リハビリのつもりが250km完走…… 元テニスプレーヤーが超長距離レースに目覚めるまで

「リハビリのつもりが250km完走…… 元テニスプレーヤーが超長距離レースに目覚めるまで」の画像
Pocket

11月半ば、六本木のインドレストラン。

貸し切りとなったこの夜、店内は一人の男性を輪の中心に据え、活気づいていました。

インド料理が並んだテーブルには雄大な風景を捉えた写真が添えられています。それらはすべて、インド、ネパール地域をはじめとした遠征の最中に、彼が撮影したものです。

「リハビリのつもりが250km完走…… 元テニスプレーヤーが超長距離レースに目覚めるまで」の画像
Photo by Naoto Yoshida

佐藤良一さん(56)。重度のヘルニアと遺伝性の心疾患を抱え、ICD(植え込み型除細動器)を体内に埋め込みながら、今も国内外のレースを走ります。この日は、佐藤さんの著書『なぜ走る』の出版記念パーティでした。ランニングと並行して続けるテニスコーチ業の仲間や、ギリシャで開催されるウルトラマラソン『スパルタスロン』出場時の同士など様々なバックグラウンドを持つ人々が詰めかけました。

佐藤さんの生い立ちを振り返りつつ進行していく同著には、いじめに苦しんだ小中学生時代、テニスに明け暮れた学生時代、ランニングに目覚め、国内外の超長距離レースに取り組んでいくさまや、心疾患との闘いと〝つきあい〟が描写されています。

まずは、佐藤さんの主要レース歴を見てみましょう。

1991年:ホノルルマラソン完走(初フルマラソン)
2000年:サハラマラソン完走、スパルタスロン初出場
2001年:スパルタスロン初完走
2003年:東海道ジャーニーラン537km3位(日本橋〜京都三条大橋)
2005年:24時間走アジア選手権7位(台湾)、24時間走世界選手権19位(オーストリア)
2006年:24時間走世界選手権オープンの部3位(台湾)、さくら道国際ネイチャーラン7位(名古屋〜金沢)、24時間走ジャパンカップ準優勝、24時間走日米大会代表(米国)
2007年:24時間走世界選手権オープンの部優勝(カナダ)、スパルタスロン10位(ギリシャ)
2009年:プーケット国際マラソン7位(タイ)
2011、12年:アンナプルナ70km完走(ネパール)
2011、13年:クラブウルトラ70km優勝(高知)
2013年:ムスタンマウンテントレイルレース280km完走(インド)、ラ・ウルトラ-ザ・ハイ222km完走(インド・ラダック地方)

さくら道国際ネイチャーラン250km完走4回(出場5回)
萩往還250km完走6回(出場7回)
スパルタスロン246.8km完走8回(出場14回)
24時間走16回参加(最長237.374km)
ウルトラマラソン完走85回(2017年1月時点)

※出典:『なぜ走る』佐藤良一著

「リハビリのつもりが250km完走…… 元テニスプレーヤーが超長距離レースに目覚めるまで」の画像
Photo by Naoto Yoshida

ここまで書けば、一般的なランニングの領域からは突出したランナーであることがわかります。加えて、重度のヘルニアと診断を受けたのが1990年。遺伝性の心疾患が本格的に表面化し、ICDを移植したのが2013年。レース戦歴と照合すると、フルマラソン完走(91年)、ムスタン、ラダックのロングトレイル完走(13年)と重なっています。常識的には考えがたいこのランニングへの意欲はいかにして生まれ、育まれたのか、そして、これからの夢とは。佐藤さんへのインタビューを3回に分けてお送りします。

〝保存療法〟で始めたラン

「なぜ走るのか?」

走る人、特にシリアスランナーの多くが受ける問いかもしれませんが、答えはランナーの数だけあります。健康維持から達成感の渇望まで理由は様々でしょう。これが「〝人は〟なぜ走るのか? 」という問いになると、更に根源的になります。走るという行為について追求した多くの書籍も存在しています。

その中で、佐藤さんが走り始めた最初の理由は、ひと言で言えば〝改善の為〟でした。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

吉田直人が執筆した記事

関連記事