2016年10月21日

仲間と一緒に走るよりは一人で走った方がいい? 「脳機能」について専門家が解説

「仲間と一緒に走るよりは一人で走った方がいい? 「脳機能」について専門家が解説」の画像
Pocket

「仲間と一緒に走るよりは一人で走った方がいい? 「脳機能」について専門家が解説」の画像

仕事のできる人や、会社の経営者にランナーが多いといった話を聞いたことがあるかと思います。エグゼクティブだからランニングをするのか、それとも、ランニングをするからエグゼクティブに近づけるのか。今回は、そんなランニングの“隠れた効果”について触れてみたいと思います。

脳科学とリハビリテーションの分野の研究を行い、現在は、運動の視点から脳を鍛える、脳を若返らせることをテーマに活動をしている、書籍『走れば脳は強くなる』の著者・重森健太さん。

そんな重森さんが、「ランニングを一人で走る時と、団体で走る時の脳機能の違い」について同書で解説をしています。そもそも、皆さんは走る時は一人ですか? それとも、複数の仲間と一緒に走っていますか?

複数の仲間と走っていると会話が続いて楽しいので、いつもより距離が短く感じることもあるのでは。しかし、脳機能を高めるという点では、ランニングは一人で走った方が良いようです。

何よりの違いは、「ペース」にあるようです。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

関連記事

ワニの左手が執筆した記事

Runtrip via Hakubavalley