【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

来年、オリンピック・パラリンピックがやって来る首都『東京』。外国人旅行者の姿ももちろん、国内旅行の方達も多く、毎年5億人以上の日本人旅行者が東京を訪れています。

東京は、少し離れただけでも景色が全く変わるほど、大きな街が隣り合っていて、走っていても飽きない街。ゆっくりと走りながら移り変わる街並みを楽しめば、きっと東京観光の楽しみも倍増するはずです。

今回、人気の長寿番組『日立 世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして世界を旅してきた大杉亜依里さんをナビゲーターに、東京を走ってめぐります。大杉さんは、フルマラソン3時間43分14秒のベストタイムを持つランナー。彼女の目には、東京はどんな風に映るのでしょうか。

旅先でランニングを楽しみたい方に向けた「SKY RUNTRIP」の連載がはじまりました。

創建当時の姿になった東京駅は東京マラソンのゴール地点

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

大杉さんがスタートの場所に選んだのは、東京の顔でもあるレンガ造りの『東京駅』。東京駅丸の内駅舎は、2012年に創建当時の姿に生まれ変わったばかり。

「東京に来たなら、是非この駅舎を見てほしいですね。いかにも“首都の駅”という感じで、重厚感があり、趣もあります。それに、ランナーの聖地でもある皇居の方を向いているのがいいですね。(中央口の)目の前には、皇居まで続く大手町広場があり、道路も一本道なので遮るものがなく、東京駅からは皇居が見え、皇居を走っていると東京駅が見える。わたしは、よく皇居でナイトランをするのですが、ライトアップされた東京駅が見えると気分が高まります」

東京駅は、昨年から東京マラソンのゴール地点となり、ランナーにとっては、付加価値が1つ加わりました。2015年の東京マラソンで自己ベストを出した大杉さんは、「ここが『東京マラソン』のゴールだと思うと、さらにテンションが上がる」そう。

東京駅の丸の内側は名だたる企業のオフィスが入る高層ビルが立ち並びますが、『丸の内KITTE』などショッピングを楽しめるスポットも誕生しており、週末には家族連れやカップルの賑わいも感じられます。

「丸の内を走るなら、まだビジネスマンが出勤していない朝早くか、夜がオススメです。東京のミッドタウンを1人占めしているような気分になります」

小さい頃から足が速かった大杉さんが、ランニングを始めたのは2013年。初フルだった同年のホノルルマラソンで、いきなりサブ4を達成するも、仕事の関係で思うように走れなくなってしまったことがあるそう。走るモチベーションも少し下がってしまっていたものの、去年からまたリスタート。日々のトレーニングをInstagramに投稿しています。

「やはりランニングは、わたしに合っているな、と。いまは、しゃにむにサブ3.5を目指すという感じではなく、好きなランニングを自然体で楽しんでいます。お仕事が終わってから走ることが多いのですが、夜に東京を走ると、景色が全然違って見える。東京に住んでいるのに、観光客になった気分になります」

浅草寺は江戸情緒あふれる東側エリアの代表格

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

大杉さんが東京の中で特に気に入っているのは、東側のエリア。台東区、墨田区のあたりだそう。

「浅草とか上野とか、賑わう場所なのに、街自体が変に気取っていないのがいいですね。一方で、創業100年以上の老舗も多く、東京の歴史を感じさせてくれます。昔ながらの “粋”や“いなせ”といった気質が残っているところもあるような気もします」

大杉さんは江戸時代が好きで、両国にある『江戸東京博物館』にもよく足を運びます。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

外国人観光客がひっきりなしに訪れる浅草寺も、大杉さんの好きなスポット。有名な雷門をくぐると、土産物屋や食べ物屋など、90店舗近くのが軒を連ねる『仲見世通り』が250メートルほど続いています。

大杉さんのオススメは、きびだんごで有名な『あづま』。江戸時代、門前にあったきびだんごの味を再現していて、いつでもできたてが食べられます。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

「走って、ちょっと小腹を満たしたいときもいいですよ。温かいきびだんごは、もちもちとしていて、甘みのあるきな粉がしっかりからまっている。美味しいです。小さなきびだんごが4つ、串にささっているので(1人前は5串)、食べやすく、ランナーにはうれしいかも」

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

「夜、皇居ランをした時に浅草寺まで足を伸ばします。人でごった返す昼間とは違う、ひっそりと静まり返った感じがいいんです。仲見世通りのお店がオープンする、少し前の時間帯も好きです。人がまだまばらで、どこか得した気分になります。東京スカイツリーの撮影ポイントとして絶好の吾妻橋は浅草寺に近く、吾妻橋から隅田川沿いは、ランニングコースになっているので、浅草寺に立ち寄ったついでにここを走る、というのもいいかもしれません」

新観光名所・汐留にあるランナーにやさしい店

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

『六本木ヒルズ』と並んで、東京の新しい観光名所の1つになっている汐留。『汐留シオサイト』の愛称で呼ばれるこの地区には、汐留シティセンターや汐留メディアタワーなど、高層ビルが立ち並んでいます。観光客に人気のホテルもいくつかありますが、その中の1つ『ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留』にあるランナーにやさしいお店をご紹介。

1階に入っている『チャヤマクロビ ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留店』では、 “食べてキレイになる、オーガニックな生き方。”をコンセプトに、国産有機玄米やこだわりの農産物を使用し、旬の食材や産地、さらには生産者にもこだわった食材が提供されます。しかも、お食事をされる方ならランニング時にお荷物を預かってくれるというサービス付き。汐留を起点としたアーバンなRuntripを楽しみたい方にはおすすめです。

大杉さんは初めての来店でしたが「野菜はシャキシャキして美味しいし、パワーフードという感じがします。旬の材料を使っているスムージーも、混じりけがなく、本当に濃厚ですね」とすっかりお気に入り。店内も広々としていて天井が高いので、ゆっくりとくつろげます。

※“荷物預かり”は、店舗の状況により受けられない場合がありますので、ご来店の際はお電話で事前に確認いただくことをおすすめします。
※“荷物預かり”は、一品以上ご注文されるお客様に限ります。ご飲食は荷物預け前後は問いませんが、ご注文は荷物預け時にお伺いします。
※掲載している“ランナー応援メニュー”は、季節や店舗での仕入れ状況により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

いまもシンボルの東京タワーと、走って渡れるレインボーブリッジ

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

東京の観光名所は数あるものの、やっぱり代表格は『東京タワー』。東京のシンボルとも言えるこの場所は、ドラマや映画、本や歌にもよく登場するスポット。

「東京スカイツリーが男性的なら、東京タワーは女性的。美しさと艶やかさがある感じがします。ずっと見ていても飽きないですね」

『東京タワー』を間近に見ながら走れる芝公園は、徳川家康を祀った “芝東照宮” や、都内最大級規模の “芝丸山古墳” などもあり、歴史を感じることもできるスポット。桜の季節は、お花見を楽しむ方の姿もたくさん見受けられます。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

ミステリーハンターとして世界各国をめぐる大杉さんは世界の絶景や秘境を目にしてきましたが、どんなに海外の大自然に癒されても、帰国してビルが林立する東京街を見ると「ホッとする自分がいる」そう。

「特に夜の東京を見たときですね。空港からの帰り道、都心が近づいてくるにつれて夜景の色が濃くなってくる。それで、あー東京に帰って来たな、と」

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

大杉さんが最後にナビをしてくれたのは、芝浦とお台場を結ぶ『レインボーブリッジ』。日没後のライトアップされた姿が印象的で、東京の夜景を象徴するスポットです。実はこのレインボーブリッジには約1.7キロの遊歩道があり、走って渡るランナーもたくさんいます。

遊歩道には、お台場を望める『サウスルート』と、東京タワー、東京スカイツリーを望める『ノースルート』があり、気分によってそれぞれの景色を楽しめます。季節によって渡れる時間帯は異なりますが、橋の北側からは都心のビル群や、東京タワー、スカイツリーが見え、東京の景色を独り占めした気分を味わえます。また、南側からはお台場海浜公園などが見え、特に夜景は煌びやかな世界が広がります。

今回『ノースルート』をランで渡った大杉さんは「東京タワーと東京スカイツリーが、海の向こうに横並びで見えるのが最高。2つを見比べることができる場所は、なかなかないのでは」と、感想を教えてくれました。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

橋の根元にある『お台場海浜公園』からは『レインボーブリッジ』の全景が見渡せ、ショッピングやお食事、観光も楽しめます。このあたりには、5kmと7kmの2つのランニングコースもあり、1km毎の距離表示もしてあるためランナーにもおすすめのエリア。

「外国人観光客も多く、土日ともなれば人で溢れますが、一歩店を出れば広い空と海の景色が広がっている。そういうところが好きです。お台場海浜公園のコースと、レインボーブリッジのノースルートをセットで、ランを楽しむのもいいですね」

大杉さんは最後にこんなコメントを残してくれました。

「東京の名所をランで巡るのは、とっても気持ちいい。東京は、観光名所と呼ばれるところを短い時間でいくつも回れます。どこも電車でのアクセスはいいですが、走って回ると、実はより効率的だし、名所と名所の間にある東京の隠れた姿も見つけることができます。もちろん、どこか好きな名所に絞って、その周辺を走るのもいいですね。東京観光に上手くランニングを取り入れたら、きっとより楽しい旅になること間違いなしです」

みなさんも是非、東京でのラントリップを体験してみては。


今回、大杉さんが選んだウェアとシューズはASICSの最新コレクション。春先のラントリップにもピッタリのアイテムです。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

大杉さんはこれらのアイテムを

ジャケットは、明るい気分になる何にでも合わせやすいもの。ロンTは、1枚で着てラインが綺麗にみえるもの。シューズは、春夏に向けて気持ちの上がる可愛いもの。

という理由でチョイスしたそう。

お気に入りのウェアを揃えることも、ラントリップを楽しむ上で外せないポイント。せっかくなら、気分が上がって機能的なものを選びたいですね。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像
<Tops>W’Sランニングロングスリーブトップ(LITE-SHOW) ¥ 6,480 (税込)/ <Jacket>W’SウーブンハイブリッドFZフーディ  ¥ 16,200 (税込)/ W’Sランニング7/8タイツ(LITE-SHOW) ¥ 8,100 (税込)/ <Shoes>GEL-QUANTUM 180 4 ¥ 14,040 (税込)

【商品詳細】
GEL-QUANTUM 180 4
カラー:BLACK/BLACK, WHITE/WHITE, WHITE/STONE GREY
サイズ: 22.5-26.0cm
価格:¥ 14,040(税込)

W’Sランニングロングスリーブトップ(LITE-SHOW)
カラー:パフォーマンスブラック,イリュージョンブルー
サイズ:XS,S,M,L,XL
価格: ¥ 6,480 (税込)

W’SウーブンハイブリッドFZフーディ
カラー:パフォーマンスブラック/ダークグレー,ブリリアントホワイト/ダークグレー
サイズ:S,M,L,XL2XL
¥ 16,200(税込)

W’Sランニング7/8タイツ(LITE-SHOW)
カラー:パフォーマンスブラック,インディゴブルー
サイズ:XS,S,M,L,XL
¥ 8,100 (税込)

最新ウェアの詳細は、ASICS公式サイトから。

旅先でランニングを楽しみたいランナーのためのプロジェクト SKY RUNTRIP

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、東京Runtripの楽しみ方」の画像

(文 上原伸一/ 写真 Eliana

■合わせて読みたい
【SKY RUNTRIP 那覇編】

【SKY RUNTRIP 札幌編】

【SKY RUNTRIP 名古屋編】

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY