2016年8月19日

ランニング中の意識は“内向き”“外向き”どっちがいい?  プロスポーツメンタルコンサルタントが解説

「ランニング中の意識は“内向き”“外向き”どっちがいい?  プロスポーツメンタルコンサルタントが解説」の画像
Pocket

「ランニング中の意識は“内向き”“外向き”どっちがいい?  プロスポーツメンタルコンサルタントが解説」の画像
皆さんはランニングをしている時に何を考えていますか?

私の例で恐縮ですが、調子の良い時は、「良いランニングのイメージ」が思い浮かび、足の運びが軽くなります。逆に、「今日は調子が良くないな……」という時は、「1km走るのに6分以上かかっている」「目標距離まで残り14kmかぁ……」など、ネガティブな考えに引っ張られてしまいます。時間や距離にしばられていくと、なかなか良い走りができませんよね。

仕事でもスポーツでも何でもそうですが、メンタルの善し悪しがパフォーマンスに影響することがあります。特にマラソンは長距離・長時間と体力の求められる競技ですので、メンタルの置きどころが大切と言えるでしょう。実際のレースでも、他のランナーとの駆け引きをするシーンもありますよね。

作新学院大学准教授で、プロスポーツメンタルコンサルタントの笠原彰さんは、自著『誰でもできるスポーツメンタルトレーニング』の中で、長距離種目に求められるテクニックを紹介しています。

「ランニング中の意識は“内向き”“外向き”どっちがいい?  プロスポーツメンタルコンサルタントが解説」の画像

プロはどのようなことを大切にしているのでしょう。代表的なものは下記の3点。

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

ワニの左手が執筆した記事

関連記事