“アメリカのリビエラ” を巡るラントリップ。一味違うロサンゼルス近郊の街

「“アメリカのリビエラ” を巡るラントリップ。一味違うロサンゼルス近郊の街」の画像

ロサンゼルス(LA)と言えば、ハリウッドやディズニーランドなどの賑やかな観光地を思い浮かべる人は多いだろう。それはなにも日本のツーリストに限った話ではない。少し古くなるが、シェリル・クロウの93年のヒット曲『All I Wanna Do』は“ This ain’t no disco It ain’t no country club either This is LA! “(ディスコでもカントリークラブでもない。ここはLA!)と言うフレーズで始まるし、それよりさらに10年前の1983年には、ロサンゼルスはこんなに楽しいぜ! と繰り返しているだけの陽気で騒がしいご当地ソング『I Love L.A.』なんて曲がかなり流行った。

どちらにしても30年とか40年ぐらい前の話なのだけど、そんなに昔の曲だったっけ。せいぜい10年くらい前の曲なんじゃないの? って思ってしまうのは明らかにトシのせいだとわかってはいるが、それは今回の本題ではない。ロサンゼルスとは、昔からアメリカの中でも賑やかな場所だってイメージがあるし、今でもそれは基本的には変わっていないのだと言いたいのだ。

ところが、そのロサンゼルスから北へ車で1時間ほど走ると、周囲は美しい海岸と古い街並みの落ち着いた雰囲気に一変する。その中心になるサンタバーバラ付近は、“アメリカのリビエラ”と呼ばれているくらいだ。そこから海岸線を北上すると、サンルイス・オビスポ、モロ・ベイなど、さらに静かで落ち着いた海沿いの街々を巡ることができる。目玉になるような観光名所はないし、特にエキサイティングでもスリリングでもない。こう言っちゃなんだけど、ガキの来るところではない。それでも1、2泊ぐらいで小旅行をするには最高の場所だとぼくは思っている。

「“アメリカのリビエラ” を巡るラントリップ。一味違うロサンゼルス近郊の街」の画像
サンタバーバラ近くの海岸。静かで好ましいと見るか、寂しいと見るかは、あなた次第だ。

きっかけはマラソン。ラントリップは意外な場所へ導いてくれる。

ぼくが長年住んでいるのは、ロサンゼルスの南側にあるオレンジ・カウンティーなので、反対側にあるサンタバーバラに縁がなかった。わざわざ出かける理由もなかったし、仕事などの用事もなかった。そもそも静かで落ち着いたオシャレな街というコンセプトは、ぼくの元来のキャラにも合わない。

だが、このサンタバーバラでは、カリフォルニア州全体でも指折りの長い歴史をもつマラソン・レースが毎年開かれていて、そのことがぼくをこの街へ誘う理由になった。もし、レースに出るという動機がなければ、ぼくがサンタバーバラに来ることは一生なかったかもしれない。

ランニングを趣味にしていることで良いことはたくさんあるけど、思いもかけなかった土地に出かけるキッカケになることもその1つだろう。ただレースに出るだけではなく、観光もセットにすると、旅行の楽しみは2倍にも3倍にもなる。そうじゃなかったら、ホノルル・マラソンがあんなに人気が出るわけはない。

ただし、旅行の常として、いつも楽しいことばかりが起こるとは限らない。トラブルがあってこその旅なのだし、それが非日常というものだ。知らない土地に出かけていって、わざわざ走ることを加えるわけだから、トラブルが生じる可能性だって倍以上になる。

そして往々にして、後日になって振り返る旅の思い出は、レースの出来に左右される。あるいは、レースの印象は旅の良し悪しによって左右される。レースでは自己新記録を更新したし、周りの景色も人も最高でした。そんな話だったら言うことはないのだけど、いつもそんな風にすべてが上手くいくほど世の中は甘くない。ぼくにとってのサンタバーバラもその例外ではない。

「“アメリカのリビエラ” を巡るラントリップ。一味違うロサンゼルス近郊の街」の画像
サンタバーバラは海と山に囲まれている
   
角谷剛が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「COLUMN」の新着記事

CATEGORY