湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像
Pocket

5月に入ると、マラソンシーズン序盤となる9~12月の大会のエントリーが始まってきます。マラソンシーズン本番に向けたビルドアップや、食・運動・観光の秋に走ることを楽しむ等、色々な目的で参加されることでしょう。

ここでは、5月からエントリー募集が始まる国内の人気マラソン大会を、エントリー開始順にピックアップしていきます。中には、先着順ですぐに定員が埋まってしまう大会もあるので、ぜひ早めにチェックしてみてください。

5月上旬にエントリー募集が始めるマラソン大会

5/8 釧路湿原マラソン

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像釧路湿原マラソン 公式HPより

7月30日に行われる「釧路湿原マラソン」。国内最大の湿原である釧路湿原には水鳥や野生動物がしており、その雄大な自然の中を走り抜けます。テーマは「地球の素顔に出会えるかも知れない夏」です。

フルマラソンは設置されていませんが、30km、10km、3km、ウォークの種目が開催されます。7月開催ですが、現地の平均気温は16.4℃、最高気温の平均は20.0℃ですので、夏バテの心配は少ないでしょう。フルマラソンのトレーニングとしても最適です。

釧路ラーメンや蕎麦、新鮮な海産物など、グルメも充実している釧路。夏休みの涼しいマラソンとして、参加してみてはいかがでしょうか?

【5/8開始】 「釧路湿原マラソン」エントリーはこちらから

 

5/8 村岡ダブルフル ウルトラランニング

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像村岡ダブルフル ウルトラランニング 公式HPより(画像は昨年のもの)

9月24日に開催される村岡ダブルフルウルトラランニングは、日本屈指の山岳ウルトラとして有名な大会。1,000m級の山々を駆け巡り、その高低差は900mにもなる過酷なコースとなっています。

種目は100km、88km、66km、44kmが用意され、道中ではバナナや梅干しはもちろん、ぜんざいや流しそうめん、甘酒といった豊富なエイドがランナーをサポートします。逆に食べ過ぎには注意しましょう。

各種目の募集人数は、それぞれ400名前後で先着順になっています。申込み遅れが無いように気をつけてください。過酷なレースになることは間違いありませんが、ゴールの達成感は更に大きくなるでしょう!

【5/8開始】 「村岡ダブルフル ウルトラランニング」エントリーはこちらから

 

5/10 手賀沼エコマラソン

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像手賀沼エコマラソン 公式HPより

10月29日に開催される「手賀沼エコマラソン」。千葉県の我孫子市・柏市で開催され、首都圏からのアクセスも非常に良いです。種目はハーフマラソンのみで、フラットな走りやすいコースとなっています。

とても賑やかなマラソン大会となっており、参加ランナーはおよそ10,000人。メイン会場ではチアリーディングやブラスバンドのパフォーマンス、様々なブース出店が行われ、コースでは和太鼓の応援などが行われます。

5月10日から我孫子市・柏市内在住・在勤・在学の方向けに市内先行エントリーが開始、6月1日より一般申込みが開始になります。初めての方も参加しやすいハーフマラソンですので、友人や同僚を誘って参加してみてはいかがでしょうか?

【5/8開始】 「手賀沼エコマラソン」エントリーはこちらから

 

5月中旬にエントリー募集が始めるマラソン大会

5/20 湘南国際マラソン

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像湘南国際マラソン 公式HPより

箱根駅伝と同じコースを走れることもあり、人気が高い「湘南国際マラソン」。往路は江ノ島、復路は富士山を見ながら、海岸線の美しいコースを走ります。毎年ゲストランナーとして多数の著名人が参加していますね。

若干の高低差はありますが、走りやすいコースで記録も出しやすいと言われています。5/20から外国人枠や湘南コースエリア優先枠、地方優先枠などの募集が開始され、5/27から一般のエントリーが開始になります。どちらも先着順になっており、毎年早い段階で募集終了になってしまいます。

箱根駅伝好き、海岸線コース好きのランナーにはたまらない「湘南国際マラソン」、エントリーする場合は、エントリー枠を確認した上で、募集が始まったらすぐにエントリーすることをおすすめします。

【5/20開始】 「湘南国際マラソン」エントリーはこちらから

 

5月中旬 寺泊シーサイドマラソン大会

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像寺泊シーサイドマラソン大会 公式HPより

10月15日に開催される「寺泊(てらどまり)シーサイドマラソン大会」。新潟県長岡市で開催されるこのマラソン大会で、日本海を満喫できる海岸線を走り抜けます。

種目はハーフマラソン、10km、5km、2kmとなっており、コースでは地域の住民の方々のお手製エイドやスペシャルドリンクがランナーの背中を後押ししてくれます。中でも、旬の野菜とカニ、魚を味噌仕立てで食べる漁師料理「番屋汁」は絶品とのことです。

ハーフマラソンを走ったあとは、日本海に沈む絶景の夕日を見たり、新鮮な海の幸が並ぶ魚の市場を散策して楽しむことも出来ます。エントリー開始日はまだ未公表ですが、5月中旬とのこと。新潟を満喫しに、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

【5月中旬開始】 「寺泊シーサイドマラソン大会」エントリーはこちらから

 

5月下旬にエントリー募集が始めるマラソン大会

5/22 下関海響マラソン

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像下関海響マラソン 公式HPより

11月5日に開催される山口県下関市のマラソン大会、「下関海響マラソン」。フルマラソンはエントリー募集が先着9,000名となっていますが、毎年1時間以内で募集終了となってしまうほど人気のあるマラソン大会となっています。

フルマラソンのコースは、前半はフラットですが後半に40~50mの上り下りが4ヵ所も待ち構えています。好記録が出にくい難コースですが、瀬戸内海と日本海を見渡せることもあり、抜群のロケーションとなっています。

地域の方々やボランティアの人たちのサポートも手厚く、難コースにも関わらず多くのランナーが「また参加したいと思う」と好評しているマラソン大会です。走ることでしか見られない2つの海の絶景をその目で確かめてみてはいかがでしょうか。

【5月22日開始】 「下関海響マラソン」エントリーはこちらから

 

5/29 いびがわマラソン

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像いびがわマラソン 公式HPより

11月12日に岐阜県揖斐川(いびがわ)町で開催される「いびがわマラソン」。高橋尚子さんが「日本一ハードな市民マラソン大会」と言ったことでも有名です。キツイけれど人気のあるマラソン大会の筆頭とも言えるでしょう。

フルマラソンの高低差がおよそ127mあり、山中を走るため低体温症と熱中症のどちらにも注意が必要になります。しかし、それぞれの難所で地域住民の方、そして子どもたちが温かく応援してくれるので、いつも以上に頑張れるでしょう。

今年で30回の節目を迎え、高橋尚子さんのランニングクリニックやマラソンを通じて婚活をする「ラン婚」など、様々なイベントも合わせて開催されます。走力の力試しや、たくさんの人と触れ合い、楽しみながら走る機会として、オススメのマラソン大会となっています。

【5月29日開始】 「いびがわマラソン」エントリーはこちらから

 


5月からエントリー募集が始まる人気マラソン大会の紹介は以上になります。参加したい大会は見つかりましたか?エントリーしたかったのに既に募集が終わってしまっていた、ということが無いように、事前にチェックをしておきましょう。

エントリーが完了したら、しっかりと準備をしてマラソン大会を存分に楽しんでください!

「湘南国際や手賀沼……5月からエントリーが始まるマラソン大会一覧」の画像
Pocket

関連記事

Runtrip編集部が執筆した記事

Runtrip via Hakubavalley