【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像

2022年も折り返しを迎え、上半期も多くのランニングシューズが登場しました。そこで本記事では、ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんが選ぶ2022年上半期おすすめのランニングシューズたちをご紹介します。

藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

2022年上半期に登場したシューズ

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像

大森:今回は2022年上半期のランニングシューズベストナインを『レーシングシューズ』『テンポアップシューズ』『デイリートレーナー』の3カテゴリーに分けて紹介していきます。

藤原:6足の予定でしたが、選びきれずベストナインにしました(笑)

大森:2022年は既に多くのランニングシューズが登場していますが、それだけ豊作ということでしょうか。

藤原:そうですね。シューズ全体を大幅にアップデートしたモデルが多く、各ブランドの本気度がうかがえます。

レーシングシューズ3選

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
(左から)アディダス『ADIZERO TAKUMI SEN 8』、ニューバランス『FuelCell Super Comp Pacer』、ナイキ『Zoom X ストリークフライ』

大森:まずは、レーシングシューズからですね。

藤原:すでに厚底レーシングシューズが各ブランドから展開されていますが、2022年上半期は接地感のある新たな薄底シューズが多く登場したのがトレンドでした。

大森:藤原ささんが選出したシューズはアディダス『ADIZERO TAKUMI SEN 8』、ニューバランス『FuelCell Super Comp Pacer』、ナイキ『Zoom X ストリークフライ』の3モデルです。

藤原:3足の共通点としてソールの厚さが薄いことが挙げられます。5km~10kmといった短い距離向けのシューズとして、各ブランドの厚底レーシングシューズの特徴を引き継ぎながら、接地感を持たせたモデルです。

1.ニューバランス|FuelCell Super Comp Pacer

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
出典: newbalance.jp

大森:1つ目はニューバランス『FuelCell Super Comp Pacer』です。こちらのシューズは藤原さんが履いてみて、どうでしたか?

藤原:このカテゴリーのシューズで特に驚いたのが『FuelCell Super Comp Pacer』でした。かまぼこ状のカーボンプレートを採用した『ENERGY ARC』を搭載し、厚底シューズと同様の走行データで走れて好感触です。

大森:ソールの厚さが比較的薄いモデルでありながら、厚底シューズと同様のパフォーマンスというのはすごいですね。

藤原:そうなんです。ニューバランスの薄底シューズといえば『FuelCell 5280』がありましたが、クセが強いシューズでした。一方、こちらのシューズは履き心地にクセもなく快適に走れます。

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
爆発的な推進力を生むスピード重視のレーシングシューズ
「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
爆発的な推進力を生むスピード重視のレーシングシューズ

2.アディダス|ADIZERO TAKUMI SEN 8

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像

藤原:『ADIZERO TAKUMI SEN 8』は世界的にもこのシューズで好記録が出ているほど、実績があるレーシングシューズです。

大森:そうですよね!

藤原:フィーリングは今回レーシングシューズで紹介するモデルの中で、最も厚底シューズに近いです。適度に足の回転を高められるので、買ってよかったと感じた一足ですね。

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
足の回転数を高めることでスピードを出せるレーシングシューズ

3.ナイキ|ズームX ストリークフライ

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像

藤原:『ズームX ストリークフライ』は履きやすく『ヴェイパーフライ』と似ていますが、全く別のシューズに仕上げられています。

大森:どういった点が異なりますか?

藤原:踵部分に『5km/ 10km』というプリントが施されている通り、短い距離のレースやトレーニングで履くためのシューズです。そのため、反発力と接地感を両方持たせた設計に作られています。3足とも反発力と接地感のバランスが良く、各ブランドがこのカテゴリーに力を入れたことを感じました。

大森:2022年上半期に登場したレーシングシューズは、藤原さんの造語でいうと『ネオレーシングフラット(新薄底シューズ)』がポイントになりますね。

■『ズームX ストリークフライ』商品サイト
ナイキ公式サイト

テンポアップシューズ3選

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
(左から)ミズノ『WAVE AERO 20+R』、ホカ『CARBON X 3』、アンダーアーマー『UAフロー ベロシティ ウインド2』

大森:藤原さんが今回選んだテンポアップシューズは、ミズノ『WAVE AERO 20+R』、ホカ『CARBON X 3』、アンダーアーマー『UAフロー ベロシティ ウインド2』の3モデルです。

藤原:テンポアップシューズも良いモデルが登場した2022年上半期でした。

1.ミズノ|WAVE AERO 20+R

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
出典: mizuno.com

藤原:『WAVE AERO 20+R』は前モデルよりソールが10mm厚くなりました。ミッドソールの上層部に『WAVE REBELLION』、下層部に『WAVE RIDER 25』と同じ素材が使われていることが、『+R』に込められているのではないかと思います。

大森:これまでのモデルから大幅にアップデートされましたね。

藤原:さらにグラスファイバー入りの樹脂プレートが搭載されたことでResponse(レスポンス)の良さも兼ね備え、ランニングエコノミーに優れた助力のあるシューズです。前作を履いたことがある方にぜひ履いて欲しいですね。

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
軽さ×クッション性×反発力を追求し、操作性に優れたスピードシューズ
「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
軽さ×クッション性×反発力を追求し、操作性に優れたスピードシューズ

2.ホカ|CARBON X 3

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
出典: hoka.com

藤原:『CARBON X 3』は軽量でニットアッパーが非常に良い感触です。デザインもかっこよくて、個人的には『CLIFTON』もこのアッパーにしてほしいと感じました。ソール素材には『コンプレッションEVA』を採用したことで、『CARBON X 2』と比べて反発力が向上しました。

大森:アッパーの変更によって履き心地も良くなったのですね。

藤原:フォームに使われている『PROFLY™X』も進化して、アッパーとの相性が非常に良く感じました。ニットアッパーなので足幅が広い方でもフィットしますが、甲高のランナーは履き口が狭く感じ、縦に長い作りなのでサイズ選びは気を付けた方がいいです。

大森:甲高の方はニットアッパーだと締め付けられるかもしれませんね。

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
プレミアムパフォーマンスニットでフィット感を高めた、耐久性に優れたランニングシューズ
「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
プレミアムパフォーマンスニットでフィット感を高めた、耐久性に優れたランニングシューズ

3.アンダーアーマー|UAフロー ベロシティ ウインド2

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
出典: underarmour.co.jp

藤原:足が甲高の方には履き口がガセットタンの『UAフロー ベロシティ ウインド2』がおすすめです。アッパーは放射線状に編み込んで作られる『Warp™アッパー』になっているので、しっかりしています。「まるで足」をコンセプトに接地感覚があり、まさにテンポアップシューズです。とてもフィーリングがいいので、ペース走でよく履きます。

大森:スピードを出したい時に履きたくなるシューズですね。

藤原:忘れてはいけないポイントが右足にセンサーが内蔵されていて、アンダーアーマーが提供するアプリ『Map My Run(iOS/Android)』と接続できます。さらに、仮想空間でランニングができる『Zwift』とも接続できるので、トレッドミルがある屋内ジムでランニングを楽しむことができます。シューズの耐久性もあり、テンポアップしたい時にベストなシューズですね。

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
足裏全体で強い推進力と反発を感じることができるスピードへの挑戦が可能な一足
「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
足裏全体で強い推進力と反発を感じることができるスピードへの挑戦が可能な一足

デイリートレーナー3選+1

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
(左から)ナイキ『エア ズーム ペガサス 39』、アシックス『GRIDERIDE 3』、オン『Cloudmonster』、オールバーズ『Tree Flyer』

大森:デイリートレーナーに選ばれたのは、ナイキ『エア ズーム ペガサス 39』、アシックス『GLIDERIDE 3』、オン『Cloudmonster』の3モデルです。

藤原:2022年はデイリートレーナーが豊作で、泣くなくこのラインナップに決めました。決め手は予想を超えた仕上がりでサプライズがあったからです。

1.On|Cloudmonster

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像

藤原:『Cloudmonster』はOnのシューズを履いたことがない人でも履きやすいと思える履き心地。まさに、誰でも履けるランニングシューズです。もう少し安定感や安心感が欲しければ『Cloudstratus』を選ぶのもいいですね。

大森:厚底でクッションが柔らかいランニングシューズですよね。

藤原:『Cloudmonster』は推進力重視のシューズですね。

大森:人によってはテンポアップしたい場面で使う方もいるかもしれません。

藤原:そうですね。軽量で反発性が高いので、テンポアップにもいいと思います。

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
反発性とクッション性を兼ね備えたOnの新作ランニングシューズ

■ウィメンズ

2.アシックス|GLIDERIDE 3

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
出典: asics.com

藤原:『GLIDERIDE 3』も予想を超えてきました。ミッドソールの上層部に使用されているFF BLAST+がパワーアップして、とてもソフトな履き心地になりましたね。

大森:履き心地が非常に柔らかくなりましたね。

藤原:『GLIDERIDE 2』はコロンと転がる感じでしたが、『GLIDERIDE 3』はソフトなフィーリングを先に感じ、気付いたらコロンと前に進む状態を作ってくれます。

大森:いつの間にかコロンと転がっていますね。

藤原:アッパーがジャカードメッシュアッパーで、初代モデルの雰囲気に戻りました。初代GLIDERIDEが好きだった方はとても気に入る履き心地だと思います。

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
コロンと前に転がる感覚はそのままに、クッション性が向上して快適な履き心地にアップデートした一足
「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
コロンと前に転がる感覚はそのままに、クッション性が向上して快適な履き心地にアップデートした一足

3.ナイキ|エア ズーム ペガサス 39

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
出典: nike.com

藤原:『エア ズーム ペガサス 39』が素晴らしいシューズだということは分かっていましたが、それでも予想を上回ってきました。

大森:デイリートレーナーの鉄板シューズ。『ペガサス』のアップデートがあると、この季節が来たと感じますね。

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
ナイキが誇るクッショニングと反発に優れた超ロングセラーシューズ
「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
ナイキが誇るクッショニングと反発に優れた超ロングセラーシューズ

4.オールバーズ|Tree Flyer

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像
出典: allbirds.jp

藤原:9選だと言いましたが、やはりこのシューズを語らずには終われません(笑)あと1商品追加してもいいですか?

大森:もう1足出てきましたね(笑)

藤原:オールバーズTree Flyerの登場には、びっくりしました。

大森:出さずにいられないほど、驚いたんですね。

藤原:ユーカリ繊維のアッパー、ヒマシ油を原料に作られたミッドソール、天然ゴムのアウトソール、リサイクル素材のシューレースをはじめ随所にサステナブルな素材が配されています。まさにサステナブルの代名詞的シューズ。頻度高く使っていて、しっかり走れることがすごいですよね。

大森:ソールを見るとかなり使っていることがわかります。

藤原:軽いペース走でも使えるシューズで、履きやすさとデザイン性を兼ね備えていると感じます。

大森:アッパーのデザインも無地でかっこいいですよね。

藤原:甲の部分が補強されていて、フィット感が良いです。リサイクル素材で作られているシューレースは、使っているとサラサラになって解けやすくなりますが、二重に結べば問題なく使えます。

■『Tree Flyer』商品ページ
メンズ/ ウィメンズ

「【2022年上半期】ランニングシューズベストナイン!シューズアドバイザーが選んだベストシューズは?」の画像

大森:2022年上半期ベストシューズをご紹介しましたが、結果的に10選になりましたね(笑)

藤原:やはり、選ぶのが大変なほど良いシューズが勢揃いでした!

大森:年末にもう一度特集したいと思いますので、その時にどんなシューズがラインナップするかも楽しみですね!

藤原:下半期もどんなシューズが登場するか楽しみです!

大森:藤原さん、今回も解説していただいてありがとうございました!

ここまで2022年上半期のベストシューズを発表しました。新しいランニングシューズをお探しの方は、ぜひ藤原さんの解説を参考にシューズを手に入れてみてはいかがでしょうか。新たなシューズとともに夏のランニングを楽しみましょう!


併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY