アメリカ発日本にやってきたトポアスレチック『ファントム』

「アメリカ発日本にやってきたトポアスレチック『ファントム』」の画像

みなさん、こんにちは。藤原商会代表 シューズアドバイザー藤原です。

今回は、満を持して日本に上陸したトポアスレチック『ファントム』をご紹介したいと思います。

その個性的なシューズシェイプは一度見たら忘れられません。そう、同じアメリカのブランド『アルトラ』に似ていますよね。アメリカでは『アルトラフォロワー』と呼ばれていますが、いろんなコンセプトやスタイルをブレンドしたような個性あるブランドです。

トポアスレチックは、何を隠そう、あの『ファイブフィンガーズ』をプロデュースしたビブラム社の前CEOトニーポスト氏が立ち上げたブランド。

「アメリカ発日本にやってきたトポアスレチック『ファントム』」の画像

「シューズは足の形に沿ったものであるべき」という考えからの、レスドロップなソール。アッパーとアウトソールしかない『ファイブフィンガーズ』のコンセプトとの共通点のようなものを感じます。

ちなみに、トポにはトレランシューズもあります。アウトソールは、”ビブラム社”のものが使われています。ストーリーを知っていると面白いですね。

さて、今回ご紹介する『ファントム』は、マックスクッションスタイルのデイリートレーナー(トレーニングシューズ)です。あらゆるランナーに必要となるタイプのランニングシューズ。

「アメリカ発日本にやってきたトポアスレチック『ファントム』」の画像

走りはじめのランナーはもちろん、定期的に走っているランナーにも、コンディショニングに最適です。

最新技術が惜しみなく搭載されている印象のトポアスレチック。ファントムは、その象徴的なモデルですね。潮流のシームレスアッパープラス、3Dプリントのオーバーレイが甲まわりのサドル部をしっかりサポート。甲まわりを中心にかなりしっかりとフィットする印象です。

「アメリカ発日本にやってきたトポアスレチック『ファントム』」の画像

いまどき珍しく、ヒールカップはしっかりとしたもので、エクスターナル・インジェクト・ヒールカウンターが踵まわりをしっかりロックしてくれます。

走り心地は、接地から蹴りだしまで安定していて、シンプルな接地感ですね。フラットなボードは、足のリズムがとりやすいです。他のモデルと比べて、踵まわりのソール面積がワイドになっています。

また、ほどほどのかたさのクッションが心地よく、接地時の感触を演出しているようです。TPUフォームをベースに、EVAなどをブレンドしたジップフォーム(Zipform)で、ミッドソールが構成されています。EVAソールよりも反発感と耐久性が高いソールです。

「アメリカ発日本にやってきたトポアスレチック『ファントム』」の画像

予想以上にクセがない、それでいて最新技術が詰まったデイリートレーナー。それがトポアスレチックの『ファントム』です。

サイズは、メンズは26.0cmから。わたしは25.0cmなので、残念なサイズ展開ですが、前足がワイドなラストなので、男性で26.0cm以下ならレディースサイズを選んでも。わたしは、レディースの25.0cmを試しました。

「アメリカ発日本にやってきたトポアスレチック『ファントム』」の画像

価格は18,000円(税抜)。人とは違うシューズを探しているオシャレ番長なあなた!必見です。まだまだ履いているランナーは少ないと思いますよ。ぜひ、今のうちにチェックしてみてください。

トポアスレチック『ファントム』

「アメリカ発日本にやってきたトポアスレチック『ファントム』」の画像

・価格:18,000(税抜)
・サイズ:(MEN’S) 26.0~28.5cm(WOMEN’S) 22.5~25.0cm
・ドロップ:5mm
・アッパー:『ライトエンジニアードメッシュアッパー』は、通気性、軽量性が高く、足全体をラップするようなフィット感を提供。『TPUヒールカウンター』がプラットホーム全体を安定させています。『アナトミカルトウボックス』が指先の自由で自然な動きをサポート
・ミッドソール:フルレングス「Zipfoam」ミッドソールは、 トラディショナルなEVAソールより反発感のあるソール、その耐久性も高い
・アウトソール:必要不可欠な位置にラバーアウトソールを配置、耐久性とその軽量性の両立を実現

※Topo athletic homepage より引用

   
藤原岳久が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY