50歳ランナーがマンモス・レイクスで高地トレーニングをした結果

8月の初旬、ぼくはマンモス・レイクス(Mammoth Lakes)にいた。カリフォルニアの北側、ヨセミテ国立公園から1時間ほどの距離にある、この山岳リゾートを夏に訪れるのは3年連続になる。目的は、息子が所属する高校クロスカントリー走部が毎年行う恒例の夏合宿に参加することだ。なぜ50歳を過ぎたぼくが高校生ランナーと一緒に山を走るのかについては、昨年の記事に詳しく書いた。

「50歳ランナーがマンモス・レイクスで高地トレーニングをした結果」の画像
合宿に参加した若きランナーたち。若くないのも交じっているけど、コーチや保護者たちだ。

この合宿は1週間で、高校生ランナーたちはキャンプ場でテント生活だ。朝にメインの練習があり、午後は山歩きをする。ベースとなるキャンプ場は標高2400メートル。高地トレーニングで知られるコロラド州ボルダー(高橋尚子さんが滞在した)やアリゾナ州フラッグスタッフ(日本代表水泳チームが合宿をする)よりも高い位置にある。酸素は薄く、しかもこの季節は極度に乾燥していて(湿度20~25%)、少し走ると胸が痛くなるほどだ。他にもたくさんの高校や大学の学生ランナーたちがこの地で合宿をしている。

「50歳ランナーがマンモス・レイクスで高地トレーニングをした結果」の画像
“レイクス”の1つ、Lake Mary

息子が所属するのは、昨年カリフォルニア全体で団体6位に入賞した強豪チームだ。100人以上いる部員の中から選ばれた30人だけがこの強化合宿に参加する。だから、彼らは皆が皆、ぼくから見ると、かなりの実力を持ったランナーたちだ。男子だと5キロを14~16分で走り、女子でもほぼ全員が20分を切る。そもそも、ぼくのような素人中高年ランナーがついていけるレベルではないのだ。

当然のごとく、ぼくはいつも最後尾のランナーから、さらに大幅に遅れるのだけど、何はともあれ彼らと同じ距離を走る。昨年は7日間全ての練習コースを完走した。今年もまたそのつもりだった。彼らにとって、この合宿はあくまでも本格的なシーズンに入る前の練習なのだが、ぼくはこの合宿で彼らについていくことを目標にして1年間トレーニングしてきたと言っても過言ではない。飽きっぽいわりには妙にしつこいところがある性格なのだけど、ぼくがこの夏合宿にここまでこだわるのは、ある苦い思い出が背景にある。

   
角谷剛が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「COLUMN」の新着記事

CATEGORY