究極の2足目「Brooks ピュアケイデンス5」あらゆる場面で利用したいシューズ

「究極の2足目「Brooks ピュアケイデンス5」あらゆる場面で利用したいシューズ」の画像
Pocket

皆さん、楽しく走っていますか?シューズアドバイザー藤原です。

さて、今回ご紹介したいシューズは、『Brooks ピュアケイデンス5』です!

「究極の2足目「Brooks ピュアケイデンス5」あらゆる場面で利用したいシューズ」の画像
出典:http://www.runningwarehouse.com/

ブルックスと聞いて「ああ、コーヒーの?」「シャツを作ってるあれ?」なんてイメージするランナーは、だいぶ少数派になったでしょうか。ブルックスに1914年創業されたアメリカの老舗企業。ここ数年は、全米ランニング専門店で売上No.1を誇るブランドです。

『ケイデンス』はピュアシリーズと呼ばれ、トラディショナルなトレーニングシューズと両輪でブルックスが提案しているものの一つです。シューズを乗り物に例えて、トラディショナルなトレーニングシューズをFLOAT(フロート)、このピュアシリーズをFEEL(フィール)と表現しています。

ちなみにピュアシリーズには『フロー』『コネクト』『ケイディンス』の3品番があり、うち最初の2品番はベアフット寄りのシューズと言えるでしょう。足の接地感が意識でき、かつ、ソールユニットがとてもフレキシブルに動きます。ソールの傾斜(ドロップ)が4mmということもあり、自ら意識的にしっかり体を傾けて、ランニングやウォーキング中に重心移動を確められるようなタイプ。短時間でしっかりフォームを意識するようなトレーニングに最適です。

ケイデンスの履き心地。”究極の2足目”

登録後、すぐにこの記事が読めます

ここから先は「ラントリップ」の
会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

関連記事

藤原岳久が執筆した記事

Runtrip via ISHIGAKI TsunDAMI FES