【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
都道府県別の魅力度ランキングで10年連続1位に輝くなど、圧倒的な人気を誇る観光地・北海道。ウィンタースポーツの盛んな冬も魅力ですが、涼しく、快適に走れる夏はランナーにとって絶好の季節です。日本で唯一、8月に開催されるフルマラソンの陸連公認大会『北海道マラソン』。その舞台となるのが、道都“札幌”です。

札幌は、北海道の中心都市でありながら、豊かな自然が広がる街。駅から徒歩圏内に『大通公園』や『さっぽろテレビ塔』、『北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)』などがあり、少し足を延ばせば広大な大地に溶け込む現代アートに触れることもできます。各所にランニングスポットやコースが整備され、スポーツと観光を同時に楽しみたい旅人ランナーにぴったり。そんな札幌を、世界各国を旅してきた経験を持ち、ランナーでもある大杉亜依里さんがラントリップ。「北海道はほぼ初めて」という彼女の目を通して、札幌の魅力に迫ります。

世界的彫刻家が手掛けたモエレ沼公園で自然×アートを体感

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
大杉さんがまず向かったのは、札幌を代表するアート・パーク『モエレ沼公園』。

公園といっても、その敷地面積は約188.8haで、東京ドーム約40個分という広さ。世界的な彫刻家イサム・ノグチ氏が基本設計を手掛けた園内には、モニュメント『ガラスのピラミッド』や最大25mまで吹き上がる『海の噴水』など、幾何学形態を多用した施設が点在し、自然とアートが融合した美しい景観が広がります。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

「規模にびっくり! ピラミッドのガラス面に雲が映ったり、ダイナミックな噴水が楽しめたり、大きいだけでなく、スタイリッシュな美しさがあるのも素敵。公園の外周園路は3.7kmだそうですが、広々して気持ち良く、2~3周は平気で走れそう。シンプルな中にとがった印象があってヨーロッパのようですが、この開放感は北海道ならではですね」

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像公園のランドマーク『モエレ山』は高さ52m。山頂からは札幌市内全体が見渡せます。実はここ、不燃ゴミなどを積み上げた人工造成山。ゴミ処理場跡地だったこの地の公園化計画で、ノグチ氏は「人間が傷つけた土地をアートで再生する」と話したそうです。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
「ちょっと大変かもしれませんが、モエレ山を小走りで上ると、達成感が味わえそうです。何度か見掛けたランナーの黄色い靴が芝生の緑に映え、思わずチェックしました(笑)。美しく雄大な自然とアートに触れ、心ゆくまでトレーニングできる贅沢な空間だと思います」

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

札幌のシンボル・大通公園は、北海道マラソンのスタート&ゴール地点

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

札幌を訪れたなら、必ず行きたい定番スポット『大通公園』。東西約1.5km、西1~12丁目にわたってのびる園内には花壇や樹木が整備され、YOSAKOIソーラン祭りや雪まつりなどのイベント会場になります。

年中、多くの観光客や市民で賑わっており、ランニング向きの環境ではないと思いきや、『北海道マラソン』の発着地点に設定されています。しかも、スタートの合図は、あのさっぽろテレビ塔の電光時計によるカウントダウン! 全国から集まった約2万人のランナーが札幌市内を走ってめぐる光景は、北海道の夏の風物詩です。

「ここから大勢のランナーが出発する風景を想像するだけで楽しい! 札幌の中心部なので気分も上がるでしょうし、旅の醍醐味を感じます。8月のマラソンは、秋からのシーズン本番に向けた調整にもなりそう。テレビ塔は、写真より生で見る方がずっといい。電光時計のカウントダウン、わたしも体験してみたくなりました」

大通公園は噴水や彫刻作品など区画ごとに個性があり、端から端まで走っても見飽きません。なかでも、北海道マラソンのゴールとなる大通西8丁目と西9丁目の中間にある『ブラック・スライド・マントラ』は、モエレ沼公園を手掛けた彫刻家イサム・ノグチ氏によるオブジェであり、子どもに大人気の滑り台です。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
「わたしも滑ってみたら、意外とスピードがあって思わず叫びました。街中にこれだけ自然とアートをナチュラルに取り入れている札幌が羨ましい! 大通公園は、区画ごとに走ったり、芝生でストレッチしたり、ランニングを楽しみ尽くせそうですね」

名物の焼きトウキビ、北海道の果実や野菜をたっぷり使ったジュースで栄養補給するのもおすすめの過ごし方です。
「わたしは走ると食べ物のお店ばかり目に入るのですが(笑)、このトウキビは絶対食べちゃう。大通公園には屋台が並んでいて、お祭り気分でウキウキします」

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

フォトジェニックな旅の思い出は、赤れんが庁舎で決まり

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
「写真好きなランナーも多いと思いますが、わたしは今日は楽しく走ろう!と決めた日は、絵になるスポットを探しながら走るんです。“映えスポット”を見つけたときの興奮ときたら!(笑)」

そんな大杉さんがひと目で「可愛い!」と気に入ったのが、『赤れんが庁舎』の愛称でお馴染みの『北海道庁旧本庁舎』。1888年に建てられたアメリカ風ネオ・バロック様式の歴史的建築物で、庁舎前の道路は北海道マラソンのコースにもなります。

「格好良くて大好き! 斜め下からカメラを構えると、空にれんがの赤が映えてたまりません。色んな国に行きましたが、“好きな建物ランキング”のトップ5に入ります(笑)。走りながらこの建物をちらっと見るだけで、格好いい~! とタイムが20秒ほどアップする気がします」

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
魅力的なのは、外観だけではありません。館内では貴重な資料や絵画が無料公開され、ボランティアガイドも常駐。北海道開拓の歴史を学んだり、札幌観光のおすすめルートを教わったりできるのも人気の秘密。

また、赤れんが庁舎正門の先には、約100mの歩行者専用道路『札幌市北3条広場(通称・アカプラ)』が続いています。飲食店や雑貨店が入る商業ビルが周辺にあり、『札幌市時計台』や『大通公園』に近いので、観光のついでにランチやショッピングを楽しみ、ここでのんびり休むのがおすすめの過ごし方。駅付近のホテルから近く、ひとっ走りするのに、もってこいのスポットです。

※赤れんが庁舎は改修工事のため、2019年10月から休館。2022年度にリニューアルオープンする予定です。

JRタワー展望台で札幌観光を振り返り&ランのご褒美を

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

最後に紹介するのは、札幌駅に直結したビルの最上38階にある『JRタワー展望室 タワー・スリーエイト』。地上160m、視界360°というグレートビューを満喫できます。

「走った後で展望台に上るのは初めてですが、やってみると面白い。ランニングルートを俯瞰すると、地図で見るのとは違う手応えがありますね。こうして札幌を眺めると、山に囲まれていることがよく分かる。イサム・ノグチ氏など多くのアーティストがインスピレーションを感じたのは、こうした環境が影響しているのかもしれませんね」

展望台南側には『T’ CAFE』があり、昼はコーヒーなど各種ドリンク、ドリアやワッフルなどフードメニューを提供。夜はバーとして、夜景を眺めながらゆったりくつろぐことができます。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
大杉さんは「焼きたてワッフル ベリー」のコーヒーセットをチョイス

「米粉を使ったワッフルはさっぱりした口当たりで、重くないのでランナー向け。ふわふわで美味しくて、ランのご褒美として最高。ベリーの酸味があり、フルーティーで、嬉しいです」

フロアには、街や鉄道をテーマにしたこだわりグッズなどを販売する『T’SHOP』があり、旅の記念品を買い求めることもできます。また、女性は入れませんが、建築家の小林純子氏が手掛けた“圧倒的開放感を独り占めできる”という男性用トイレも人気スポットです。

展望台からのパノラマ風景は、きっとさまざまな発見をもたらすことでしょう。

「わたしは、GPSの軌跡で絵や文字を描きながら走る“ランアート”にハマッていて、最近だと5月1日に東京で『令和』の文字を完成させたばかり。札幌の道だと、どんな文字ができるだろう……牛かな?(笑)。じっくり考えてみたいです」

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像
大杉さんは最後に、こんな言葉で旅を締めくくりました。

「札幌がすごく好きになりました。自然の緑やれんがの赤など、カラフルでオシャレな街。寒くなければ(笑)、住みたいくらいです。そういえば、ランナーでもある小説家・村上春樹氏のエッセイを通してサロマ湖100kmウルトラマラソンも気になっています。北海道は本当に広く、札幌以外にも見どころがたくさん。今度はほかの街にも行ってみたいですね」

広さも、その魅力もビッグスケールな北海道、札幌。皆さんもぜひ、ラントリップしてみてはいかがでしょうか。


今回、大杉さんが選んだウェアとシューズはASICSの最新コレクション。ラントリップにオススメのアイテムです。

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

「ふわっと肌なじみが良いフーディは、爽やかなブルーをチョイス。明るいシルバーグレーのTシャツは北海道の広い空をイメージ。ブラックのパンツでキリッと引き締め、シューズはタウンユースしやすいモデルにすることで街散策も楽しめるスタイルにしてみました」と大杉さん。

 

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

【商品詳細】
HyperGEL-YU
カラー:INDIGO BLUE/INDIGO BLUE,BLACK/GLACIER GREY,GLACIER GREY/SILVER,WHITE/WHITE
サイズ: 22.5-26.0cm
価格:¥ 10,800(税込)

ウイメンズシームレスFZフーディ
カラー:ピーコート杢,パフォーマンスブラック杢
サイズ:M,L
価格: ¥ 11,340 (税込)

ウイメンズウーブンハイブリッドパンツ
カラー: パフォーマンスブラック
サイズ:S,M,XL
価格:¥ 8,640(税込)

ウイメンズ SDグラフィックショートスリーブトップ
カラー: シルバーグレー杢,シーグラス,ピーコート,レッドスナッパー
サイズ:S,M,L,XL
価格:¥ 4,860(税込)

アンダー4ポーチ
カラー:アシックスブルー, カーボングレー,パフォーマンスブラック,フラッシュコーラル,セーフティーイエロー
サイズ: OS
価格:¥ 3,780(税込)

お気に入りのウェアを揃えることも、ラントリップを楽しむ上で外せないポイント。せっかくなら、気分が上がって機能的なものを選びたいですね。最新ウェアの詳細は、ASICS公式サイトから。

旅先でランニングを楽しみたいランナーのためのプロジェクト SKY RUNTRIP

「【SKY RUNTRIP】ミステリーハンター・大杉亜依里さんがナビゲートする、札幌Runtripの楽しみ方」の画像

■合わせて読みたい
【SKY RUNTRIP 東京編】

【SKY RUNTRIP 那覇編】

(写真 伊藤 留美子、文 新目 七恵)

Runtrip編集部が書いた新着記事
RUNTRIP STORE MORE
RANKING
「RUNTRIP」の新着記事

CATEGORY