【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

アンダーアーマーから新作シューズ『UAホバー マキナ3』が登場。前作から大きく進化を遂げた、このシューズの特徴や魅力をシューズアドバイザー・藤原岳久さんとレビューしていきます。

藤原さんは多くのシューズブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わり20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒、現在も走るシューズアドバイザーです。

進化した「UAホバー マキナ3」

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

大森:今回レビューしていただくのはアンダーアーマー『UAホバー マキナ3』ですが、前作からイメージが変わりましたね。

藤原:前作の『UAホバー マキナ2』はゴツゴツしたイメージがありましたが、今作ではデザインが一新して全体的に柔らかいデザイン、カラーリングへとアップデートされました。

大森:たしかに、ベージュやグリーンといった柔らかい雰囲気のカラーリングですね。

藤原:普段履きもできるデザインに仕上げられているのではないでしょうか。

大森:まさにそうですね。前作とはイメージが全く変わりました。機能的にはどのようなアップデートがありますか。

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

藤原:まず、アッパーはシームレスなエンジニアードメッシュが採用され、縫い目が減り、足当たりに違和感がないつくりになっています。大森さん、足を入れたフィット感はどうでしたか?

大森:とてもフィット感がいいですね。快適に走れました。

藤原:そうですよね。アッパーのもう1つの変更点は、かかとを覆うヒールカップもアキレス腱に当たらない形状『アキレスカーブ』が取り入れられ、外側にもTPU素材のサポートが配されました。かかと周辺の安定性が非常に高められています。

大森:足を入れた時に、かかと周辺をサポートされる感覚がとても心地良く感じました。

藤原:外付けのサポート素材だけでなくアッパーの内部にもサポートが配されているので(ヒールカップが2重に配されたような設計)、足を入れるとかかと周辺の安定感が得られます。

大森:とてもいい感触ですね。

ミッドソール「HOVR」を2層に配置

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

藤原:なにより、今作最大のアップデートはミッドソールのクッション素材『HOVR(ホバー)』がソール前後で2層に配されていることです。

大森:ミッドソール前足部はベージュ、後足部は黒というデザインからも前後の違いが一目瞭然ですよね。

藤原:そうなんです。この2層の素材は硬さが異なり、最初に着地する後足部はソフトで柔らかい素材、蹴り出しの時に地面と接触する前足部は硬い素材でつくられています。後足部の網状の『エナジーウェブ』は柔らかいソール素材を包むことで力の分散を防ぎ、推進力へ変換してくれます。

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

大森:クッション性と推進力が両立している感覚がありますよね。

藤原:はい。また、前作はミッドソールにカーボン混プレートが搭載されていたことで少し硬い感触でしたが、今作はプレートがなくなり全体的にソフトな履き心地へと進化しました。そのあたりが今作のアップデートポイントです。

大森:たしかに大きな進化です。カーボン混プレートの代わりにミッドソール素材の硬さを変えることでクッション性と安定感の両立を図っているということでしょうか。

藤原:その通りです。それから、個人的に好きな点が重さを感じること。走っている時に足が自然に落ちていく感覚が好きです。

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

大森:足を自分で降ろすのではなく、重さによって勝手に足が落ちていくということですね。

藤原:はい。この適度な重さが自然な足運びへと繋がっていると感じますので、軽いシューズを探している方にも足を通して体感してもらいたいです。

大森:プレートがなくても自然な足運びを促しているという点は今作の大きな魅力ですね。

藤原:そう感じます。アンダーアーマーのシューズといえば、『UAフロー ベロシティ ウインド2』はアウトソールにラバーがなく裸足で地面に着くような感触ですよね。前作の『UAホバー マキナ2』は、その『UAフロー』シリーズと似ている接地感のあるソールでしたが、今作は長い距離のランニングを楽しめるように柔らかい接地感へと変わり、『UAフロー』シリーズとは異なる感覚になりました。

大森:感触が異なるという意味では『UAフロー ベロシティ ウインド2』と『UAホバー マキナ3』を目的に応じて履き分けられるといいですよね。

藤原:そうですね。スピードを出したい時には『UAフロー ベロシティ ウインド2』を使って、ウォーミングアップやゆっくり走りたい時は『UAホバー マキナ3』がおすすめです。

耐久性のあるアウトソール

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

藤原:アウトソールのラバーも耐久性の高い配置ですね。

大森:耐久性が高そうですよね。

藤原:ソール全面ではありませんが、必要な部分にラバーが配されているので耐久性は十分だと思います。

大森:なるほど。そして、ラバーの配置も必要な部分に留めているからこそ、重くなりすぎないということですね。

藤原:そうですね。また、シューズの屈曲を妨げないという目的もあると思います。

スマートシューズとして活躍

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

大森:そして、『UAホバー マキナ3』はスマートシューズなんですよね。

藤原:そうなんです! 右足にセンサーが付いているので、スマートフォンアプリ『MAP MY RUN(iOS/Android)』と連携して計測可能です。スマートフォンを持たずに走っても、ランニングの後に接続すると記録をアップロードできるという優れものです。

大森:スマートフォンを持たずに走っても、記録をアップロードできるのはすごいですね。タイムや距離だけではなく、ピッチ、ストライドの長さ、接地時間などの様々な走行データを取得できます。また、『MAP MY RUN』にはそれらのデータを基にしたコーチング機能も搭載されていますから、このシューズはとてもお買い得ですよね。

藤原:走り始めたばかりでGPSウォッチを持っていない方もいますから、このシューズで手軽に記録を残していけるのは大きな魅力です。

大森:スマートフォンを持って走りたくないというランナーにもおすすめです。また、アンダーアーマーのシューズ開発者の方によると、内蔵されているチップの電池は1,000km以上走っても作動するそう。個体差はあると思いますが、シューズを使い切るまで電池交換することなく走れるのは安心ですね。

藤原:記録する上でとても重要ですよね。

初めての一足にもおすすめ

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

大森:最後に、このシューズはどういったランナーにおすすめですか。

藤原:このシューズは、初心者からシリアスランナーまで誰でも履けると思います。まさに、履く人を選ばない一足です。長い距離を走る時、ゆっくり走りたい時、疲れている時のランニングに適しています。

大森:疲れている時のランニングには良さそうですね!

藤原:疲れている時のランニングにはとてもフィットすると思います。そういった時ほど、ソフトなフィーリングを求めますよね。

大森:疲れている時ほど、シューズにクッション性を求めてしまいます。一方で、かかと周辺のサポートが充実しているおかげで、着地時にグラつかず安定感をしっかりと感じられます。

藤原:そうですね。

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

大森:初心者の最初の一足としてもおすすめですね。

藤原:もちろんおすすめです。『MAP MY RUN』を利用してランニングを簡単に記録できますから、とてもいいと思います。

大森:ぜひ、スポーツショップで足を通してもらいたいですね。藤原さん、解説ありがとうございました!

アンダーアーマー『UAホバー マキナ3』のレビューをお届けしました。シューズアドバイザー・藤原さんのレビューをぜひシューズ選びの参考にしてみてください。『UAホバー マキナ3』を履いて日々のランニングを楽しんでいきましょう!

商品詳細

アンダーアーマー|UAホバー マキナ3

「【アンダーアーマー】新作「UAホバー マキナ3」はクッション性がアップデート!初めての一足にもおすすめのシューズ」の画像

価格:¥16,500(税込)
商品ページメンズ/ ウィメンズ
・特集ページ:https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/ua-hovr-machina3.html

併せて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
「ITEM」の新着記事

CATEGORY