【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月

ランニングシューズを探しているけど「いろいろな種類があって、新しい商品もたくさん出てくるのでどれを選べばいいの? 」。そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこでRuntrip Magazineでは、ランニングシューズ選びのプロであるスポーツショップの店員さんに「今、オススメしたいランニングシューズを最大2つまで教えてください」とインタビューを実施。各ブランドごとにまとめました。

今回の記事では、オンのランニングシューズをご紹介します。普段からランニングを楽しんでいるランナーのみなさんも、これから走りたいというみなさんも、ぜひランニングシューズ選びの際の参考にしてみてください。

まずご紹介するのは、こちらのランニングシューズです。

Cloud X

まずは、スーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店 上村さんがオススメする『Cloud X』です。

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
出典: on-running.com

順応性の高い、どこでも使える軽量シューズ。スポーツをミックスしたワークアウトやショートランにオススメ。Cloud XのCloudTec®ソールは、あらゆる方向への激しい動きにも対応。ゼログラビティーフォームが重量を最小限に抑え、無駄なく設計されたヒールキャップは足に余計な負担をかけず、かかとをしっかり安定させてくれます。インソールの二重高密度で作られたソックライナー、シームレスなシュータンは強度に優れ、アッパーには特殊メッシュを採用。軽くて通気性が良く、自由自在な動きをサポートします。激しいワークアウト中も、足はクール。反射材は暗いところでも被視認性を向上します。オールラウンドで、アクティブなライフスタイルを送る人のためのトレーニングシューズです。
スーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店 上村

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
最高に軽くて、クッションの効いたシューズをはいて、快適にあなたのランをリミックス

Cloud

次は、アートスポーツ本店 佐々木さんがオススメする『Cloud』です。

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
出典: on-running.com

Onを代表する人気シューズ。On独自のクッション材CloudTec®は垂直方向、水平方向両方にクッション性を発揮。筋振動を防ぐことにより、ふくらはぎへの衝撃を和らげ、より長くランニングを楽しめます。シューズの前足部が非常に柔らかく、足と一体化しているような履き心地。ゴム素材のシューレースを使用しているので結ぶ必要がなく、シューズの着脱が簡単。心地良いフィット感を味わえます(シューレースも付いてきます)。まるで雲の上を走っているかのような気持ち良さ。これからランニングを始める方から走り込みをしたいベテランランナーまで、あらゆるランナーにオススメしたい一足です。
アートスポーツ本店 佐々木

Cloudstratus

続いては、スーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店 上村さんがオススメする『Cloudstratus』です。

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
出典: on-running.com

 最高のクッショニングを発揮しながらもレスポンスに優れ、スピードを抑え込まずにサポート力を発揮します。On史上初の2層構造のCloudTec®がこれまで以上に垂直方向と水平方向のクッショニングを高めます。きっと、いつもの2倍遠くまで走りたくなるはず。シューズ重量は305gとかなりヘビー級ですが、履いてみると重さは感じません。多目的トレーニングシューズとして重宝する1足です。
スーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店 上村

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
最高のクッショニングを発揮しながらもレスポンスに優れ、スピードを抑え込まずにサポート力を発揮

Cloudswift

こちらも、スーパースポーツゼビオ渋谷公園通り店 上村さんがオススメする『Cloudstratus』です。

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
出典: on-running.com

Onが開発したクッション性に優れた新素材へリオンを使用したシューズ。路面からの衝撃をしっかり受けとめるソールは安定感があり、カカトと前足部が反り返っている船底型の形状で重心移動がスムーズにできます。幅はOnの中ではやや広め。フルマラソンなど長い距離を走るランニングにオススメ。アッパーとシュータンが一体型で、足を全方位に優しく包み込むシューズです。
アートスポーツ本店 佐々木

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
Onが開発したクッション性に優れた新素材へリオンを使用したシューズ。

オンのランニングシューズをお探しの方は、ぜひスポーツショップの店員さんのアドバイスを参考に買い物を楽しんでください。

オンのランニングシューズを他にもご紹介

オンからは上記3モデル以外にもおすすめのモデルが発売されています。そのうち、以下では2つのモデルをご紹介します。

Cloudflow

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
出典: on-running.com

Cloudflowの特徴は心地のよい反発性にあります。店員おすすめの『Cloudswift』から採用されたミッドソール素材『Helion™(ヘリオン)』を踵部に採用。18箇所のクラウドピースが集まったオンの特許技術『CloudTec®』構造により、着地と反発で弾けるような感覚を味わえます。さらに、ミッドソールとアッパーの間に位置する『スピードボード』という樹脂製プレートによるしなりが蹴り出しまでのリズム感を演出。

軽量シューズであり、特にテンポアップランにおすすめです。シューズアドバイザーによる詳しい解説もチェックしてみてください。

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
軽量かつ、クッション性と反発性のバランスに優れた万能モデル。
「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
軽量かつ、クッション性と反発性のバランスに優れた万能モデル。

Cloudflyer

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
出典: on-running.com

クラウドフライヤーはオンのランニングシューズのなかでもクッション性と安定感に特徴があります。300グラムを切る軽量性がありながら、着地から蹴り出しまで安定してサポートしてくれます。よって、エリートランナーからビギナーランナーまで幅広いランナーにおすすめの一足です。

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
ランニングにさらなるクッション性と安定感を与えるクラウドフライヤー。300gを大幅に切る軽量性、それでいて信じられないほどの安定感、そして極めて高いクッション性を両立。

オン・2020年最新シューズ情報

7月16日より、オンの新しいモデル『Cloudboom』が発売開始となりました。

Cloudboom

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像

「オン史上最速のレーシングシューズ」として打ち出されているように、トップアスリートの知見も踏まえフルマラソンなどの長距離レースに対応できる仕上がりになっています。オンの特許技術『CloudTec®』システムのソール形状をミッドソールに交互に配置した『Twin CloudTec®』が搭載され、抜群のクッション性と快適性を実現。さらに、カーボンファイバー入りの足型プレート『Speedboard®』が『Twin CloudTec®』の間に内蔵されることで、爆発的な蹴り出しにつながります。

まさに、自己ベストを追い求めたいランナーにとってうってつけのシューズといえるでしょう。詳細なレビュー記事も併せてチェックしてみてください。

「【オン】スポーツショップ店員が“イマ”おすすめするランニングシューズまとめ | 2020年4月」の画像
On史上最速のマラソンレーシングシューズ。カーボンファイバー内蔵のSpeedboard™で驚異的な推進力を提供。

関連記事

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY