2018年10月20日

「自分らしく走るため」プロになった下門美春選手が孤独と戦う理由

「「自分らしく走るため」プロになった下門美春選手が孤独と戦う理由」の画像
(写真 Eliana

今年5月に、プロに転向した下門美春選手。
7月のゴールドコーストマラソンでは、早速、プロとして結果を出す。2時間29分38秒のタイムで、4位(日本人1位)となった。9月には、米国のランニング専門店市場でシェア・ナンバーワンを誇る『ブルックス』と、カリフォルニア発のソックスブランド『スタンス』との契約を結んだ。目下、2020年東京オリンピックのマラソン代表を目指し、トレーニングに打ち込んでいる。

ただ、競技者人生は、決して平たんではなかった。一時期、陸上から離れ、フリーター生活を送っていたことも。駅ナカでの呼び込みも経験した。しかし、その期間が、下門選手を、競技者のみならず、人としても成長させる。愛らしいルックスと、陸上選手らしからぬファッションセンスで、華やかなイメージがある下門選手だが、その裏には、挫折を乗り越えた強さがあるのだ。

来年9月に行われるMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ、東京オリンピックの選考会)の出場権がかかるアムステルダムマラソン(10月21日)が迫るある日、下門選手にじっくり話を聞いた。

自ら競技人生に終止符を打つも、不完全燃焼だったと気付く

「「自分らしく走るため」プロになった下門美春選手が孤独と戦う理由」の画像順風満帆―。下門選手のアスリート人生は、これそのものだった。
中学時代は、ソフトボール部に所属し駅伝チームに駆り出された。高校は、その脚力を見込まれ、全国高校駅伝の常連校として知られる、栃木・那須拓陽高へ(先輩には女子マラソンで日本歴代2位の記録保持者・渋井陽子さんがいる)。都道府県対抗女子駅伝にも出場した。高校を卒業すると、実業団の第一生命に入社。3年目の2011年には、第31回全日本実業団女子駅伝で優勝の美酒を味わう。自己記録を順調に伸ばしていた下門選手は、ゆくゆくはエース区間を、とチームから期待をかけられていた。

ところがそんな中、入社4年目を前に、陸上生活に別れを告げる。何があったのか?下門選手は、その時の心境をこう語る。

「確かに競技者生活は順調でした。チームの雰囲気も良かったですし、コーチとのコミュニケーションもうまく取れていました。その一方で、朝練習からひたすら追い込む毎日の繰り返し。だんだんと息が詰まってきて……。それでも、同僚の選手に負けたくないと、朝は1時間前から自主的に体を動かしていましたが、しまいには、朝が来るのが怖くなってしまったんです。体重管理も厳しかったですね。それと、目に見えないプレッシャーが、私にはきつかった。第一生命は、マラソンでも駅伝でも実績を残していたので、選手は結果を出すのが当たり前、だったんです」

「「自分らしく走るため」プロになった下門美春選手が孤独と戦う理由」の画像

関連記事

上原 伸一が執筆した記事