【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力

「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像

アンダーアーマーが展開するデイリートレーナーの最新作『UAインフィニット エリート』が登場しました。他メーカーの高性能なデイリートレーナーに引けを取らない本シューズの特徴を、今回もRuntripお馴染みのシューズアドバイザー・藤原岳久さんが徹底解説します。

藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出し、現在も走るシューズアドバイザーです。

反発性と安定性を両立したデイリートレーナー

「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像
(左から)スポーツMC・岡田拓海さん、シューズアドバイザー・藤原岳久さん

岡田:今回ご紹介するのはアンダーアーマ―『UAインフィニット エリート』です。藤原さんがかなり履きこんだシューズだと伺いました。

藤原:今作からUAインフィニットシリーズとして、“エリート”と“プロ”の2足が展開されています。今回ご紹介する“エリート”はデイリートレーナー用のシューズですね。

エリートと名付けられていますが、多くのランナーが履けるモデルになっています。トップランナーであればゆっくりと走るロングランで扱うようなモデルでしょう。

「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像

藤原:このシューズを履きこんだのは、もちろん履きやすいからです。アッパーはニット製となっており、結構しっかりとしたつくりになっています。中側部はつよめに編み込まれている反面、前足部は少しゆったりとしており、たしかなフィット感と快適性を両立している点が素晴らしいです。かかとのホールド感もばっちりで、何ひとつ文句がありません。

ミッドソール『UAホバープラスクッショニング』も特別な製法により軽量性と反発性に優れた素材で、シューズの幅が広いため安定性も高く、とにかく履き心地がよいです。ヒールストライク(かかと接地)からフォア・ミッドフット走法(前足部・中側部接地)のランナーまで、どこから接地しても安定するシューズだと思います。

岡田:今作のミッドソール素材は従来の素材と比較して約20%軽量化されている点もすごいですね。

ついつい選んでしまう履き心地の良いシューズ

「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像

藤原:ミッドソールのフォームは私の大好きなシューズ、サッカニー『トライアンフ21』の製法と似ており、ソフトで柔らかい接地感と反発性も近しいです。また高い安定性はブルックス『グリセリン』シリーズを彷彿とさせます。

接地した際にはトライアンフ21のような柔らかさを感じつつ、グリセリンのような抜群の安定感も覚えるーー。まるで2足の良いとこどりをしたシューズと言えますね。

岡田:まさに藤原さん絶賛のシューズですね。

藤原:ドロップ(シューズ前後の高低差)は8mmとなっており、オーソドックスなドロップ差です。ドロップではなく柔らかさと安定感から生まれるライド感が非常に心地よいです。ゆっくり走るトレーニングを行う際、ついついこのシューズを選んでしまうほどに、快適さを感じる一足でしょう。

ゆっくりとしたジョギングだけでなく、少しスピードを出したときにも気持ちよさを感じました。とある朝のランニングで履いていたのですが、シューズに少し強めの力を加えたらそれなりの反発が返ってきましたね。幅広いペースで扱える、まさしくデイリートレーナーと言うにふさわしい一足だと思います。

初めてのフルマラソンに挑戦する人にもおすすめ

「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像

岡田:他ブランドのデイリートレーナー系シューズと比較するとどうでしょう?

藤原:ホカ『CLIFTON』シリーズや、アシックス『GEL-NIMBUS』シリーズと似たシューズかと思います。本シリーズの“プロ”が普段のジョギング用、“エリート”がより長い距離を走る用のシューズと位置づけることもできるかもしれません。

他ブランドではニュートラルなモデルのほかにも、接地時の安定性を高めるために、シューズ内側も硬めのパーツを搭載したスタビリティモデルも展開されることが多いです。

ただ、このシューズはパーツを搭載するのではなく、シューズの幅を広げることで安定性向上にアプローチしています。そのためトップランナーはもちろん、筋力に自信のないランニング初心者の1足目、はたまたフルマラソンに出場する人のレース用シューズとしてもおすすめできるかと思います。

「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像

藤原:フルマラソン用のシューズとして厚底レーシングシューズを選びたくなってしまいますが、初めてのフルマラソンに挑戦する人やサブ5を目指す人はこのシューズの方が適しているでしょう。そういった点からこのシューズはアンダーアーマーの厚底レーシングシューズ『UAベロシティ エリート』シリーズとともに、メーカーのキーとなるシューズになるでしょうね。この2足だけで多くのランナーのニーズに応えることができます。

岡田:この2足を持っておけばジョギングやスピードトレーニング、レース用のシューズに困ることはなさそうですね。

藤原:このシューズの価格は税込18,700円であり、非常に良い価格帯だと思います。クッションの厚いモデルの定価は20,000円を超えてくることが多いため、似たモデルと比較するとお手頃価格でしょう。履く人を選ばないシューズなので、ぜひ一足は持っていてほしいシューズですね。

***

シューズアドバイザー・藤原さんが絶賛するUAインフィニット エリート。新しいデイリートレーナーを探している方はぜひ候補に入れてほしい一足です。

詳細情報

アンダーアーマー|UAインフィニット エリート

「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像
出典:underarmour.co.jp

価格:¥18,700(税込)

「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像
反発性と安定性を両立したデイリートレーナー
「【アンダーアーマー】ランニングシューズ「UAインフィニット エリート」は初心者から上級者までおすすめ!? “ついつい履きたくなる”履き心地が魅力」の画像
反発性と安定性を両立したデイリートレーナー

【動画からご覧の方はこちら】


あわせて読みたい


藤原 岳久さん
FS☆RUNNING(旧藤原商会)代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)

FS☆RUNNINGオフィシャルサイト

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY