地方レース参加時にもう一泊!「繋がり」を感じる延泊の魅力

「地方レース参加時にもう一泊!「繋がり」を感じる延泊の魅力」の画像
こんにちは!Runtrip代表の大森です。

いよいよマラソンシーズン突入。ピリピリ・ワクワク・ドキドキしているランナーさんが沢山いることでしょう。中には、地方のレースに旅行を兼ねて参加するという方もいらっしゃると思いますが、まさか前日の夕方に現地入りしてレース後は即帰宅、なんて過ごし方はしていませんよね?

せっかく普段は訪れない地域に行くのですから、レースはもちろん『旅全体』の体験を楽しまないと、もったいないですよね。Runtripとしては『レース後にもう一泊』する楽しみ方をぜひとも体験していただきたい!

「いやいや、そうは言っても仕事がさ……」「家族との調整が……」など、できない理由ももちろんあると思います。誰もができる訳ではないですが、有給休暇を取得しやすい方や場所を選ばず仕事ができる方、退職されて時間的に余裕のある方など、自由に予定をたてられる方は、ぜひレース出場の際の選択肢の一つとして、『もう一泊』を検討いただきたいと思います。

今回は、そんな『もう一泊』の魅力を探るべく、二泊三日で金沢マラソンに出かけてきました。即・帰宅系ランナーの皆さんの参考になればと、一連の旅の様子をご紹介していきます。

今回、一緒に旅をしてくれたのは、Runtripファミリーのみゃこさん。彼女は先週『四万十川ウルトラマラソン』で100kmを完走したにも関わらず、「金沢、走りたいです! 」とフットワーク軽くついてきてくれた強者です。

「地方レース参加時にもう一泊!「繋がり」を感じる延泊の魅力」の画像
金沢駅に到着してご満悦のみゃこさん

まずはEXPOを満喫!地元情報を収集しよう

旅の基本はローカルランナーのおすすめスポット

旅を満喫する上で大事なことは、地元の方のおすすめスポットを訪れることですよね! 地元の方が好きな場所こそ、地域の魅力だったりします。

都市型マラソンのEXPOには、沢山の地元ランナーさんが訪れます。また、地元の観光協会が出展しているケースもありますし、地域のグルメパンフレットはほぼ確実に配られています。ぜひ、ここで入念に地域情報を仕入れましょう。その土地にお友達がいれば、もちろんその情報も織り交ぜて。特に、宿から半径5km圏内にある名所や人気スポットなどはチェック。この情報が旅の満足度を決める大事な資産となります。上級者はInstagramのハッシュタグ検索など駆使して、本気を出しましょう!

「地方レース参加時にもう一泊!「繋がり」を感じる延泊の魅力」の画像
楽しそうに地域自慢をしてくれる事務局次長の東 利裕さん

今回、僕たちは特別に金沢マラソンの事務局次長であり、ランナーの東さんにお時間をいただいて、金沢住民がおすすめする自慢のスポットを伺いました。

東さんによると、有名な兼六園や金沢城、21世紀美術館も良いけれど、その隣にある『鈴木大拙館』が個人的にお気に入りで「まるで別世界のような静けさで、心が洗われる場所」なのだそう。さらに「走って訪れることができる範囲で言えば、『茶屋街』や『近江町市場』などもおすすめ。翌日はレースの疲れを取るために、能登や加賀の方の温泉を楽しむのもいいですね」「食べ物は、魚介類が間違いないです。あとは『金沢おでん』。女性に人気のオシャレなおでん屋さんもありますよ! 」と沢山の情報をいただきました。

やっぱり、地域自慢の話は熱があって好きです!

「地方レース参加時にもう一泊!「繋がり」を感じる延泊の魅力」の画像
その頃、自身が履いていたグライドライドと同じパネルに喜んでいるみゃこさん

もちろん、EXPOには様々な企業ブースも出展しています。どれもランナーにおすすめの情報ばかりですので、余裕を持って、EXPO全体を楽しめるといいですね。全ブース制覇くらいの気持ちで、ブースの方達とお話を楽しむのもオススメです。

EXPOの後は、ぜひ前日Runtripへ!

EXPOで教えてもらった情報とInstagramを駆使して探した情報から、ホテル→金沢城→東茶屋街の金箔ソフトクリームをめぐるコースを作成。移動疲れでかたまったカラダをほぐすべく、レース前日のRuntripに出かけました。レース前日だからと怖がらず、地域を120%楽しむために、サクッと前日ランを楽しんでみてください。

「地方レース参加時にもう一泊!「繋がり」を感じる延泊の魅力」の画像
玉泉院丸庭園で感激するみゃこさん

話を聞くだけではわからないもので、実際に訪れてみると、どこもすごく気持ちのいい場所。みゃこさんと一緒に「走ってよかったね〜」とランを楽しみました。バスに乗ったりせずに、自分の脚だけでサクッと観光を楽しめるのはランナーの特権ですよね。せっかく時間とお金を使ってここまで来たのですから、レースだけで済ませるなんてもったいない。全力で街を楽しみましょう!

心の底から実感!2泊すればこんなにもレースが楽になる

さて、ここから本題の2泊する魅力についてご紹介。さっそくですが、レースの当日。ここでまず2泊のメリットが発揮されます。心から「ああ、2泊していてよかった」と思えるので、その中身をご紹介します。

サイトデフォルトが書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY