【ニュートン】『Distance 10』はアンチ厚底?接地感を高めたテンポアップシューズ

「【ニュートン】『Distance 10』はアンチ厚底?接地感を高めたテンポアップシューズ」の画像

ラントリップ お馴染みのシューズフィッティングアドバイザーの藤原岳久さんと、ニュートン『Distance 10(ディスタンス10)』をレビュー。藤原さんはブランドを渡り歩き、シューズ販売に携わって20年以上。47歳でマラソン自己ベスト2時間34分28秒を出した、走るシューズアドバイザーです。

独自の技術で接地感がアップ

今回紹介する『Distance 10』は、ニュートンのDNAともいえる “フラット” なアウトソールと前足部にある大きな “ラグ(突起)” が特徴的なシューズ。ニュートン独自の『Action/Reaction™』テクノロジーが大きな反発性を生み出し、接地感を感じられるテンポアップシューズです。

「【ニュートン】『Distance 10』はアンチ厚底?接地感を高めたテンポアップシューズ」の画像

前足部の大きなラグは体が求めている接地感を高めるために設計され、「厚底シューズにはならないという意志を感じます」と藤原さん。

シューズの踵部分を持つと、前足部にずっしりと重みを感じられるほど、薄底ながら前足部で接地するように促されるシューズ。厚底シューズでかかと接地してしまい、機能を上手く使いこなせていない方にとっては、スイートスポットで接地する良いトレーニングになるとのこと。

「【ニュートン】『Distance 10』はアンチ厚底?接地感を高めたテンポアップシューズ」の画像

藤原さんは「履いた感覚が良ければ厚底シューズにこだわらず、『Distance 10』をレーシングシューズとして使ってもいい」とおすすめ。ペットボトル4本分のリサイクル素材が利用され、環境に配慮している点も魅力のシューズ。

ぜひ、厚底シューズを使いこなすためのトレーニングに取り入れてみてはいかがでしょうか?

NEWTON|Distance 10

「【ニュートン】『Distance 10』はアンチ厚底?接地感を高めたテンポアップシューズ」の画像

・価格:¥19,800(税込)
・ドロップ:2mm
・サイズ:24.5-29.0cm(メンズ)/23.0-26.5cm(ウィメンズ)

「【ニュートン】『Distance 10』はアンチ厚底?接地感を高めたテンポアップシューズ」の画像
『Action/Reaction™』テクノロジーによる高い反発性と接地感が特徴。重力を活用し前足部を上手く使うトレーニングにもなります
「【ニュートン】『Distance 10』はアンチ厚底?接地感を高めたテンポアップシューズ」の画像
『Action/Reaction™』テクノロジーによる高い反発性と接地感が特徴。重力を活用し前足部を上手く使うトレーニングにもなります

合わせて読みたい


藤原 岳久さん
F・Shokai 【藤原商会】代表
ランニングシューズフィッティングアドバイザー
日本フットウエア技術協会理事 /JAFTスポーツシューフィッター / 元メーカー直営店店長,販売歴20年以上
ハーフマラソン:1時間9分52秒(1993)
フルマラソン:2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン)
藤原商会オフィシャルサイト

   
Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY