セドナに行くつもりがフラッグスタッフを走っていた話。アリゾナ州でのラントリップ 

「セドナに行くつもりがフラッグスタッフを走っていた話。アリゾナ州でのラントリップ 」の画像

前回の続きである。ぼくの住んでいる南カリフォルニアからアリゾナへの1人ドライブ旅行とランの話だ。

ロサンゼルス・エンゼルスの春季キャンプ施設を走るという、野球ファン以外には興味がないだろうけど、ぼくにとっては長年の念願をかなえた翌朝、フェニックスからインターステート17を北上した。向かった先は癒しスポットとして最近日本でも人気が高い観光地セドナ、のはずだった。

セドナはフェニックスから200キロほどしか離れていないが、ほぼ砂漠のようなアリゾナ州南部からは風景が一変する。レッドロックと呼ばれる奇岩と緑が織りなす雄大な景色とボルテックスと呼ばれるパワースポットが何箇所もあることで有名だ。毎年2月に行われるセドナ・マラソンは『全米一、風光明媚なマラソン・コース』をキャッチフレーズにしていて、大会ホームページには本当に息を呑むほど美しいコース写真が紹介されている。いつかは走ってみたいと思うレースの1つだ。

「セドナに行くつもりがフラッグスタッフを走っていた話。アリゾナ州でのラントリップ 」の画像

初めての場所に行くとき、ぼくはあまりガイド情報みたいなものを熱心に集めるタイプではない。いきあたりばったりでその時の気分に合わせて旅をするのが好きだ。だけど今回は翌日に予定が入っていて、セドナに滞在できるのはせいぜい半日ぐらいしか時間がなかった。セドナには数えきれないほど多くのトレイルがある(らしい)。そのどれでもいいけど、現地に着いてから探していては、それだけで時間が過ぎてしまう恐れがあった。

だから前日にインターネットでセドナのトレイル情報を調べて、あらかじめ走るコースを決めていた。ぼくの車にはカーナビがないのだけど、スマホのグーグルマップに行先を入力しておいた。賢明な判断だ。だけどセドナに近づくにつれ、スマホのバッテリーが減ってきた。車内で充電すればいいのだが、充電ケーブルはトランクの中だった。愚かなミスだ。

仕方がないので高速道路から降りて、スターバックスに入った。ちょうどコーヒーも飲みたかったし、スマホの充電も出来る。高速道路の表示で、既にセドナ近辺まで来ていることはわかっていた。そうでなくても、周りは写真で見た通りの風景に囲まれていた。

どうやら、ぼくは高速道路から降りるべき出口を通り過ぎていたようだった。グーグルマップの新たな指示によると、今来た道を10分ほど引き返し、それから山間部を30分ほどのドライブで目的地に到着するということだった。

関連記事

角谷剛が執筆した記事