2018年12月16日

ラン後の筋肉リカバリーに!! 管理栄養士・麻生のRUNレシピ【そば湯入り!カレー蕎麦】

「ラン後の筋肉リカバリーに!! 管理栄養士・麻生のRUNレシピ【そば湯入り!カレー蕎麦】」の画像

ランナーの皆さん、今日も走っていますか? いよいよ年の瀬です。この時期食べたくなる麺といえば……そう蕎麦です! 最近では、蕎麦の健康成分が話題にもなっていますよね。ランナーにとって見逃せない“筋肉”や“血管”にうれしい栄養素がいっぱいなんです。そこで今回は、蕎麦の栄養が溶け出した“そば湯”を使った『そば湯入り!カレー蕎麦』をご紹介します!

レシピを紹介するのは、管理栄養士とパティシエが作る、カレーとキッシュとケーキのお店「キリン食堂」の管理栄養士 麻生亮です。

「ラン後の筋肉リカバリーに!! 管理栄養士・麻生のRUNレシピ【そば湯入り!カレー蕎麦】」の画像

さっそく、作り方を見ていきましょう。

【そば湯入り!カレー蕎麦】
・そば→筋肉や血管を老けさせない働きが期待できるタンパク質やルチンが豊富!

「ラン後の筋肉リカバリーに!! 管理栄養士・麻生のRUNレシピ【そば湯入り!カレー蕎麦】」の画像

○材料(2人分)
そば(生)…2人前
鶏胸肉…1枚(200~250g)
油揚げ…1枚
わけぎ…1/2束
温泉卵…2個
片栗粉…大さじ2

(つゆ)
めんつゆ(2倍濃縮)…100cc
そば湯(ゆで汁)…500cc
カレー粉…大さじ1

○作り方
1.鶏肉は5mm幅に、油揚げは1cm幅にカットする。わけぎは5cm幅にカットしておく。

2.鍋に1リットルの水を入れ湯を沸かす。沸騰したらそばを入れ茹でる。茹であがったら冷水でよく洗い、水気を切る。

3.鍋につゆと鶏肉を入れ、5分程煮る。油揚げとわけぎを入れ2分煮る。水に溶いた片栗粉を入れ、とろみをつける。

4.器にそば・(3)・温泉卵を入れる。完成!

「ラン後の筋肉リカバリーに!! 管理栄養士・麻生のRUNレシピ【そば湯入り!カレー蕎麦】」の画像

今回のカレー蕎麦は、鶏肉や卵をトッピングして、さらにタンパク質が豊富になりました。ラン後の筋肉リカバリーにもオススメです!『そば湯入り!カレー蕎麦』をぜひお試しください!

関連記事

麻生 亮が執筆した記事