トレイルランニング

“あぁ、山があってよかった……”ある女子学生が見つけたトレイルランの魅力【その2】

こんにちは。高尾山の近くに住んでいる学生、kirinohanaです。3年前から朝に山を走り始め、今では毎朝の習慣になっています。 山を走り始めたころのわたしは『トレイルランニング』という言葉があることすら知りませんでした。"近所にちょうどいい山道があったから"なんとなく山を走り

2018年4月22日

“気がついたら山を走っていた……”ある女子学生が見つけたトレイルランの魅力【その1】

こんにちは。高尾山の近くに住んでいるkiri_no_hanaです。3年前から朝に山を走っていて、今では毎朝の習慣になっています。季節ごとに変わる山の表情を眺めながら、朝の山をのんびり走ることが大好きです。山は今、春の喜びにあふれ、次々と新しい草花が顔を出しています。 山で見

2018年4月6日

走力よりもマウンテンスキルが必要? 西日本初開催「OMM LITE BIKE」、7月には長野県開催へ

1968年からイギリスで毎年開催されているレース「OMM(Original Mountain Marathon)」。世界でもっとも古い2日間の山岳マラソンレースで、あえて気候条件の厳しい時期に開催されることが特徴。 また、レースに必要な装備は全て自分のバックパックに入れて行動。

2018年3月24日

世界最高峰のウルトラランナーと共同開発!SALOMON最新のトレランシューズ

世界的なウルトラレースである UTMB を 2 度、そして Grand Raid de la Réunion を 3 度征した、世界最高峰のウルトラランナー「フランソワ・デンヌ」と共同開発したトレイルランニングシューズ「S/LABULTRA(S/LAB ウルトラ)」がサロモン直営

2018年3月20日

外で走る練習にこだわらない!! 屋内でできる“こそ練”で能力UP!! 【トレイル女子ランあいうえお】

インストラクターの浦谷です。 冬場のレースも佳境ですね。走ってばかりで脚に負担がかかりすぎていませんか? 今回はそんなランナーの皆さまの強い味方。レースとレースの間や強度の高い練習の合間の走らないトレーニングをご紹介します。 レースやイベントなどでトレイルランやマラソンをし

2018年2月27日

寒い冬は“自宅で差”をつけよう!! 足腰トレーニング3種目【トレイル女子ランあいうえお】

インストラクターの浦谷です。 毎朝ベッドから出たくないほど冷え込む日が続いていますが、身体は動かさないほど筋力は落ち血液循環が悪くなります。 そうなると冷えや倦怠感が感じられ、輪をかけて動くことが億劫になってくるのです。 寒い時こそ活動的に!体が温まると気分もすっきりします

2018年2月6日

「富士山」と「トレイルラン」“冬の箱根 ″ の魅力を再発見!!

行楽シーズンといえば、夏・秋と思いがちですが・・・実は箱根の“冬” に注目が集まっています。 箱根の1月~2月は一年で最も天気がくずれにくい季節です。だから冬の箱根は”あるもの”を楽しめると、訪れる人々が増えています。それは「富士山」と「トレイルラン」。 インスタグラムにもたび

2018年1月15日

多くのトレイルランナーが惚れ込む「伊豆トレイルジャーニー」の魅力②【トレイル女子ランあいうえお】

こんにちは、インストラクターの浦谷です。 2回に分けてお届けする、伊豆トレイルジャーニー(ITJ)の魅力。後半は、全身で味わった全長71.7km レースを振り返ります。 前回の記事はこちらからご覧ください。 大会当日 早朝4時半、宿近くのバス停から指定時刻に出る臨時バスに乗

2018年1月4日

多くのトレイルランナーが惚れ込む「伊豆トレイルジャーニー」の魅力【トレイル女子ランあいうえお】

こんにちは、インストラクターの浦谷です。 12/10(日)に開催された伊豆トレイルジャーニー(ITJ)に参加してきました。 全国津々浦々あるトレイルランレースのなかで、一際心打たれるそのレースのコンセプトは"新しい伊豆の旅の創造"。 先立って大会の概要をご紹介します。 大

2017年12月29日

ヒマラヤ踏破を足がかりに最大の目標へ! 縁に従い動き続けるウルトラランナーの夢とは

「棺桶に入る時は、笑っていたい」 幼い頃の佐藤良一さんが、作文に書き残した言葉です。 「家族、親戚は一流のサラリーマンでしたが、自分も同じ様に過ごすのは嫌だと思っていました。安定して変化がなく、つまらなそうに働いている様に見えたんです。家族の為に働いているわけで、仕事というの

2017年12月10日
1 / 3123