【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ

走りやすい気温になってきた今日この頃。秋冬のマラソンシーズンに向けて、本格的にトレーニングを始められた方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、マラソン本番で使うランニングシューズ。目標を達成するためにも、自分の足にフィットするシューズを履いて臨みたいですよね。今回は、ニューバランスが開発した、レーシングモデルとして注目を集めている『HANZO(ハンゾー)』シリーズに焦点を当ててご紹介していきます。

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
出典: shop.newbalance.jp

ニューバランスといえば、1906年にアメリカ・ボストンで矯正靴やアーチサポートインソールを製造したことから始まり、現在でもボストンの自社工場で職人たちがシューズの製造を担っているシューズメーカーです。

日本人の足に合わせて開発された『HANZO』シリーズ

サイレントハンターが由来になったHANZO

もともと、日本では初心者ランナー中心に履かれてきたニューバランスのランニングシューズ。マラソンを2〜3時間台で走るシリアスランナーにもニューバランスのランニングシューズを履いてもらいたいと開発されたのが、HANZOシリーズでした。HANZOというシリーズ名の由来は、アメリカで開発されたニューバランスの競技用スパイクのコンセプトの“SILENT HUNTER”(サイレントハンター)。これは『黙々と練習を重ねた人が、最後は大物を狩る』というテーマを表したコンセプトです。その言葉を日本版に落とし込んだ時に忍者のイメージが当てはまり、HANZOと名付けられました。

現代の名工・三村仁司氏との共同開発

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
三村仁司氏

シリアスランナー向けのランニングシューズ『HANZO』を開発する中で大きなポイントとなったのが、現代の名工と呼ばれるシューズ職人の三村仁司氏が専属アドバイザーに就任したことです。三村氏はこれまでに複数のシューズメーカーでランニングシューズの開発に関わり、何十万人という日本人ランナーの足に合わせたシューズを製作してきました。HANZOシリーズのフラッグシップモデルでは、数多くのランナーを見てきた三村氏との共同開発によって作られ、長距離を走っても故障しにくい構造になっています。

進化を重ねるHANZOシリーズ

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
出典: shop.newbalance.jp

そんなニューバランスのHANZOシリーズ。初期モデルが2017年に登場し、駅伝などで多くの選手が履いて走ったことから注目を集めました。そして、登場から1年が経った2018年冬には、アップデートされた2代目モデル『HANZO V2』が登場。初期モデルから、さらに進化して安定性とフィット感が向上しました。

では、いよいよレベルごとにおすすめのHANZOシリーズのランニングシューズをご紹介していきます。初心者向けのシューズからエリートランナー向けまで、順番にご紹介していきます。

初めてのマラソン完走を目指すランナーに『HANZO U』

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
出典: shop.newbalance.jp

日本人の足に合うように作られ、多くのランナーから支持されてきた『1040』シリーズが、HANZOシリーズに仲間入りして新登場。ランニングを始めたばかりの初心者やフルマラソン完走を目標に走るランナーにおすすめのランニングシューズです。サポート力と柔軟性に優れ、ソールには反発性がアップした独自素材『REVLITE』を全面採用。蹴り出し時に弾むような推進力が得られます。

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
ランニングを始めたばかりの初心者やフルマラソン完走を目標に走るランナーにおすすめのランニングシューズ

サブ4を狙うランナー向けの『HANZO C』

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
出典: shop.newbalance.jp

フルマラソンでサブ4にチャレンジするランナーのレース用シューズ。シリーズ名のCは、“Challenger Model”の頭文字を取っています。シューズの特徴は、アウトソールに厚みを持たせ溝が深くなっているため、グリップ力も申し分なし。足が細身の方向けのモデルも展開されているため、偏平足やオーバープロネーションで足幅が細い方におすすめのランニングシューズです。エリートランナーのロング練習用に最適です。

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
フルマラソンでサブ4にチャレンジするランナーのレース用シューズ。

記録向上を目指すアスリートや部活生のトレーニングに『HANZO T』

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
出典: shop.newbalance.jp

記録向上を目指すアスリートや部活生に向けたランニングシューズ。日々の練習を支えるセーフティな機能を備えながら、耐久性も高く優れたコストパフォーマンスを実現しています。これまでの初心者向けシューズからステップアップしたいランナーにも向いています。

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
記録向上を目指すアスリートや部活生に向けたランニングシューズ。

サブ3を目標に走るランナーに『HANZO R』

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
出典: shop.newbalance.jp

フルマラソンで3時間を切る(サブ3)レベルのシリアスランナーへ向けたHANZO R。M.Lab(ミムラボ)との共同開発により誕生したHANZO V2シリーズでは、ミッドソールを単一素材『REVLITE(レブライト)』で構成することでなめらかな接地感を実現しました。従来はクッション性素材と反発性素材を組み合わせた2層構造で形成されていましたが、バランスや走り心地を改良するために1枚仕立てのミッドソールにアップデート。サブ2.5レベルの実力を持つランナーには、このあと紹介するHANZO Sがおすすめではありますが、安定感と軽さを兼ね備えた履き心地からフルマラソンではこちらのHANZO Rでも十分に対応できます。

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
フルマラソンで3時間を切る(サブ3)レベルのシリアスランナーへ向けたHANZO R。M.Lab(ミムラボ)との共同開発

勝利を目指すエリートランナーのレーシングシューズ『HANZO S』

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
出典: shop.newbalance.jp

軽量性と反発性を兼ね備えたミッドソール素材を使用し、一分一秒を縮めたいエリートランナーに向けたニューバランスランニングシューズのフラッグシップモデル。こちらもM.Lab(ミムラボ)との共同開発により作られ、駅伝やトラックレースで多くのエリートランナーが履いて走る姿を見かけます。アウトソールには、粘り気のある特殊配合ラバーが地面をしっかりとらえて強い蹴り出しをサポートします。

「【レベル別】マラソンのレーシングシューズにおすすめ!ニューバランス『HANZO』シリーズまとめ」の画像
一分一秒を縮めたいエリートランナーに向けたニューバランスランニングシューズのフラッグシップモデル

日々のトレーニング向けシューズの情報はこちら

ニューバランスでは、HANZOシリース以外にも日々のトレーニングやファンランで走るという方向けのランニングシューズも展開されています。レース用シューズだけでなく、日々のランニングのためのシューズも気になるという方には、こちらの記事でシューズをご紹介しています。

これから始まるマラソンシーズン。ぜひ、自分にぴったりのランニングシューズを見つけて、自分の目標を超えていきましょう!

関連記事

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「ITEM」の新着記事

CATEGORY