シカ遭遇もある奈良マラソンやNAHA・青島太平洋……6月エントリー開始のマラソン大会

「シカ遭遇もある奈良マラソンやNAHA・青島太平洋……6月エントリー開始のマラソン大会」の画像

紫陽花が咲き、いよいよ梅雨本番。雨が降って外で走れない日が続いてしまうこの季節。そんな日には、トレッドミルで走ったり、室内トレーニングをするのはいかがでしょうか。普段、筋力トレーニングがあまりできていない人はこの機会に始めるのもいいですね。

【トレッドミル・室内トレーニングに関する記事はこちら】

雨で思ったようにトレーニングができず、モチベーションが上がらない……。そんなとき、大会エントリーをするのもオススメ。 “大会に向けて頑張るぞ! ”とモチベーションを保つことができます。6月は11月下旬から12月上旬に開催されるマラソン大会のエントリーが始まります。大会当日まで約半年あるので、これからトレーニングを始める人も完走を目指すことができます。それでは、6月からエントリーが始まるマラソン大会をご紹介します。

これからエントリーが始まるマラソン大会

6/13(水)エントリー開始:奈良マラソン

「シカ遭遇もある奈良マラソンやNAHA・青島太平洋……6月エントリー開始のマラソン大会」の画像
奈良マラソン2018公式HPより出典

12/9(日)開催の奈良マラソン2018は、鴻ノ池陸上競技場をスタート・フィニッシュ地点として、興福寺、奈良公園、東大寺を通るコース。興福寺や東大寺は世界文化遺産『古都奈良の文化財』の一部で興福寺は法相宗(ほっそうしゅう)の大本山として知られています。他にも阿修羅像などの国宝や重要文化財を収蔵している国宝館、興福寺で最古の建物の三重塔、古都奈良を象徴する五重塔などがあります。東大寺は華厳宗大本山として知られ、大仏殿の大仏や南大門の仁王像は人気の観光スポット。急なアップダウンがいくつかあるので、最初の5kmの下りで「今日は調子良い!」と思っても飛ばしすぎないように注意しましょう。

奈良マラソンのエントリーは、Web申込が先着順、専用払込用紙による申込は抽選制。一般枠のWeb申込は6月13日(水)20時から、専用払込用紙による申込は6月13日(水)から6月27日(水)まで。毎年、Web申込はエントリー開始から30分前後で定員になるので、エントリー予定の方は今すぐ予定表に書き込んでおきましょう。奈良時代の雰囲気と歴史を感じながら走れる奈良マラソンにエントリーしてみてはいかがでしょうか。

【6/13(水)エントリー開始】『奈良マラソン』のエントリーはこちら

6/20(水)エントリー開始:青島太平洋マラソン

「シカ遭遇もある奈良マラソンやNAHA・青島太平洋……6月エントリー開始のマラソン大会」の画像
第32回青島太平洋マラソン2018公式HPより出典

12/9(日)開催の第32回青島太平洋マラソン2018は、KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園をスタート・フィニッシュ地点として、宮崎空港、宮崎神宮、トロピカルロードを走るコース。宮崎神宮は初代天皇の神武天皇が祀られている神社で東神苑には樹齢推定400年以上のオオシラフジがあります。大会の前後にお参りに行くのもですね。トロピカルロードは、KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園から青島までを結ぶ遊歩道。県内で合宿を行う陸上競技チームがロードトレーニングに利用するほど走りやすく、海沿いを快適に走ることができます。

青島太平洋マラソンのエントリーはWeb申込が先着順、郵便振替申込が抽選制です。エントリー期間はWeb申込が6月20日(水)20時から、郵便振替申込が6月20日(水)20時から7月3日(火)まで。今年から初マラソン”チャレンジ枠”が新設されます。全体的にフラットなコースですので、初マラソンに挑戦する方も、自己記録更新を狙う方もエントリーしてみてはいかがでしょうか。

【6/20(水)エントリー開始】『青島太平洋マラソン』のエントリーはこちら

すでにエントリーが始まっているマラソン大会

6/1(金)エントリー開始:福知山マラソン

「シカ遭遇もある奈良マラソンやNAHA・青島太平洋……6月エントリー開始のマラソン大会」の画像
第28回福知山マラソン公式HPより出典

11月23日(金・祝)開催の第28回福知山マラソンは、三段池公園をスタート・フィニッシュ地点として、福知山城や大江山連峰を眺めながら、福知山市内中心部と由良川沿いを走るコース。約3.5km地点の音無瀬橋(おとなせばし)を渡る際、左手奥に見える福知山城は、天正7年(1579年)に丹波を平定した明智光秀が、この地方にあった横山城を改築し、名付けた城。福知山市の指定文化財になっています。4㎞地点にある御霊神社には、明智光秀が祀られています。大江山連峰は、ブナの原生林が広がり、『酒呑童子(しゅてんどうじ)』をはじめとする鬼伝説が残る神秘的な山で、国定公園に指定されています。福知山マラソンが行われる秋は、雲海スポットとして人気。8合目にある鬼嶽稲荷神社から見渡す雲海は、乳白の中に山々が島のように浮かんで見えます。コースは全体的にフラットですが、最初の約1kmが下り、最後の約1kmが上り坂。41kmを走ってきた後の上り坂は最後の難関。ここで福知山マラソン名物の『応援KIDSランナー』が伴走してくれます。子供達と一緒に最後の力を振り絞ってフィニッシュを目指しましょう。

福知山マラソンのエントリーは先着順で、エントリー期間は6月1日(金)から。今年からフィニッシュ地点が変更され、最後の上り坂が短くなりました。走りやすくなった『新たな』福知山マラソンにエントリーしてみてはいかがでしょうか。

【6/1(金)エントリー開始】『福知山マラソン』のエントリーはこちら

6/4(月)エントリー開始:NAHAマラソン

「シカ遭遇もある奈良マラソンやNAHA・青島太平洋……6月エントリー開始のマラソン大会」の画像
第34回NAHAマラソン公式HPより出典

12/2(日)開催の第34回NAHAマラソンは、奥武山陸上競技場をスタート・フィニッシュ地点として、平和祈念公園、ひめゆりの塔、那覇空港を走るコース。平和祈念公園は、沖縄本島南部の『沖縄戦終焉の地』。糸満市摩文仁(まぶに)の丘陵を南に望む台地に建てられて、世界の恒久平和を祈念し、平和の情報を発信する機能を持つ場所。公園内には、沖縄戦の写真や遺品などを展示した平和祈念資料館、沖縄戦で亡くなった全ての人々の氏名を刻んだ平和の礎、戦没者の鎮魂と永遠の平和を祈る平和祈念像などがあります。コースは前半が上り、後半は下り。高低差が100mあるハードなコースではありますが、途切れることのない沿道声援に沖縄を感じることのできる私設エイドが人気の理由。 6-7km地点で毎年賑わう『YMCA』ゾーンも名物の一つ。今は亡き西城秀樹さんの名曲にのせたランナーの一体感が生まれるゾーン、今年も行われるのでしょうか。那覇市は12月でも気温が20度を超える日があるので、しっかり対策してから行きましょう。

NAHAマラソンのエントリーは抽選制で、インターネットでのエントリー期間は6月4日(月)9時から6月29日(金)まで。完走メダルは琉球ガラスで作られていて、色や形が毎年変わります。毎年応募数は定員超え。南国の風を感じながら、沖縄を駆け抜けましょう。

【6/4(月)エントリー開始】『NAHAマラソン』のエントリーはこちら

【その他6月上旬にエントリーが始まるマラソン大会はこちら】

7月上旬にエントリーが始まるマラソンを先取り!

7/8(日)エントリー開始:つくばマラソン

「シカ遭遇もある奈良マラソンやNAHA・青島太平洋……6月エントリー開始のマラソン大会」の画像
第38回つくばマラソン公式HPより出典

11月25日(日)開催の第38回つくばマラソンは、筑波大学構内をスタートしてつくば市内をぐるっと回ってフィニッシュ地点の筑波大学陸上競技場を目指すコース。5km以降と25km以降にアップダウンがありますが、全体的にフラットで、毎年初マラソン完走を目指す初心者から自己記録更新を目指すベテランまで幅広いレベルのランナーが参加しています。スタートはウェーブ(時間差)スタート。ブロック毎にスタート時間をずらすことで、スタート時の混雑が緩和されます。9月から11月にかけて、筑波大学の鍋倉賢治教授による『つくばマラソン練習会』が行われます。マラソン完走に向けた練習方法のサポートやベテランランナーの更なるステップアップのためのプログラムが組まれていますので、こちらにもぜひ参加してみてください。

つくばマラソンのエントリーは先着順で、エントリー期間はWeb申込が7月8日(日)20時から7月23日(月)18時まで、電話申込が7月8日(日)20時から23時59分まで。毎年クリック合戦が繰り広げられていて、エントリー開始30分で定員に達してしまいます。『第0関門』とも言われるクリック合戦を制して、初マラソン完走・自己記録更新を目指してみてはいかがでしょうか。

【7/8(日)エントリー開始】『つくばマラソン』のエントリーはこちら

6月にエントリーが始まるNAHA・奈良・青島太平洋マラソンはどれも日本の歴史に深く関わるスポットを巡ります。当時のことを想像しながら走ったり、大会前後に観光として訪れたりするのもいいですね。ランナーにとって大敵の梅雨。トレーニング方法やモチベーションの保ち方を工夫して、秋以降のマラソンシーズンをベストな状態で迎えられるようにしましょう!!

「シカ遭遇もある奈良マラソンやNAHA・青島太平洋……6月エントリー開始のマラソン大会」の画像

おすすめアイテム by Runtrip Store

Runtrip編集部が執筆した記事

関連記事