プーマ『フューズフィット』で目立ちたい!! 無数のシューレースを通す穴がある画期的デザイン

みなさん、こんにちは。シューズアドバイザー 藤原です。

今回はプーマ『フューズフィット(FUSEFIT)』をご紹介しましょう!

「プーマ『フューズフィット』で目立ちたい!! 無数のシューレースを通す穴がある画期的デザイン」の画像
出典:プーマ公式オンラインストア

まずプーマのランニングシューズを整理しますと、100〜600のシリーズがあり、100、300がレーシングフラット(速いスピードか短い距離のレースで使用)、500がテンポアップラン(レースやペース走で使用)、600がトレーニングシューズ(デイリートレーナー)と、数字が増えるほどしっかりしたクッショニングモデルになります。

フューズフィットは、600シリーズに相当するクッショニングのデイリートレーナーモデルとお考えください。日常のジョギングやロング走、ウォーミングアップはもちろんのこと、少しテンポアップしたペースでも使えて、デザイン的にも普段使いできそうな、使用用途が幅広い対応力が高いモデルといえそうです。

さて、フューズフィットは何がすごいのか? 何故買いなのか……?

とにかく、アッパーを語らないわけにいかないでしょう。前回は『ネットフィット』というサッカーのゴールネットから着想したシューレースを提案したプーマ。アッパー上どこにでも紐が通せるという画期的なコンセプトの元に発売されたモデルが話題になりましたが、フューズフィットはその進化版といえるでしょう。

「プーマ『フューズフィット』で目立ちたい!! 無数のシューレースを通す穴がある画期的デザイン」の画像
出典:プーマ公式オンラインストア

ネットフィットは、理論上どこでも紐を通せるのはすごいですが、足の甲周りの部分でカスタマイズフィットができ、よりアドバンテージが出る状況ですので、今回のフューズフィットでは甲周りに集中して、無数のシューレースを通す穴(レースホール)があるデザインに変更されました。(写真参照)

「プーマ『フューズフィット』で目立ちたい!! 無数のシューレースを通す穴がある画期的デザイン」の画像

わたしも早速カスタマイズ。土踏まずにフィット感が欲しかったので、かなり下の、まさにミッドソールのすぐ上部あたりのホールを使って、深めに通してみました。なかなかフィットしますよ。

また逆に足の幅の部分がきつい方は、その部分のヒモを抜くといいでしょう。ヒモを通す穴の選択肢は無数にありますからね。

この『フューズフィット』は、「もっとフィットさせたい」「もっとここをルーズにしたい」などといった要望に、シューレースを有効に活用して期待に応えるという点で、画期的なアイディアだと思いますね。

そして、全体を覆うアッパー素材は『ニット』。最近の潮流である『シームレスアッパー』で、縫い目がなく足あたりがとてもいいです。フューズフィットシステムとしっかり連携して、良質のフィット感を演出してくれます。

ソールユニットは、EVAベースのクッションで、より反発性を高めたものになっているとのこと。ソール最上層は薄くプーマ『イグナイトフォーム』が引かれていて、これはポリウレタン素材で反発と安定感がある素材。ソール全体のクッションを支配している感じです。

「プーマ『フューズフィット』で目立ちたい!! 無数のシューレースを通す穴がある画期的デザイン」の画像

また、ソール裏側にはY字にプラスティックプレートが付いていて、足の内外の揺れをコントロールしてくれています。

「プーマ『フューズフィット』で目立ちたい!! 無数のシューレースを通す穴がある画期的デザイン」の画像

重量は決して軽いわけではないですが、逆に重量の制約がないモデルですので、デイリートレーナーとしての耐久性はお墨付き。最近では珍しいしっかりとしたラバーを使っています。これもまた他の製品と差別化する大きなポイントです。

プーマに興味を持たれた方は、まず一番使う頻度の多いデイリートレーナーの『フューズフィット』から是非お試しくださいね!

こちらも合わせてご覧ください。

藤原岳久が執筆した記事

関連記事