新しい水分補給のカタチ「ポカリスエットゼリー」

「新しい水分補給のカタチ「ポカリスエットゼリー」」の画像
Pocket

人は知らない間に水分を失っていることが多い話を耳にされたことがある方は多いのではないでしょうか。ランニングの前の水分補給が重要なことを理解していても、実際に水分補給を行っていないという事実があります。

その理由として、脇腹が痛くなってしまいそう、お腹がタポタポしてしまいそうといった不安が存在しているそうです。

しかし、水分が失われている状態で走ると、強い喉の渇きを感じて頭がぼんやりしたり、強度の疲労や頭痛を感じてしまうことも。これからの季節、脱水症状によるこれらを我慢せずに楽しくランニングをするためにも、「ゼリーを食べる」ことで水分補給ができるポカリスエットゼリーをご紹介します。

「新しい水分補給のカタチ「ポカリスエットゼリー」」の画像

身体の水分は何からできているの?

身体の水分は水だけではなく、ナトリウムなどのさまざまな電解質が含まれていて、汗がしょっぱいのはこのためです。大量の汗をかくことで水分と一緒にナトリウムも失うので、身体の中のイオンバランスが崩れてしまい、ランニングなどのスポーツはおろか、健やかな生活を送ることさえできなくなってしまいます。

ポカリスエットは、体液に近いイオンバランスの飲料なので、汗をかくなどして失われた水分やナトリウムなどのイオン(電解質)をスムーズに補給して、身体をやさしくうるおすことができるのです。

身体の水分が失われると、どうなるの?

スポーツや炎天下で仕事をしているときなど、私たちはたくさんの汗をかいていますよね。

汗は、乾いていくときに身体の表面の熱を奪うので、上昇した体温を下げる働きをしています。体温調節は汗の大切な働き。なので、たくさんの汗をかいて身体の水分を失ってしまうと、体温を下げることができなくなり、クルマでいえば”オーバーヒート”のような状態になってしまうのです。

身体の中の水分が3%失われると、強いノドの渇き・ぼんやり・食欲不振などの症状がおこり、4〜5%失われると、疲労感・頭痛・めまいなどの脱水症状があらわれます。そして、10%以上失われると、死にいたることも。

昔は「運動中には、水分を摂ってはいけない」といわれていました。しかし、水分補給の重要性が認識されるようになった現在では、スポーツ中の積極的な水分補給が勧められています。水分補給を十分行うことで、運動パフォーマンスが維持できたという試験結果もあります。

とはいえ、汗をかいたときの水分補給にはただの”水”でいいのでしょうか?

前述したとおり、汗として身体から失われる水分はただの”水”ではありません。ナトリウムやカリウムなどの、”イオン(電解質)”を含んだ水分です。

汗をたくさんかいたときに水だけを飲むと、体液が薄まるのを防ぐために、脱水から回復していないにも関わらずノドの渇きがおさまってしまったり、尿の量が増えたりすることがあるため、汗をかいたときの飲みものとして、体液に近いイオンバランスを持ったドリングが良いとされています。

大量に汗をかくトレイルランニングで食べてみました

アップダウンコースであるトレイルランニングでは、ロードを走るよりも大量の汗を掻き、体内の水分を失います。心拍数が上がり、強い喉の渇きを感じるものの、ドリングを摂取すると身体の上下運動でお腹がチャプチャプと鳴る音が聞こえやすいのも特徴。

そんな時にオススメなのがポカリスエットゼリーです。

水分と電解質のバランスが良いので体内がしっかり潤いながらも、すっきりした後味で飲みやすく、ゼリー状になっているため小腹も満たされる一石三鳥。さらに携帯しやすいパッケージで走っていても邪魔になることはありません。

「新しい水分補給のカタチ「ポカリスエットゼリー」」の画像

山頂で美味しくゼリーを食べた後に、一気にコースを下りましたが、お腹がチャポチャポと音を立てることはなく、横腹も痛くなることはありませんでした!これなら、運動前に摂取しても大丈夫そうです。

今回走ったのは高尾山。高尾山口駅に併設されている売店で、ポカリスエットゼリーを見つけました!トレイルランニングだけでなく、登山客の皆さんにも人気のようです。

「新しい水分補給のカタチ「ポカリスエットゼリー」」の画像

様々なゼリーが発売されていますが、目的と用途によって使い分けられる選択肢があることはありがたいですね。ビタミンやミネラル、エネルギー補給をするゼリーとは違い、水分補給にフォーカスされたポカリスエットゼリー。これからの季節のランニングのお供に、ぜひ試してみてくださいね!

「新しい水分補給のカタチ「ポカリスエットゼリー」」の画像
Pocket

北川 麻利奈が執筆した記事

関連記事