールできるか。そこがかなり重要かなと思います。実力はあるけど本番で力を出し切れるか、調子をそこに持っていけるか、そういう能力が問われるのかなと。そんな選手が、もしかしたら……もしか設楽……。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
もしか設楽あるかもね!(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
ではMさんは、MGCはメンタルを制した選手が勝つと。萩原さんはいかがですか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
そうですね、僕も同じような意見を持っていて、一発選考なので〝速い選手〟よりも〝強い選手〟が勝つだろうなと。だから設楽悠太選手が順当に勝ち取ってくれるんじゃないかなと思いますね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
この1年間はメチャクチャ強かったですよね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
海外でも好成績を収めていますからね。瀬古利彦さん(日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)は「海外のレースにどんどん出て、世界と戦ってこい」とMGC獲得者に言っているそうですが、多分そういう事なんじゃないかなと思います。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
あとは、川内選手がどう荒らしに来るかですね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
そこはどうなんですか? やはり川内選手は(MGCに)出るんですか?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
川内優輝さんは独特の考えをお持ちで、オリンピックや世界選手権がすべてではない、という考えなんです。どちらかというと、世界各地のマラソンレースに出たい、生涯を楽しみたいという方。今日(3月26日)も発表がありましたけど、フルマラソン2時間20分切りの回数(78回)がギネス記録認定ということで、今後も更新していくのではないかなと。久喜マラソン(3月25日)もパンダの格好で70分切りですからね(笑)。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
やばいですよね。人間じゃないよ(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
しかも、その前日に平成国際大の競技会で5000m3本走っているというね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
価値観が違いますよね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
でも、何だかんだ言って川内さんはMGC走られると思いますし、大いにレースを荒らしに来るんじゃないかなと思います。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
出てほしいですよね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
©2018 Shuhei Kurashima
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
例えばスローペースになってしまった時に、ダメ元でレースを荒らしにいくのも、もしかしたら……(萩原さんを向きながら)ひょっと設楽いるかも。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
どっちのことなのか、ややこしい!(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
川内さんは東京五輪に「出ない」と言っているじゃないですか。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
「東京は暑いから無理だ」と。でもその次(2024年パリ大会)はそこまで暑くならないから出るらしいです。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
あっ、暑いから出ないんだ。年齢的なことじゃないんですね!
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
だから2019年の世界陸上ドーハ大会も「暑いから出ない」と。スキージャンプの葛西紀明選手が40歳を過ぎても活躍されていることから、「自分も40歳を過ぎてもサブテン狙う」とおっしゃっていました。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
すごいですよね。こういうのを本人から聞いているのが羨ましいです。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
いや、これは弟さんから聞いたんですけどね(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
萩原さんも設楽啓太さん(日立物流/設楽悠太選手の双子の兄)経由で情報収集することが今後あるかもしれないですよ(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
そうですよね、ぜひ仲良くなりたいですけど……。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
大森
ちなみに、ご本人と会われたことあります?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
ないです。やっぱりこの格好で会いに行きたいですね。
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
どこに?
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
萩原さん
(Hondaの所在地)狭山まで(笑)
「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
Mさん
でも、MGCも楽しみですよね。順当にいけば、大迫傑選手(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)、設楽悠太選手、井上大仁選手(MHPS)が今のところ強いのかなと。東京マラソンでも、あの先頭集団に付いて行けたというのが、他の選手との実力差を物語っていますよね。

後編へ続く

プロフィール

M高史(ものまねアスリート芸人)

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
©2018 Shuhei Kurashima

中学・高校は陸上部(長距離)に所属し、駒澤大学陸上競技部では駅伝主務として選手をサポート。卒業後は知的障がい者施設の支援員として約5年間勤務した。2011年12月より「ものまねアスリート芸人」へ転身し、〝公務員ランナー・川内優輝選手のそっくりさん〟として注目を集める。現在は東京マラソン財団スポーツレガシー事業チャリティ・アンバサダー、東京マラソンウィーク宣伝部長、「NPO法人アトリエ言の葉」理事長と、幾多の役職を兼務している。夢は東京パラリンピック・マラソンでガイドランナーを務めること。

萩原拓也(お笑いコンビ・ポップライン)

「“陸上界のいま”は設楽悠太・川内優輝にはどう映るか、そっくりさんが語る」の画像
©2018 Shuhei Kurashima

中学から陸上競技(長距離)を始め、大学では神奈川大学陸上競技部に4年間所属。箱根駅伝出場は叶わなかったが、10000mは29分48秒、ハーフマラソンは66分28秒という自己ベストを持つ。卒業後は2年間の役者生活を経てお笑い芸人へ転身。主な実績としては『キングオブコント』準々決勝進出、日テレ『PON!』出演、NHKラジオ『サンドウィッチマン天使のつくり笑い』出演など。2018年2月の東京マラソンの結果を受け、設楽悠太選手のものまねを開始。駅伝ファンを中心に密かなブレークを果たしている。

松永貴允が執筆した記事

関連記事